結果は..みんなでESPカードをあててみよう-5-

結果発表。

さて、結果は...

投票結果と口頭、メールで、赤や青が多く、黄色もいらっしゃいました。

ところで、少々、おわびを...
じつは、水曜日のチャレンジは土曜日に結果発表で、木曜日は、日曜日に発表してますが、こんかいは間違えて水-日としてしまいました。

間違えたので、第三者は土曜日の午後カードをひきました。その後、投票された方は、-予知-てはなく、透視ということになります。よろしくおねがいします。

結果は...

色紙赤クッテネル 006

赤でした。

今回は複数名、あたりがおられます。

よかったです。

来週もよろしく







 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

line

日曜日に、ESPカードの答えを発表します。

まだ、投票できますので、お早めに投票ください。

もうすぐ三月です。気温も上がってきました。
明日はひな祭りスピリチュアルワークで忙しいので、深夜、早朝に答えはアップします。

このごろは思いついたことは即やるようにしています。その一つが、-ひな祭りワーク-です。
ワークをするに当たって、まず、一緒にやってくれる人、参加してくれる人...とにかく人がいないと始まりませんが、なんとか、形にできました。

お香も手持ちのものでは、うまく聞き比べができないので、町まで買いに行きました。しかし、お香だけでは、聞き比べはできません。
お香、人、道具、最低限のやり方...それがあって出来ます。一人ではできないことが、何人かあつまればできる。ありがたいです。

あしたが楽しみです。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 和風、和物、日本の伝統
genre : 趣味・実用

line

パソコン関連本

みんなでESPカードをあててみようは、日曜日まで投票できます。
ホームページソフト...触るたびに壊れ広がり、どうしようもない状態です。
当然、中身を手直しして、更新...と、気軽にファイルを送ることもできません。

それで、ソフトを使わずに作ろうと、本を探し、参考にしています。
この手の本は全然読んでなかったのですが、私は、本の作者に感心しました。

いかにホームページを自前で作るか...そして、そのホームページに読者を呼び込むか...何冊が買ったのですが、、どの本も作者の経験、体験、それから、考えたことなどが惜しみなく、書かれています。
考えてみれば、ど素人がソフトを使ってもなかなか難しいです。内容を理解するのは-即-というわけにはいきません。
それを、ソフトなしに、できるだけ素人にもわかるように、そして、できるような知恵がちりばめてあります。

CMSを使うのですが、これをやり始めると、あの、ソフトでの編集はなんだったの?なんて思います。ソフトは壊れやすく、言うことをきくようできかないところがあります。
しかし、ブログのカスタマイスにしろ、そんなことはなく、ごちゃごちゃにいじっていてもこわれません。
ありがたいです。

パソコン関係の著者が、あとがきで、-インターネットの世界で自分の得意なことでみんなによろこばれることがあったら、そういう-サイト-をつくろう。 みんなに喜ばれると思いもよらない幸がとびこんでくる-
↑要約-10分でできるホームページ-河村卓司

そんなことを言っています。

私が今やっているのは、カスタマイズをしてやっているのでさすがに、10分とは、いきませんが、著者の読者への惜しみなく教えよう...という気持ちが伝わってきます。

スピリチュアルの分野でない人が、みんなのことを思って、本を書く。値段も千円台です。...これこそ、本当にスピリチュアルを生きている人なのでは?と、思いました。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

line

トンデモ話は奥で繋がる(14)

トンデモ話は奥で繋がる 「第十四夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪スピリチュアリズムの「正統性」とは①≫

★ 門は階段を上って?訪れた
冊子クッテネル 001
 小生の手元に、一冊の
冊子があります。「スピ
リチュアリズム入門」

書かれたこの冊子は、当
時の「心の道場」のサー
クル・メンバーの一人で
ある、Sさんからいただ
いたものです。

 "スピリチュアル"の世
界では、『自分が、知り
たい、出会いたいと思う
事項や人物に突然めぐり
合う』という、いわゆる
「引き寄せ」と言われる
現象が取り上げられます
が、小生にとっても、S
さんとの出会いは、「も
っと知りたい」と思う心
が、そうさせたのではな
いかと思っています。

