fc2ブログ
   
05
   

ライオンの取っ手-門扉-

うちのうちは古いです。

建てて30年くらいはいっています。フトコロ事情のため、古家を買って十年以上経ちました。風呂なんかは最初から古びておりましたが、我慢して使っています。

頑丈なつくりの家で、家の構造、壁、その他はなんともないですが、水廻りは使えるとはいえ、こわれてる箇所も多く替えたいですが、まだ検討中です。

そして変えたいと思っているのが、外構です。ガレージ、その他、古くなっているのは我慢するとしても、古家を買った宿命とももうしましょうか。使いにくい...のです。

入れるものもないのに大きい物置。客も来ないので、めったに使わない門、アプローチ、毎日、庭を見て、「ここが、こっちで、あれがこっち、○○はいらない、でも、○◎は欲しい」なんて考えていたのがたまりにたまり、とうとう外回りを全面的に変えることにしました。

わたしとだんなは考えました。
家庭菜園をかねた花壇、ガレージ、フェンス...考えると楽しくなってきます。

いろいろと考え、「これはいらんじゃあないか」と思ったもの...それは、門、門扉でした。
押し売りが玄関先まで入ってくるのはわずらわしいです。家周りをフェンスで囲み、出入り口は、車のシャッターのみ...これだと、押し売りは入れません。

いいなぁ。しかし、こんな家、見たことないです。
そこで、この連休中、近所の家の外回りを見て回りました。見て回ると、門柱、門扉、そこから続くアプローチは大体がついています。しかし、小さい家で、ガレージ、門、アプローチと、つけたら、花壇のスペースがせまばるばかりです。でも、門、アプローチのない家は、なかなかないです。そして、扉、門、同じデザインのものがあちこちで使われているのを見ました。

家をみてまわると、面白いことに気がつきます。古い、住宅団地の住んでる人も古びているようなこれまた古い家。そんな家には、ライオンの取っ手の門扉がついています。それよりもっと古い家には、ついてません。
やっぱり規格品なのです。ライオンのついた門扉の取っ手は、その当時出回り、流行ったのでしょう。いまは、また違ったものが出ています。外回りも流行があり、規格品がいつの時代も出回り、結果、どこを見ても似たような外観となるのでしょう。

しかし、ガレージシャッターとフェンスの塀だけなんて、ないですね。
ああでもない、こうでもないと、いろいろと考えていると、夜中に目がさえて、ガレージの寸法や、フェンスのデザインなんかが浮かんできて、眠れなくなります。

楽しいですが、そろそろできてくる業者の見積もり金額が怖いです。

業者には、門、門扉はいらないと言ったが、多分つけてくるだろうなぁ...
関連記事

theme : 快適な生活のために
genre : ライフ

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト