レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-10-大神神社→若宮→展望台

一番最初に聖林寺に行きましたが、その十一面観音があったとされるのが、若宮(大直禰子神社-おおたたねこ神社)です。ここは神仏分離以前、神宮寺であった大御輪寺があったとされるところです。聖林寺の観音様はもともとはここに安置されていたのです。

この大直禰子神社は大神神社の摂社ですが、おおたたねこ、という名前はもともと大神神社の神を祀っていた一族の人の名で、おおたたねこは、昔病などが流行っていたとき、時の執政者にわざわざ呼び出され、それら災いをしずめたと言われています。もともとの縄文的な血をひくシャーマンであったか?大直禰子の名を抱く神社は、大きな木もあり、のんびりとしたおだやかな感じの神社でした。

大直禰子神社を過ぎ、久延彦神社(くえひこじんじゃ)により、大美和の杜の展望台にいければいいなぁと思いつつも、時間がかかるから無理だろうと断念していましたが、なんとちよっと道を右に曲がって登って行ったら、なんと、行きたいと思っていた大美和の杜の展望台でした。

縮三輪山DSCN0320
三輪山を望む

ここは、とても気持ちのよいところでした。ここはだれでも気持ちのよい気分になるようで、次から次へと観光客が来ますが、ここで影のヒーリングをすることとしました。人は絶え間なく来てましたが、日差しは穏やか、空は青く澄んで、風もない、と絶好の条件でした。

みんな三輪山に向かい、影を落とし、自分の影の気になる所に癒しのエネルギーを送りました。これはやっていると気持ち良い...体の血液の循環がざっとよくなる感覚がありました。ちょうどお昼すぎなので、北の三輪山に向かう形となりましたが、陰のヒーリングをしつつも三輪山の大地のエネルギーも強く感じている人もいました。

他の観光客からしたら、なにか影に向けて、手をかざしているあやしい、危険なにおいの人たち...と思われたかもしれませんが、ここの場所でのヒーリングは非常に気持ちよかったです。

三輪山の反対側には、大和三山が見えました
縮大和三山DSCN0321
香具山、畝傍山、耳成山  です。

三山同時に眺めると、
香具山は、うねびをおしと みみなしと...なんて昔の歌が思い出されます。
ここの眺めは飽きず、この三山をずっと眺めていてもいいような気がしました。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

謙遜ということ

さて、ひとにはいろんな人がいますが、自信を持っている人でもいろんなタイプの人がいます。
①ただ、自信を持っている人
②自信を持っていて、人がバカに見えるひと、自分ほど偉いものはいないとうぬぼれている人
③自信はあるけど、それほど自分を偉ぶらない人

さて自信を持っているかどうかは別として、
①自慢しない
②自分をそれほど、すごいと思っていない人

などもいます。

そして、PRとか、宣伝とかが必要なこの時代、その流れに逆行するような宣伝嫌い、PR下手な人もいます。

スピリチュアルな先生も、町のケーキ屋さんにしても、それほど宣伝していなく、ご自身も売り込みはまるでしてないが、すばらしい指導力、味を誇る先生、お店もあります。ケーキ屋さんでもそれほどたいしたことがなくても、凄い自信で、-超一流-と自分で言っているものもありますが、中身は今ひとつというものもあります。

古きよき日本人の私としては、みずから、自分自身をアピールし、自信満々に宣伝するのもどうかと思いますが、消費者というのは宣伝で大々的にやられているものに傾きがちなようで、私も一度、ある食品売り場で-すごいと評判の-ケーキを買ったら、そうではなく全く期待はずれだったというがっかりしたこともあります。
このとき、私は
-こんな普通以下のケーキをすばらしいケーキだなんて、よく言えるよ-と、そのケーキ屋の図太い神経にあきれましたが、中身に関係なく自信があるのは確かなようでした。

せちがらい現実生活では、おみやげではありえても、-つまらないもので...-なんていうのはありえず、積極的に-すごいものだ-と自信をもってPRしたほうが、得だし、人も認めるのかもしれません。なぜなら、そのケーキも味からしたらたいしたことないと思わせるものだったのですが、宣伝がうまく-うまい-とみずから言いまわっているので非常によく売れているようでした。

ケーキの話はこのへんにして、人もこのようにある程度自信を持って、PRもしないと、その人の中身以前に、たいしたことないと、切り捨てられるのではないでしょうか?そんなことを考えていたら、
スペイン語で、
humildad という単語のことを思い出しました。humildadというのは謙遜とか、謙虚とかいう意味です。
人に対して偉ぶらず、おごらず、みせつけず、つねに頭が低く...といったすばらしい特性を謙虚という語には感じます。しかし、このhumildad、謙遜、謙虚だけではなく、もう一つの意味があるのです。