 とある日曜日の午後、
小生の住んでいたプレハブ2階建て単身8世帯の安コーポの、急勾配の
鉄階段をわざわざ上がって、Sさんは小生の201号室の呼鈴を押した
のです。
 年齢は小生とほぼ同じ位、小柄で温厚そうな彼女を見た時、この頃よく
来ていた『難民サポートのため、コーヒーの購入募金を』の類だろうと思
いました。

 ところが、彼女の第一声はちょっと以外なものでした。
 「毎日健康に暮らせていますか?」
 「…ええ、まァおかげさまで…。」
 見れば、特に『健康グッズ』を抱えている訳ではなさそうなので、しば
らく自分の仕事の事など話していたのですが、
 「今、興味のあることは何ですか?」と問われた小生は、「実は…。」
と先週刷り上げたばかりの小生の「独人誌・GAIA(ガイア)」(第二夜参照)
を持ち出して、
 「ちょっと前から、こんなことを始めています。今のところ、これが自
  分の興味のある事の全てなんですが、あまり読んでくださる人の当て
  もない状態です。もしよろしければお持ちください。」

とSさんに手渡したのでした。

 訪問に来た人に、逆に自分の趣味の雑誌を押し付ける、あべこべの展開と
なったのですが、以外にもSさんは「是非読ませてください。」と快く引き
取って(?)、その日はそのまま帰っていかれました。

 それから一週間後、ほぼ同じ時刻に再訪したSさんが、
「私にも、是非読んでいただきたいものがあります。」
と言って手渡されたのがこの冊子の原
型となるダイジェスト版でした。
 その後、何回かの訪問の折、いただいたのが当該冊子ですが、初版の日付
が"平成7年5月10日"ですので、まさに当時はこの冊子が編纂され始めた頃
だったのです。(現在「心の道場」のHPで公開されているのは平成20年の
改定版で、内容の所々に若干の変更があるようです。)

 ★ 偉大なる開拓者"丹波哲郎"

さて、「スピリチュアリズム入門」の内容に入って行く前に、この頃の小
生をとりまく背景について、少し触れておこうと思います。
 まずは、丹波哲郎氏から。彼は「霊界」という言葉を、一部「宗教」の薄
暗い教義的地位から、お茶の間の関心事項まで引き揚げました。この「スピ
リチュアリズム入門」の初版でも、近年のスピリチュアリズム浸透の功績者
として、日本人として唯一人名前が挙がっていました。

 その彼が1989年に公開したのが、映画『大霊界』です。彼自身が語り手と
なって、バス転落事故で臨死体験をすることになる、主人公"丹波義隆"が垣
間見た霊界を描いたものでした。無論、全ての人かマジメに賛同するところ
まではゆかず、丹波さん自身もほとんど道化者扱いでしたが、小生にとって
は、『どこまでが真実に近いのか』はこの頃のテーマのひとつでしたし、特
に「自殺霊」の彷徨う『自殺者の森』については、その状態の真否が非常に
気になるところでした。

 ★ 「臨死体験」が注目される

 1992年1月22日、『臨時脳死及び臓器移植調査会(脳死臨調)』は臓器移
植を前提とした「脳死を人の死」とするかについて、少数の「認めない」意
見付で賛成多数との答申を首相に提出しました。
 小生自身は、「少数派」の意見に賛同していましたので、無念の気持ちを
込めて、自分なりの『答申』を、以下のように「GAIA」に書いています。

 ① 『脳死』が人の死であるかどうかは、個々人の『死生観』によるべき
  で、法律で定めるべきものではない。

 ② 『脳死』をもって自分の死と認める人達のため、事前の『意志登録』
  と、『臓器提供の意思』の有無を記載すべきである。

 ③ 『脳死』を前提とした臓器移植は、②の意思表示で「可」とした者
  からのみ行い、その開始時刻をもって「死亡時刻」とする
  (それまでは、「死」かどうかの正確な判定はできないため。)

 ④ ②の意思登録・撤回は随時可能なものとする。本人は『意思能力』が
  ない場合、
及び登録後にその状態(ただし、本来の『脳死』状態は除く)
  に陥った場合は、登録がなかったものとする

 ⑤ 『脳死』の判定については、外部に開かれた状態で行う。

 ⑥ ③かつ⑤に基づき『善意』により判定された『脳死』については、現
  時点では『合法的』なものと認め、担当医師の『絶命』の疑いによる責
  任は、将来に向かって問わない
こととする。  

 1994年には、立花隆が『臨死体験』を出版しています。彼自身は「科学的
立場」から、積極的に支持するにまでは至っていませんでしたが、キューブ
ラー・ロス
が臨死患者への聞き取り調査をまとめた『死ぬ瞬間』(1965年)
で取り上げた「幽体離脱」現象がクローズ・アップされるきっかけとなって
います。
 この2つの問題は、「何をもって生と死が区別されるのか」というテーマ
を、小生に投げかけてきました。

 ★ 「宗教」を超えた「仏教」

 第十夜までで、ユダヤ教、キリスト教及びイスラム教について、当時の小
生の見方を書いてきましたが、実は当然の成り行きとして、引き続き「仏教」
についても、同じようにまとめるつもりでした。

 ところが、あれこれと書物をひもとく度に、新しい見方が出てきて、「これ
が教義の本質だ」と言えるものがなかなか掴めないまま、その後1年間頓挫し
てしまったのです。
 今までの三つの宗教が、"神と人間"の関係を示し、"神の心に従って生きる"
ことを教義としているのに対して、仏陀の教えは、"人間はかく存在し、その定
めから抜けられない"
ことを説き、神については肯定も否定もしないのです。
 従って、そうした"定め"があると実感できない者にとっては、全く雲を掴む
ようなものなのです。

 しかし、"宗教"という見方を変えて"宇宙観"として捉えてみると、自分の感
じ方に非常に近いという感覚がありました。
 そして、このことは、これから話してゆこうとする「スピリチュアリズム」に
とっては、大きな視点の違い
となっています。
 そのため、あえて単独では取り上げず、「スピリチュアリズム」を考える中で
これらを随時とりあげていこうと思っています。

 さて、次回第十五夜から、「心の道場」の説く正統的スピリチュアリズムにつ
いて、小生の見方をお話してゆきます。

目次のペーシへはこちらから

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事
line

みんなでESPカード等をあててみよう-5-

みんなでESPカード等をあててみよう-5-

あきもせず、やっています。、もう5回目に突入です。

今回は、前回とおなじことをします。

色カードです。といってもただの折り紙です。

赤、青、黄、緑の四色の折り紙があります。
色カードさんかく2-7 008

今回も、前回とおなじです。私が今、選んだものをみんながあてるのではなく、予知の練習をしたいと思います。
四枚の色紙のうち、一枚を日曜日に、他の第三者が目隠しをして選びます。
色カードさんかく2-7 009


さて、第三者はどの色紙を選ぶでしょうか?

今度は、色、予知という点でいままでと違います。

当てる感覚も、視覚で見える人、感覚の人、いろいろと思います。
当たったら、その感覚を是非、シェアしてくださいね。

投票欄に是非クリックください。

下は初めての共催ワークです。
行ってみたいなぁ...というかた、いらしてください。

かのんとるんるうんのひな祭りスピリチュアルワーク

雅(みやび)を楽しみながら-なりたい自分になろう-
① アファメーション香遊び
② 誘導瞑想
③ お抹茶を味わおう
④ スピリチュアルエクササイズ


わが国に昔からつたわる-聞香もんこう-を使ったスピリチュアルワークです。
聞香についてはこちらをクリック→組香
沈香を使い、香りのあてっこ遊びをします。アファメーションをからましてますので、おもしろく、深い、ワークとなると思います。他にもエクササイズ等やりますし、かのんさんのお抹茶つきです。
イス席で気楽にやります。聞き比べはしますが、-ラク-がコンセプトですので、お作法は脇にどけてやっています。
興味のある方は、こちらをクリック
かのんとるんるうんのスピリチュアルワーク



それからよかったら、ブログランキングにクリックを...