それは、卑しさ、とか下賎、卑屈とかの意味です。謙遜、謙虚という意味と同時に身分などが卑しいなどと、その人を否定するような意味があるとは...日本語で謙譲、謙虚といえばそれだけで、卑賤とは全く違うカテゴリーに入っているのできづきませんでしたが。

humildad...この単語を見て、私ははっとしました。この、スペイン語の意味で、なにか、重要なことがわかった気がしたのです。もともと、わたしは、自信がないほうで、かつ、自分を売り込むとかとても出来ないし、自慢するなんてそうありません...なので、えらそうなどと思われたことはない代わりに、-謙虚-だとはいわれたことはありますが、うぬぼれるなと、言われたことはありませんでした。

自分自身では謙虚とか、なんだとか、そう思ったことはないですが、バカにされることは多く、最近でも
真正面から-教養がない-などといわれたり...-あなたのように頭は悪くても正直だといいわ-などと言われたり...面と向かって失礼なことを言われたり、砂を投げられるようなこと、数知れず...

まぁ、自信がない上に、知っていることも表に出すこともないので、そう侮られるのも当然といえば当然ですが、

スペイン語では
謙遜と、下賎、卑しい、というのが同じであるとは...そういうことだったのか。

よく言います。-実るほど頭の垂れる稲穂かな-と。
私の場合は実っているわけでもなんでもないですが...もし、中身を外部からだけ判断するなら、頭を上げた稲穂、ひとり、他より突き抜けていているものがすばらしいとそれだけです。でも、外部だけではなく、その人やものの中身をよく味わったうえで評価すれば実って垂れた頭がすばらしいと気付きます。

しかし、実った頭は、他の稲穂の下に隠れて見えません。ただ、外から見ただけで判断すれば、実った稲穂は、下賎、卑しい、とバカにされます。そして実って無くても目だって上につきぬけたものは、すばらしいと思われます。外からだけで判断するか、中身を見抜けるか...外から見る人の眼力によります。

スペイン語のhumildad、謙虚、下賎というのは、外からの人から、そう見えるという姿です。外部からこう見えるという個々人の判断基準による感覚を感じます。真実はわかりません。ただ、自分を低く、へりくだってみせるというのは、ある人には謙虚と、あるひとには、下賎、卑しいと見えるのでしょう。
スペイン語のhumildad、謙虚、下賎という言葉は、反対に判断を下す言っている当人の底をはかられる、怖い言葉だとも言えるでしょう。

あなたは、humildadといわれても、謙虚という意味なのか、下賎という意味なのか...humildadということば、意外と考えさせられると思いました。ただ、あんまり、自己PRをしないでいると、見下されるというのは骨身にしみていますが、なかなかそうそう自信満々に振舞えないのが現状です。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-9-太陽の道と水の道-2-

東西の太陽の道に対し、南北の道、-水の道-があります。

三輪山を通過する 南--北 の道は

南←-那智大社--弥山--天河--三輪山--東大寺--鞍馬山--←若狭神宮寺 ←--北
この道は癒しのエネルギーラインと呼ばれているようです。

この三月奇しくも東大寺の修二会が行われます。これは本尊の十一面観音に罪を懺悔する功徳により、世や衆生の安泰を願う行事です。
ウィキペディアでは
二月堂の本尊十一面観音に、練行衆と呼ばれる精進潔斎した行者がみずからの過去の罪障を懺悔し、その功徳により興隆仏法、天下泰安、万民豊楽、五穀豊穣などを祈る法要行事


この修二会では若狭から水を送る-お水取り-それを取り上げる-お水取り-が有名です。

ウィキペディア
この水は、若狭の遠敷明神(おにゅうみょうじん)が神々の参集に遅れたお詫びとして二月堂本尊に献じられたと伝えられ、今でも遠敷明神の神宮寺であった若狭小浜市の若狭神宮寺では今もこの井戸に水を送る「お水送り」(3月2日)の行事が行われている。


私はこの時期、若狭のお水取りが行われた、などと聞くと、みえない何者かが、すっと若狭の神宮寺の閼伽井の水とともに鵜之瀬(遠敷川)に流れ出、地下を通り、東大寺二月堂まで流れていくのを想像してしまいます。
水は地下で繋がっています。日本海側から大和まで繋がっている地下水もあるだろうし、それが紀伊の国の那智に通じていてもおかしくはありません。

また、この水を送る遠敷川の-遠敷-とは水銀の意味もあると聞いたことがあります。水脈と鉱脈は交差したり並走していることもあるらしいです。私は一度山の中で-水銀鉱脈-を辿りつつ、聖地巡礼している人に出会ったことがあります。その方は機械メーカーの技師でしたが。その際に、工業技術と水脈、鉱物、などについて聞いたことがあります。たしか古代、鉄の精製には水銀が不可欠で、製鉄をする民は水脈に通じるとともにさまざまな鉱脈を把握していたのではないか?そんなことをその方は言っていたような...

自然の恵みである-水-と-鉱物資源-それらをよく知り、つかんでいた人々はもともとこの地に住んでいた-大地を敬う-人々と、ごく古い時代にこの日本列島に移り住んできた製鉄の民がまじりあってできた混血の人びとだったのではないだろうか。

そして、大地、水、樹木に宿る生命エネルギーを時に人は、瀬織津姫とか、アラハバキとか呼び、その回転するようなエネルギーを感じ、おおものぬし(へび、龍型の神)と感じたのかもしれません。

このテーマは私が何年も前からずっと追ってきているテーマなのでとても一口には言い表せませんが、私はこの三輪山を通る水の道をその本尊である聖林寺の十一面観音に参ることで、水の禊を受けることとなるのではないか?また、今の時も東大寺の修二会の十一面悔過(けか)その時である。おりしも、この15日は修二会の満行の日であり、その時に三輪という場所と、十一面観音と...なにか重なるような気がしました。

十一面観音関連の三輪山を参る。それは太陽の道と水のラインの交差点に坐している...今回、この時期に三輪山、聖林寺、山の辺の道、檜原神社を廻ることにより、

太陽の道と水の道を交差した、十字を形作ることにならないだろうか?妄想に近いですが、
宇宙からの生命エネルギー(太陽の道)と大地と水の生命エネルギー(水の道)をこのたびで感じ、吸い込み、心身をいやすことになるのでは?そんなことを感じ、今回のコースを決めたのです。



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-9-太陽の道と水の道-1-

世界各地の遺跡を調べると偶然なのか、意図的なのか、あるライン上に遺跡が並んだりしていることがあります。

元、NHKディレクターの水谷氏は奈良盆地の三輪山を中心として東西約150㎞にわたって延びる北緯34度32分のラインが古代人の信仰と宇宙エネルギーに密接に関係したラインであると-聖なる太陽の道-と名づけました。

このラインを東西に並べると

西←-淡路島伊勢の森--三輪山--伊勢神宮斎宮跡--東 となります。

この春分間近の3/15日、ほぼ真東から真西に太陽が向かうとすると、この34度32分のラインを行くと、太陽は伊勢の斎宮跡から三輪山を通ります。そして、檜原神社を過ぎます。この時期には、檜原神社にいれば、その鳥居の中に収まる西に坐する二上山の間に沈む夕日が見られることとなるのです。
-まぁ、特別なエネルギーを感じると言うと思いいれが強すぎるかもしれないが、なにかが期待できるぞ-

いざいかん。

しかし

春分の太陽の道での夕日...鳥居の向こうの二上山に沈むというのはなかなかおもしろい、と思いましたが、太陽の軌道と言うのは結構大きい動きで、一日でも大分ずれてしまうし、おまけに二上山に沈む鳥居からの夕日は春分でなくそれより前の11日ごろでないと見れないということがわかりました。

うーん、残念。しかし、春分とは地球の大きなリズムの切れ目です。おまけに、この山の辺の道、三輪山、檜原神社、は-太陽の道-と重なることは変わりません。

太陽の道をこの春分に太陽と歩く、それでもいいじゃあないか。それが今回の旅の目的の一つ。そして、もうひとつは、水の道です。



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-8-平等寺から大神神社へ

金屋の石仏から少し歩くと平等寺です。

平等寺にはおびんずるさまがありました。

ここでおびんずるさまに触ったり、写真を撮ったり...同行のKさんが
-おびんずるさんは、霊(超)能力が非常にあったのだが、その能力を誤って使ってしまい、修行せい、と仏に言われ、現在、その罪滅ぼしのため、このようにみんなの苦しみを引き受けているのだ-なんてことをみんなに説明してくださいました。

おびんずるさん...ちょつと赤い顔だったなぁ。平等寺を参った後は大神神社へ向かいます。
5分も歩かずに大神神社へ到着しました。

いきなり、本殿の横に出ました。いつもは、大きな鳥居をいくつかくぐって参っていますが、山の辺の道ルートだと階段も上がらず、横道からすっと本殿の入れるのですね。巳の杉のところに生卵が置いてあり、社務所の販売所も何人かおみくじや、お札を買っていたり...平日でも人は多いです。

初めての方も多く、
-わぁ-とか、-いいところ-とか、気に入った様子です。
おおみわimageCASGRAWY


ここでお守りなどを買う前に、まずは食事と、前もって予約してあった福神堂さんへと向かいます。

福神堂image


福神堂さんはそうめんやさんです。今回福神堂さんに決めたのは、たまたま最初に考えたそうめんやさんが休みでした。大神神社の奥のお店もあるし、予約しないでそこに行こうか、とも思ったのですが、まてよ...もう少し探してみよう、とネットで調べ、福神堂さんを見つけ、電話で予約しました。

これまではふつーのことなんですが、
聖林寺からつばいちまでの道で運転手さんに-どこのお店に予約しましたか-と聞かれ-福神堂さんです-と答えたら
-大正解です-との返事でした。おいしさも、値段も、◎だそうです。偶然見つけたお店なのですが、地元のタクシーの運転手さんのおすすめ店だったとは...しかも、後、わかったのですが、2番目に考えた神社奥のお店にしていたら、×でした。なんと、その日はお休みしてました。


予約しておいてよかったです-福神堂に...