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

line

土鍋-鍋それぞれ-

今日は、旅館のように一人用の土鍋で、鍋をしてみました。

燃料は、ホームセンターで売っている固形燃料です。2月も終わりとなり、だんだん暖かくなってきています。
去年、固形燃料を夏に持ち越してしまいました。そうしたら、パックがふくらみ、その後固形燃料が一部溶け出しました。
今年はそんなことにならないように寒いうちに使い切りたい。
そこで今日は一人ずつの鍋となりました。

鍋の中身は、秘密です。...豆腐といろいろです。

今日一人用の鍋をして、驚いたのは、鍋により、火の効きが違うということです。
ウチの鍋は、全部違うところで買っています。年代も違います。

古い鍋、新しい鍋、3個を使ったところ、なんと、古い鍋の餅巾着が柔らかくなりません。
一番最初に火をつけたのに...です。

そして、最後に火をつけた鍋の餅が、すぐに柔らかくなっています。

こんなに、違いがあるとは...いままで、使っていましたが、全然気づきませんでした。
火の通りの違いがあっても、ガスレンジの火力の違いと、思っていました。

よく見ると、鍋の土も違いがあります。鍋の厚さも手で挟んでみると全然違います。
今回火がよく通ったのは、100円ショップで買ったもので、悪かったのは、分厚くて、古いものです。
古い土鍋のほうがものは、いいのですが、固形燃料でやるなら、安くて薄い100円のがちょうどいいようです。

しかし、固形燃料を使わなければこんなに差があるとはしりませんでした。いつも使っていても気づかないことがあるものです。

小型土鍋...うどんとか、ガス火で普通につかうには、やはり、分厚いものがいいでしょうね。厚いほうが、じっくりと火を通し、さめにくいと思います。薄いのだと、土鍋のよさが少なくなりそうな気がします。


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : ウチの晩ごはん
genre : グルメ

line

日曜日は、用事があり、約60キロ運転しました。

小型車ですが、60キロ走るとガソリンもそれなりに減ります。メーターを見るとガソリンが水だったら、どこまでもいけるのに...と、思ってしまいます。

ところで、水をエネルギー源にした車の開発が実はもう、終わっていると言う話を耳にしました。
いままでいろんなところでこの話は聞いています。実用化はいつのことだろう...と、思っていましたが、そろそろ、水で動く車が、日の目をみることになってきている気配があります。

ところで、今日歯医者に行ってきました。歯医者の定期健診です。前回は、あまりにも、歯磨きがへたくそで、歯のみがき率が、50パーセント以下でしたが、今回は、40パーセントくらい不十分ということだったので、前より、上手になったようです。

歯を見てもらいながら、私はふとおもいだしました。

そういえば、北朝鮮拉致被害者の人は4.50代だというのに、総入れ歯だそうです。被害者の○村さんは、友達に、入れ歯が当たり前みたいなことを言い、周りの日本人の友人達はびっくりした...なんて話を思い出しました。
日本にいれば、そんな歳で入れ歯だなんて...えっと思う人もおおいです。確かに入れ歯の人もいますが、歯のある人の方が多いでしょう。

歯科医療が当たり前に行われているからです。しかし、北朝鮮ではこうではないようです。外からの便利なものをシャットアウトしているので、今の時代に行われている治療も、庶民は-ない-と、思って生きているのでしょう。

一番上の党の上層部だけが知っていて、治療も受けられる。...しかし、一般はそのこと自体も知らず生きている...
そんな状態でしょう。

日本から、北朝鮮を眺めるとそんな感じがします。
でも、そんな状態にあるのは、この日本でも、アメリカでもそうかもしれないのです。

世の中の進み方はとどまることをしりません。それなのに、第二次世界大戦からずっと、化石燃料もしくは、原子力エネルギーだけが、燃料として大手を振っている。なんか、おかしい。
そう、おもいませんか?
石油、原子力の利権はゴクわずかな一握りの人がにぎっています。

もしか、もっと、みじかに安くみんなの活用できるエネルギーができていたら、どうでしょう。
ごくわずかな人たちは、非常に困ります。そうなるまえに、みんなのためのエネルギーは、封じ込め、世に出さないようにするでしょう。

たぶん、水をエネルギーに変える方法等の-ただに等しいエネルギー-はもう、できているのではないでしょうか?