にゆうめんimage
福神堂さんではにゅうめんと、柿の葉寿司一つ、それとおでんを2つ頼みましたが、にゅうめんが結構ボリュームがあり、おなかがぱんぱんになりました。おでんはやめたほうがよかったです。でもおいしかったです。

この福神堂さんについたのが1時ごろ...当初の予定通りでぴったしです。あと、門前でもなかを買い、若宮、狭井神社、影のヒーリング、檜原神社...行けるかどうか?あれこれ食べ、くつろぎ、結構時間が過ぎ店を出ることとなりました。これだけ食べてひとり1000円ちょっとでした。

たまたま他の店が閉まっていて非常に評判の良い福神堂さんでたべることとなりましたが、結構ついているというか、間がいいというか、奥の店にいきなり行ったら、閉まっていて8人、途方にくれていたかもしれません...ラッキーが続いていました。


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

金を振り込んだが、連絡がなかったのは...

この間、ある会費を-〇-というところに振り込むこととなりました。

そこの振込指定銀行はわしの住んでいるところにはありません。わずかにあるという出張所(そこもちゃりでは遠すぎるのだ)に車で出かけたら、なんと、振込はできず、無駄足を食らいました。そこでできるかぎり振込料の少ないところと思い、自分の口座のある-U-という銀行に行ったところ、
できない...
おまけに、このカードではお取扱いできないとのこと。窓口できいたところ、このカードは何度か間違ったナンバーを入れたのでロックされてしまった、次の新しいのを作るしかない...だって!

ぐわん。ナンバーはちゃんと入れたはずだが、どういうことなんだ!と言っても、無駄でありました。振り込むには現金でしかできないというのです。現金で入金ではわざわざこの銀行まで来た意味がないじゃあないか!口座から振り込むからこそ、振込料が少しでも安くなるのに...しょうがないのでそのまま家に帰り、こんどは郵便局へ振り込みに...

-なーんかね。昔、-〇-というところは郵便込から振り込めたから振込料はただだったが、都会の住民のみ使えるとしか思えんM銀行になってからまったく不便になったもんだ。おまけに振り込み料が毎回かかるし...-

そんなことを思いながら振り込み作業をし、終わりました。終わった後に振込料がU銀行からよりも若干安いことが判明し、くほほほ、と緩んだ頬をかかえつつ帰りましたが。振り込んだはいいが、いつまでたっても-〇-から振込み受け付けの電話も何もありません。こちらも忙しかったのでちょっと日にちがたってから電話したところ、

-〇-と言う名で-〇-に振込があったというのです。
やっちまったよ...-わし-と、振込人名を書かず、-〇-と書いていたのだ!
慣れてなかったのか、振込人名と受け取り人名を間違えたようなのです。
-〇-は、自分名で誰かが振り込んでいるのを見て-なんだこれは-と思っただろうなぁ...なぞの-〇-さんは私でした。電話で判明したのでことなきに終わりましたが...
-〇-さん、振込銀行は郵便局も復活してほしいですよ。わしのように車、自転車でもM銀行は行けないのだよ。
大体、吉幾三の電気もねぇ、じゃあないが、銀行そのものがないんだよ。M銀行って、大体、県内に2軒ぐらいしかないんじゃあないのか?地方は東京都とは違うのだ。他行から振り込めって!
振込料はこちら払いだから-〇-の腹は全く痛まないが、払う方の身にもなってほしいよ。
地方人の事情も少しはくみ取ってほしいものです。是非、郵便局復活を願うわしであった。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : まぁ読んでみて( ̄ー+ ̄)
genre : お笑い

line

少し前ですが、こんどは握りずしを作りました。

たまに、握りずしが食べたくなります。
新鮮で大きいねたの握り...自分で作ったほうが早いと、作りました。
縮すしDSCN0325

新鮮だけど、安いマグロです。でも、うまい。

巻き寿司も添えました。

縮すしDSCN0323

巻き寿司のとなりはさば寿司です。サランラップを巻きすに敷いて巻きましたが、少し、ずれてしまいました。失敗です。今回はしめさばは市販品使用しましたが、やはり自分でめたさばのほうが数倍上手いと、思いました。いつもはすぐになくなってしまうさば寿司ですが、今回は握りずしに負けてました。
縮すしDSCN0324


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 食品・食べ物・食生活
genre : ライフ

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-7つばいち観音から金谷の石仏へ

子供たちとあいさつを交わし、細い道を少しのぼって行くと、ありました。

つばいちの観音堂です。お堂の中に入っているので、石像の表情、凸凹は陰になり、よく見えませんでした。田舎の細い道の奥にある、素朴な仏さまでした。写真は撮れませんでした。

ここからさらに少し歩くと、金谷の石仏です。歩く脇の側溝をざっーと透き通った水が流れています。湧水でしょうか?水音に、自然の気持ちよさを感じます。

金谷の石仏です。
縮金屋石仏DSCN0317

石に仏が刻まれています。素朴ですが、細かいですね。昔は村のちょっとした辻に地蔵などがあり、その傍らで休む人、季節のあいさつをする人...いたんだろうなぁと思いますが、今はみんな忙しくなかなか地蔵などに目をとめる人もいなくなりました。

この金谷の石仏は、貞観時代の石棺の蓋とみられています。平等寺にあったともいわれていますが、そこを出て、外に置かれていたこともあるのでしょうか?今はお堂の中というのが少し残念ですが、この石仏、集落になじんで溶け込んでいるようにみえます。

ここからは平等寺を目指します。



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-6-つばいち観音に向かう

山の辺の道は現在、格好のハイキングコースとなっております。古代からの古い道です。

ウィキによればその全長は約35kmであるが、その南部に古道の痕跡や景観が残り[2]、現在一般的にハイキングコースとして親しまれるのは天理市の石上神宮から桜井市の大神神社付近までの約15kmの行程で、その多くは東海自然歩道となっている

起点 [編集]現在のその道の起点は、海石榴市(つばいち、椿市:つばきのいち)である。古代には、海石榴市の八十(ヤソ)の衢(ちまた)と称されたところで、桜井市粟殿(おおどの)を中心とした地域であった。平安時代中期の延長4年(926年)には椿市観音堂付近が起点の地になった。

海石榴市、椿市 [編集]この市は、政治の中心が主として奈良盆地の東南部にあった頃、定期的に市が立って栄えた。また、初瀬川を下り大和川に出る水運ができあがっていたから河港もでき、水陸交通などの要衝の土地であった。その場所は三輪山の南、今の桜井市金屋付近である。

推古紀16年(608年)8月の条に「唐の客を海石榴市の衢に迎ふ」とあり、隋の使者は、初瀬川を船で遡り海石榴市で船を降り、市(衢)そこで出迎えられ、飛鳥の小墾田宮に入京したのであろう。路傍に「海石榴市観音道」の石の道標があり、少し離れたところに「海石榴市観音堂」がある


以上のように昔の交通の要所であり、仏教伝来の地の近く、つばいちが起点です。
つばいちには観音堂があり、石の仏様が拝めるとか...

石仏は素朴な味わいがあって好きです。拝見すべくかねてからの予定通り、聖林寺からつばいちへとタクシーで向かうことにします。実はこのつばいちへの道、地図でいろいろと事前に調べてても、くねくねしているし途切れているように見えたり、つばいち自体もはっきり場所がわかりません。うまくいけるかどうか心配だったの、ですが、タクシーの運転手さんがひょいひょいと細い道、曲がりくねった道、進んだり、ぐっと曲がったり...
すっとつばいちに着きました。

実は、予定を組むとき、聖林寺に行かず桜井駅からつばいちに行くことも頭をよぎりましたが、道がややこしく、本当、タクシーにしてよかったと思いました。

細い道にぐっと入り、到着です。すると正面から、小学生の一団が...細い狭い道です。通学路をふさがんばかりのタクシー...小学生が気分を悪くするかと思いきや、
-こんにちは-
-こんにちは-

すれ違う子供が次々にあいさつをしてくれます。
こんにちは、の嵐です。

すごい。なんかうれしい。晴れた空がますます青く見え、春の暖かさが私たちを包み込みます。

そんなおもいを感じながら手前の民家を見ると、傘のように広がった-梅-?が見事です。
縮しだれうめDSCN0316



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-5-聖林寺十一面観音拝観

廃仏毀釈の時、大神神社、大御輪寺の十一面観音は、大八車でここまで運ばれたとも言われます。確か、タクシーの運転手さんが言っていたような気がします。

廃仏毀釈はそうとうひどいものであったのでしょう。私が推測するのは、捨てよ、こわせ、とおふれがまわり、役人が来た時に川に投げ込み捨てるふり、粗末にするふりをし、役人が去ったら、
みんなで仏像を川からすくいあげ、大八車に乗せ、聖林寺まで運んで来たのでは?なんて思います。

いままで、畏れ多いと敬い、尊敬していたものを、支配者が変わったからといって、こわしたり粗末にできるものでしょうか?太平洋戦争の時に負けたらすぐに米兵にチョコレートをもらったり、アメリカびいきになったりする人がいたらしいですが、そんな権力に迎合するものとそうでないもの。迎合しそのパシリとなり、もっと下のものに威張り散らすもの...そんな上からの圧力にこの土地の人は流されるようで流れない、さからわず...でもしたたかに、仏様を守ったのではないでしょうか?