水エネルギーの車、走り出したくてうずうずしていると思います。いい世がきたものです。

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : あらっ、あらあら
genre :

line

結果-みんなでESPカード等を当ててみよう-4-

-みんなでESPカード等を当ててみよう-4-
結果です。

今回は投票、メール、口頭あわせて、

赤-0
青-3
緑-2
黄色-4

でした。

赤は一人もいませんでした。

だったら...みんながっかりだなぁ。
と、思いましたが、

さて、第三者の選んだ色は、

これでした。

色カードさんかく2-7 012
 でございます。

今回は、青...と答えた方が、3名いらっしゃいました。
当たった方、時間があったら是非、どんな感覚で当てたか、コメントに書いてください。

それから、喜びのクリックを、下のブログ村、ブログランキングに、よろしくね。

おしくもはずした方...来週も挑戦をお願いします。いつもご参加ありがとうございます。 



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事
line

トンデモ話は奥で繋がる(13) 22.2.20

トンデモ話は奥で繋がる 「第十三夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ある新興宗教信者との物語 ③≫ 

★ 純真な信者-H君の夢

 H君自身は、ごく人のよさそうな大学生でした。そんな彼に、自身の
"夢"を聞いたことがあります。彼はちょっと迷って、
 「やっぱり、アフリカ辺りに行って、難民のために働きたいですね。」と答えました。小生が、
 「世界を見る前に、この日本にだって、救うべき人は居るんじゃない?」と問い返すと、
 「それはそうですけど…。日本を離れてみたいし…。」
とボソっと答えました。
 彼に限らず、この教団の底辺の信者さんは、皆純真で、当時の怠け学生達
より、この社会のためを思う心は人一倍あったのだと思います。

 1990年代初頭と言えば、バブル経済が絶頂期を迎えようとしていた頃で、
当時の学生達にとっての『日本』は、ダラダラと遊んで暮らすには最も適して
いたものの、『このままでいいのだろうか』と思い始めた者達にとっては、
容赦ない『堕落感』を突きつけられる環境にありました。

 政治、道徳、教育のどれも「信念」に欠け、その癖"経済力"だけは馬鹿でか
く、次々と捨てて行かなければならぬほど"物"にあふれるこの国…。その裏で、
それとは程遠い暮らしを強いられている他国の人達…。ならば、この国より、
真に困っている人達のために何か始めませんか
 と、第1回ビデオ講座が彼等に訴えかけることになります。

 一方で日本の社会は、"宗教"については、代々"葬儀屋"とセットであるかの
ようにしか考えておらず、親や学校は、それ以上深入りすることは、"疎ましい
こと"
としてしか伝えていません。

 しかし、彼らが「新興宗教」に最初に見せ付けられるのは、一見"人道的ボラ
ンティア"と変わらないような活動
を、自分の身を犠牲にしてまで黙々と続けて
いる底辺の"純真な信者"の姿なのです。そこで「これだ!」と思い込んでしま
えば「教祖」の存在や、辛い毎日に疑問を抱くことすら『堕落者』の考えとし
て退けてしまうのです。

 ★ 宗教の本質

 もう一つ、彼等の得意とする論法が「二元対立」です。「共産主義VS資本
主義」、「資本階級VS無産階級」、「全体主義VS個人主義」…等々と勝手
に結びつけて、「どちらかを倒さなければ、理想の社会とはならない。そのた
めに団結して戦わなくてはならない」と説きます。

 しかし、そのどちらか一方が「絶対に正しい」と判断できるでしょうか。むし
ろ過去の歴史は、どちらかに偏ることこそ"不条理"を生み出す原因となることを
示しています。
 