私はここの仏様は亡き母がその写真を持っていたこともあり、心惹かれ、前にも来たことがあります。
仏像はもともと興味がないしそう好きではないですが、
さすがフェノロサがその麗しさに感嘆したというとおりの美しさで、何度来ても-また逢いたい-と思わせられる観音さまです。

聖林寺かんのん200908011724343b1


今回はなんと、途中でタクシーの運転手さんが説明に来てくださいました。ここのお寺、お堂はずっと坂になっているので、そこを息をきらして昇ってこられ、観音堂の扉を閉めて見たほうが観音様がよりよく見えるということ、頭部の十一面はかけていて全部はないということ、etcいろいろと説明してくださいました。

われわれ一行計八名とその他観光客は、運転手さんの説明に聞き入り、その間お堂を去る人はいませんでした。なんというタイミング、なんという間の良さ、運の良さ...
初めての人が多かったのですが、運転手さんの説明でこの十一面観音さんのことをより深く知ることができたのです。

ここは高台になっているのでそとからの眺めもすばらしく、運転手さんが、-三輪山、〇〇古墳はあちら...-などと教えてくれました。
縮聖林寺ながめDSCN0315

三輪山、箸墓古墳...春の日差しは明るく、見晴らしもよく、のどかな眺めでした。



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-4-聖林寺拝観

聖林寺は十一面観音が有名ですが、本堂に入るとびっくりするのが、
白塗りでか顔のお地蔵さんです。

入ってすぐに端麗で美しい十一面観音さんとの出会いを想像していた方はここで大きな肩透かしをくらいます。
でかい地蔵...そして、顔だけが白い...

優雅、美...ではなく、妙に人っぽく、おまけに(特に顔が)でかすぎるのが面白く、みんなに好かれているお地蔵さんなのかなぁと思ってしまいます。
地蔵80059

子安延命地蔵さん、ちょっと暗い小さな本堂に堂々と存在していましたが、どんな人も受け入れてくれるような心やすい雰囲気があり、長くここにいてもいいような居心地の良さを感じました。

地蔵さんを拝観したら、いよいよ観音さまにお逢いします。
本堂の横の廊下を左に上へ登って行くわたり階段?を登って行くと、観音堂です。
観音堂は半開きです。

ん?半分閉まっている...扉を静かに開けたらすでに正面、右、左に観光客が何人も座られていました。

つづく

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

line

待望の名古屋でのアクア講師のワークとセッション-開催決定です-

神戸でミディアムシップを学んでいます。その模様は詳しく本ブログに書いています。

すばらしいアドバイスあふれるアクア講師の ワーク、そして的確で情報量の多いセッションが名古屋で開催されることとなりました。

るんるうんが主催しています、こもれびやまでのイベントとなります。

詳しくはこもれびやまのホームページをご覧ください。

セッションは1枠のみです。これは!と思われた方はお早めにご予約ください...ワークも定員となり次第締め切りますので、お早めに...

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-3-聖林寺

大神神社はへびの神様とか、山がご神体だとかで有名です。おおなむちとか、大物主などの名前の神が祀られていますが、明治の廃仏毀釈までは寺として十一面観音が祀られていました。寺と神社と混合して存在していたのです。
しかし、明治の廃仏毀釈はひどいもので、それまで大御輪寺として隆盛を極めていた大神神社の神宮寺も、平等寺もそれからさびれ厳しい時代を迎えました。本尊の十一面観音は聖林寺へ移されました。

今回の旅は大神神社関連の寺社を廻るということがひとつ、目的としてありました。
大神神社の拝殿にまいることはもちろん、神仏混合時代の本尊、十一面観音を拝むこと、神宮寺であった平等寺もよること、大神神社にあった脇仏の不動明王を拝むこと、元神宮寺であったであろうとされる若宮へ立ち寄ること...そんなことで、
大神神社で昔から祀られていた
神、 大物主、おおなむちを拝すると同時に
仏 十一面観音、その他の仏を拝するということをしたいと思いました。

まず第一に、桜井駅からタクシーで聖林寺に向かいました。聖林寺はバスがありますがちょうどいい時間のものがなく、タクシーしか手段がありません。2台のタクシーに分乗し乗り込んだところ...

タクシーの運転手さんが詳しい説明をしはじめました。聖林寺の観音様は川に流れ着いたとか、その他とかいろいろ話があるとか... 道すがらの古墳など。押しつけがましいわけでなく、いろんな話が出てきます。いい運転手さんに会って正解だったなぁ、と思っているとすぐに聖林寺です。

つづく

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史・文化にふれる旅
genre : 旅行

line

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-2-日程

今回の日帰り旅行は行き帰りの手段を決めるのに時間がかかりました。
高速バスで行くと往復4000円です。安いのですがJRに乗り換え、現地に着くのが11時ごろ...帰りは名古屋に着くのが21時15分と、少し遅すぎます。

近鉄にすると往復7000円弱。朝出るのを早くすれば早く着きますが、そうすると早すぎるという声が...しかし、翌日の仕事がある人がいるのでできれば早く帰りたいし、行きをバス、帰りを近鉄にするとバスの往復割引は使えず料金はそれなりになります。
車で行っては?という声もあり、それでもいいのでみんなに車を出せるか?運転はできるか?聞きましたが。その結果、車はやめようということになり、一番最初の案の行き帰りとも高速バスということになりました。

奈良での行程は

桜井駅発(タクシーにて約10分)-聖林寺(十一面観音拝観)-(タクシーにて次へ) 以下歩きにて
仏教伝来の碑をへて、つばいち-金屋の石仏-平等寺--昼食、大神神社、、若宮、大美和の杜、狭井神社(御神水)―花もり休憩-玄實庵-檜原神社、井寺池-これ以降タクシーでもよい。万葉歌碑-箸墓古墳、倭ももそひめ陵など眺めつつ-巻向駅

ざっとこんな感じで予定をくみました。
今回は名古屋から6人、兵庫から2人と計8人の団体さんです。昼食は福神堂さんへ前もって予約しておくことにしました。また、玄實庵の不動さんの拝観はなんども電話をしたのですが電話が通じず、予約断念してでかけました。

朝8時ちょっと前の高速バスにのり込み、窓から差し込む明るすぎる日差しに、まずは天候の心配がないことにほっとして話をしたり、お茶を飲んだり...奈良駅につくのはあっという間でした。




 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 歴史・文化にふれる旅
genre : 旅行

line

トンデモ話は奥で繋がる(195) 25.3.17

トンデモ話は奥で繋がる 「第195夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪宇宙人と闇≫
 
 ★ 人類外生命体の分類

 変人扱いされることを厭わないタイプの陰謀論者には、真の闇の
支配者
人類外生命体であり、現世を牛耳っていると見える支配
層は、その手下に過ぎない、と論を拡げます。

 最もポピュラー?なのは、高次元存在プレアデス系とシリウ
系の対峙、かつての神々の正体であるアヌンナキ、地底の暗黒
存在のレプティリアン等々による人類支配でしょうか。

 さてこれらの人類外生命体の場合、UFO等で身体を伴ってやっ
て来るタイプ
と、チャネラーを通じてメッセージのみを送ってくる
神的なタイプ
があります。

 うち身体を持った存在の場合、知性の進化度や寿命の長短はあ
るにせよ、私達と同じく、本性は『魂』であり『身体』はその容れ物で
ある可能性が高いと思われます。

 しかし、中には『魂』そのものが変容して『身体』となっている
存在
や、不老不死の『身体』を持った存在が居る可能性がありま
す。その場合、私達のような『死』は無いことになります。

 従って、人類外生命体を霊的に分類する場合には、

 ① 私達と同じように『身体の死』を持つ存在
 ② 『身体が無い』か、あっても『不死』の存在

の、大きく2つに大別して考える必要があると思います。

 うち、①の存在については、長短の差はあるにせよ寿命を持ち
かつ、その本性―死後も残るもの―は『身体』ではなく『魂』である
ような存在となります。

 ただし、精神的なメッセージを送ってくる存在すべてが『不死』
という訳ではなく、①の存在がテレパシー的伝達手段で、遠隔的
にコンタクトする場合も多いと思われます。

 さて『魂』が不滅であることを前提にすれば、寿命の転換点であ
る『生と死』を境にして、私達と同じように輪廻転生を繰り返す
考えてよいでしょう。

 そして、その輪廻転生が『魂』にとって有意義だとすれば、寿命
である『生から死』の期間については、『魂』の進化のための修
行の期間
であるはずです。
 
 従って、彼(女)等が闇の首謀者であったにしても、そのような
割を演じている
のに過ぎず、彼(女)等もまた『魂』のレベルでは
闇を志向するものでは無い
ということになります。

 ★ 『不死』とは『死ねないこと』

 さて、②の存在については、少し考察が必要です。
 まず、純粋に『不死の身体』を持った存在、逆に言えば『死ぬこ
とが出来ない存在』
について想像して見ましょう。

 SF作家のC・クラークは、第128夜でお話しした『幼年期の終
わり』に登場するオーバーロードを、これに近い、遥かに長い寿
命を持った存在として描いています。

 彼等は、霊的な世界の実体験を通じて新しい人格になることが
ありません。つまり、過去からの自らの体験は全て、膨大な知
識の蓄積
となって残ってゆきます。

 そのため、科学的・社会的進歩については、その誤用で全滅し
ない限りは、失敗例を含め、過去の事例を有効に生かして蓄
積していくことが出来ます。

 また、生死に関する特殊な霊的能力を持ったグループが出来る
こともありませんから、第八十夜のレムリア、第八十五夜のアト
ランティスのように黒魔術で滅亡することもありません

 しかしその反面、生活史が進むに連れ、行動しようとすることの
全てについて、善・悪どらちの結果を生むのかが、過去の体
験的に全て予見
できてしまうようになります。

 つまり、生活の様式に実験的な部分が何も無くなり、(遊戯的
な事を除けば)全て最も善いと思われる行動しか選択出来な
くなってしまう
でしょう。

 そうなれば彼等は、自分自身の生活にはほとんど関心を持
てなくなる
と思います。さて、そうなると彼等は、何に関心を持っ
て毎日の生活を送るでしょうか。

 恐らくその関心の矛先は、他の『不死では無い生命体』が、
どのように生きてゆくのか
に向けられるのではないかと、小生
は思います。

 寿命が有限である私達の世界に即して想像してみるのは、少
々無理があるかも知れませんが、ちょうど人間が昆虫等の、寿
命が短い生命体を観察するのに似て
いるかも知れません。