 「無宗教の共産主義」が「堕落」の原因だと教団は言います。しかし、そもそ
も宗教の本質とは何でしょう?「宗教」など無かった時代を考えてみましょう。
人間が文字通り"自然"のままに生きていた時代です。 彼等は『何故生まれてき
たか』などと考える暇も無く、突然襲ってくる「天変地異」「病」「他の猛獣た
ち」と、それがもたらすところの「死」と向き合っていたはずです。

 彼等にとっては「生きていること」すら「偶然」であって、彼等の「運命」
を司っているもの…「宇宙の法則」そのものが「神」だったと思います。
 それが、例えば日本であれば、古来から「土地神様」「氏神様」といった、
自分達の運命を託す存在としての「神様」となっていったのだと思います。

 そして「宗教」とは、こうした"彼等"と"宇宙"との"つながり"を考える"思考"
そのもの
だと思います。無論、特定の「教祖」などは必要ではありません。たと
え特定の誰かが"真理"を得たとしても、それに達していない凡人も、同じ"真理"
で対等に"宇宙"に繋がっている
はずです。"真理"を得た者は、できるだけ多くの
者にそれを伝えるべき存在ーイスラム教で言う「導師」ーに過ぎません。

 それならば、教団の言うような組織も不必要ですし、むしろ全てが対等の「共
産主義」の方が「宗教」の本質に近いのでは無いでしょうか。(もっとも、未だ
に「純粋な形」での「共産主義」を創り上げた国はありませんが…。)

 "不条理"な教義を信者に押し付ける、教団の仕打ちを思うと、H君の夢が、教
団とは無縁の天地で実現すること
を祈るばかりです。

 ★ 生命の起源
 
 第九夜で、仮に我々の「生命の設計図」がDNAであるにしても、最初のDNA
に「命」を吹き込んだ「何者か」が必要であると言いました。それは、「地球外生
命」かも知れませんが、その彼らもまた「何者か」が創り出したものです。

 突き詰めて考えれば、源はこの"宇宙の営み"が生み出したものに間違いはないで
しょう。その"営み"そのものを「神」と考えるならば、「人間は神が作り出した」
というのは疑いようの無い「真理」です。それならば、そのことについて改めて教
義を作る必要は無い
でしょう。それぞれの「宗教」は、ただその「真理」に「気に
入った名前」をつけているに過ぎないと思います。

 ★ 「肉体」を持った意味

 多くの宗教は「魂」の存在を説きます。その「魂」が不滅で、それ自体で存在で
きるあるのであれば、わざわざ「肉体」という不自由な入れ物に宿らなくてもよい
筈です。現にそういう「魂」もあると思います。しかし、敢えて「肉体」を持って
生まれて来る
からには、それなりの理由がある筈です。

 よく聞く「答え」のひとつに「この世に理想郷を実現するためだ」というものも
あります。しかし、そのために我々が使える能力「五感」と、意思の疎通手段「言
葉」はなはだ不完全なものです。それならば、「理想郷」に辿り着くまでに、我々
が経験しなくてはならないことにも意味がある
かも知れません。

 次回第十四夜は、そんな問いに対する、ひとつの糸口となった「心の道場」と
の出会いについてお話しする予定です。

目次のペーシへはこちらから

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事
line

朴葉-ほおば-味噌と、野菜を焼いてみました。

みんなでESPカードをあててみようはこちらです。↓

是非、やってみてね。

http://kumaneru.blog100.fc2.com/blog-entry-64.html

火鉢を見ていたら、朴の葉を持っていることを思い出しました。

昨年岐阜に梨狩に行った折、途中の高原のトイレに寄りました。梨には整腸作用、便をゆるくする作用があります。だんながトイレに入る出るを繰り返し、待ちくたびれたので、周囲を歩いたら、朴の木がありました。

穴もあいたりしてましたが、-なにかに使えるかも...おすしに使おうかなぁ...-などと考え、葉っぱを4枚ほどとって帰りました。家で洗い、乾かしましたが、全く使う機会はありませんでした。