 ペットにして可愛がろうとする人、そのままの生態を守ってや
ろう
とする人、見るのも嫌で早々に駆除してしまおうとする人、
等々…その反応は様々です。

 こんなことを言うと『私達がペットと同じとはけしからん』と思
われるかも知れませんが、私達自身も、『霊』としては同等で
ある多くの動植物に対して、同じ扱い
をしているのです。

 手塚治虫も、以前に第140夜で紹介したように『火の鳥~
宇宙篇』
で、不死の生命を得た主人公を登場させ、そのような
思いについて描いています。

 不死の運命を背負った彼は、宇宙の全生命が死滅した後も、
悠久の時の中を全く一人で存在し続け、ひたすら他の生命の誕
生を待ち焦れる日々を過ごします。

 第五十八夜以降で紹介したアヌンナキは、寿命はあるようで
すが私達よりは遥かに長く、従って彼等が『神』として君臨した根
底にも、このような感情に近いものがあったと思われます。

 彼らと比べ、非常に短い間隔で『魂』の経験をリセットし、次
々と新たな人生を送れる私達の存在は、非常に妬ましいと同時
に、私達の進化を眺めるのが楽しみの対象でもあるのです。

 従って、彼等が私達に対して『闇の存在』的な仕打ちをすると
しても、それで彼等が直接的な現世での利益を得ようとしてい
る訳では無い
のではないかと、小生は思っています。
 
 そして、不死かどうかはわかりませんが、プレアデス人にせよ
シリウス人にせよ、程度の差こそあれ、概ね彼らアヌンナキと同
じ感情を持っているのではないかと、小生は思います。

 ★ 現世の『闇』は消えない

 次に『霊体』しか持たない精神的な存在について考えてみま
しょう。

 精神的な存在と言っても、そうで無い私達は想像するしかあり
ませんが、少なくとも私達の『魂』に当たる部分の活動があり、
かつ、それ自体が単独で存在しているものと仮定します。

 (とは言っても『形』が無い存在を、私達が他の存在と区別で
きるかどうか
、甚だ疑問です。よく『固有の波動』を持つとも言わ
れますが、同じ存在が使い分ける可能性もあります。)

 それらの存在が特定できる以上、彼等は『神』という存在とは
違う存在
ということになります。それでは彼等は何を目的に活動
をしているのでしょうか。

 仮に彼等の一部が『闇を追求する存在』であるとしましょう。
彼等がどのようにして、そのような存在に至ったのかを考えると、
第190夜でお話しした『一神か善悪二神か』が関係します。

 ミトラ神学のように、全ての存在がただ一つの『神』から発生し
たと考えれば、『闇を追求する存在』もまた『神』が創造した
いうことになります。

 ここで『神』は全能であるならば、『神』は不必要なものを創造
することは無い
筈ですから、『闇を追求する存在』も存在する
必要があって創造された
ことになります。

 従って、彼等が人間界で操っている『闇を追求する存在』も、
消えてしまうことは無い
でしょう。仮に新の首謀者が消え去って
も、必要であれば次なる代役が生まれることになります。
 ……………………………………………………………………

 一方、『ゾロアスター教』敵な『善悪二神論』の場合は『神』とは
全く別の存在として『闇を追求する存在』が存在し、両者は互いに
自陣の勢力を拡げることを目的
としています。

 仮に全能の『神』が、『闇の存在』を不必要として消し去れるの
であれば、既にそうしている
筈ですので、『神』の力をもってして
も処しきれない『悪神』がいることになります。

 さらに互いに『不滅』であるならば、せいぜい勢力を封じ込める
ことが出来るだけで、永遠に『闇の存在』が消えることもなく
両神の勢力争いは延々と続くことになります。

 そしてこの場合も、私達の人間界だけを見れば『一神論』の
場合と同じ
ようなせめぎ合いが続くことになります。違うのは、最
終的か勝利者が『善』とは限らない点のみです。

 そのどちらにせよ、両者が同等の力である限り、私達の現世で
の寿命の間に『闇』の根絶された世界を見る可能性は極めて
ゼロに近い
でしょう。

 つまり『一神論』にせよ『善悪二神論』にせよ、我々が現世で対
処すべき方法は、彼等の存在をよく知り、その手口が使えな
いような社会へ一歩ずつ近づけていく
しか無いのです。

 これが本当の意味での『闇の存在と関わらない』ことであり、
そのためにも『スピリチュアリズム』は『陰謀論』と疎遠であっ
てはならない
と、小生は思っています。

 さて次回第196夜は、仮に シュタイナーの見方とは違った
現世であった場合を考えて見ます。


( 追伸 )

 中曽根君、それでも君とは関わりたくない
のだが…。

目次のペーシへはこちらから
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
266位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
51位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line