しかし火鉢を使い始めてから、朴の葉は、飛騨で朴葉味噌に使うなぁ...と、気づきました。
そして、運のいいことに、今月はじめ、かのんさんから、手作り味噌をもらっていることを思い出したのです。
みそやきさんかく2-7 004


手作り味噌、たまに味噌つくりの本とかに味噌の作り方が書いてありますが、それは、ほとんど、豆みそではありません。
しかし、かのんさんは、豆味噌文化のひとです。 



もらって期待して味噌汁を飲んだところ、生協で買った赤味噌に似た味でした。いや...それよりも、おいしさはまさってました。

あの、うまい味噌を火鉢で、朴葉味噌として、焼いて食べたらさぞおいしいだろう。
早速、火鉢に炭を入れ、朴葉に味噌を乗せ焼いてみました。ピーマンとかぼちゃもついでに焼きました。
みそやきさんかく2-7 006

一枚の写真は焼き始めなので、ほとんど焼けてません。
しかし、実際はよく焼けました。遠赤外線で焼いたせいか、かぼちゃの薄切りが、丸く上下にふくらんだりして、うまくやけました。

これは、うまい。また、味噌が、この地方に住む人間にあっています。
みそやきさんかく2-7 007

手作り味噌を焼いてワインを飲む...幸せです。



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 美味なるもの
genre : グルメ

line

みんなでESPカード等をあててみよう-4-

さて、木曜日です。
毎週水か木曜日には、みんなでESPカードをあててみようをやっています。

○、□、△などの形のカードを何度かやりました。

こんどは、色カードです。といってもただの折り紙です。

赤、青、黄、緑の四色の折り紙があります。
色カードさんかく2-7 008

今回は、いつものように、私が今、選んだものをみんながあてるのではなく、予知の練習をしたいと思います。
四枚の色紙のうち、一枚を日曜日に、他の第三者が目隠しをして選びます。
色カードさんかく2-7 009


さて、第三者はどの色紙を選ぶでしょうか?

今度は、色、予知という点でいままでと違います。

当てる感覚も、視覚で見える人、感覚の人、いろいろと思います。
当たったら、その感覚を是非、シェアしてくださいね。

投票欄に是非クリックください。

下は初めての共催ワークです。
行ってみたいなぁ...というかた、いらしてください。

かのんとるんるうんのひな祭りスピリチュアルワーク

雅(みやび)を楽しみながら-なりたい自分になろう-
① アファメーション香遊び
② 誘導瞑想
③ お抹茶を味わおう
④ スピリチュアルエクササイズ


わが国に昔からつたわる-聞香もんこう-を使ったスピリチュアルワークです。
聞香についてはこちらをクリック→組香
沈香を使い、香りのあてっこ遊びをします。アファメーションをからましてますので、おもしろく、深い、ワークとなると思います。他にもエクササイズ等やりますし、かのんさんのお抹茶つきです。
イス席で気楽にやります。聞き比べはしますが、-ラク-がコンセプトですので、お作法は脇にどけてやっています。
興味のある方は、こちらをクリック
かのんとるんるうんのスピリチュアルワーク



それからよかったら、ブログランキングにクリックを...

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

line

10万円3万円1万円

昨日の記事ですが、聖書の講義に10万円...
すごい額です。でもこれは人により違うかもしれませんね。
年収が多い人だったらはした金。少ない人だったら、手に重みを感じ、よろけるほど...でしょう。

しかし、10万円...は、凡たる人にとっては大きいですよ。

私は某国で働いてましたが、某国のまあまあな程度の月給でした。その額、日本円にして3万円弱でした。
1万くらいの月給の人もいました。ヨーロッパや合衆国などの時代の先を行っている国ではなかったので、こんなに格差があったのです。
そんな私からしたら、10万円。目がとびでるような金額です。

お金...いいものです。悪いものではありません。でも、10万円の-聖書講義-はさておいて、お金をいただく。払うということは、頭を右脳左脳、全てを使って考えるものだと思います。
いまの3次元に住んでいる私たちにとって、お金は、何かの対価として使用しているものです。
払う時、もらう時、はたしてそれだけの対価があるか?私は考えます。

スピリチュアルでもそうです。力強い優秀なスピリチュアルリーダーがいて、そのひとに従っていく。
それに派生するセミナー料金、ワーク代金などは様々です。なかには恐ろしく高いもの...限りなくなんども参加を促すもの...などもあります。

私は、自慢ではありませんが、ずいぶんいろいろな仕事をしてきました。専門的なものから、受付、雑用まで...そしていろいろな人がまじめに働いているのを見てきました。
彼等の労働は、貴重なものです。炎天下、外の園庭の草取りをするおじいさん達...何時間も働いても5000円にもなりません。

私はお金を見ると、夏の暑いとき、草をとるおじいさんの首に光っていた汗や、きれいになった園庭を思い出します。

10万円の聖書講義は論外としても、スピリチュアルに向かうとき、私は常にあの-汗-の輝きを忘れてはならないと思います。
スピリチュアルというものは、非常に人を幸福感でみたすものですが、反面、通常の感覚が薄れることがあります。
私もワークなどにでたこともあります。
ワークはある程度の値段はしました。しかし、自分の思い込みなどをうまく取り去ることが出来ました。今思い出すととてもよかったと思っています。

しかし、スピリチュアルでお金を払う、もらうというとき、できるかぎり慎重に、考えて決心します。
スピリチュアルをあがめるばかりに法外な料金を払うのも、スピリチュアルは精神的なことだから、ボランティアでやれ...ということも賛成できないのです。

スピリュアルも、この世の労働もどちらも尊いと思います。そして、生身の3次元に住んでいる人間がやっているのです。

払いすぎないように、もらいすぎないように...どうしてもそう考えてしまう私です。


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

line

トンデモ話は奥で繋がる(12) 22.2.16

トンデモ話は奥で繋がる 「第十二夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ある新興宗教信者との物語 ②≫

★ 第一回接近遭遇-勧誘体験開始!

 さて、H君に連れられて入っていったのは、開店間もない某百貨店
の隣のビルの2階。入口にカウンターがあり、奥には円形のテーブルが
10脚ほど置かれていて、一見喫茶店にしか見えません。違いはと言え
ば、片隅にパーテーションで区切られたビデオ・ルームが幾つかあり、
現代の『ネットカフェ』を先取りしたような感じになっていました。
『これは、落ち着いて話すにはもってこいの空間だ』と妙に関心したも
のです。

 やがて、(場所にぴったりの?)コーヒーが運ばれてきて(もちろん
タダで!)、H君と、大学生活のあれこれについて雑談をしていました。
 しばらくすると、もうひとりの女性が現れました。年齢は小生と同じ
位で、どうやらこの支部の"サブ・リーダー"の一人のようでした。

 アンケート結果による「性格診断」をもとに雑談をした後、「10回の
ビデオ講座と、週一回の講義」
を受けるようにと勧めてきました。講座
の中で、現在の人類が何故「不条理な世界」に苦しんでいるのかを、
『聖書』に基づいて学ぶのだとのことです。その受講料が10万円!。決
して金儲けのためではなく、現世の正しい知識を持って欲しいからだと
いいます。

 「それならば何故、もっと安価な本として出版して、より多くの人に
 知らせようとしないのか」


 と、小生は率直な質問をしたのですが、満足な答えが得られないまま、
1日目の長い(PM2:00~7:00)接近遭遇は終わりました。

★ 第二回接近遭遇-タダでここまで?
 
 それから2週間後、H君から電話があり、「もう少し具体的な話を」
ということで、同じ場所へ2回目の訪問をすることとなりました。
 今度は、前回説明のあったビデオ講座の「第1回」分をタダで見せて
くれました。

 その内容は、聖書の「復活の日」の予言に関するもので、大筋は

  人類の「悪」へ向かう「堕落の心」が、現世の「貧困と戦争」を生
  み出しており、キリストの復活の日が来るかどうかは我々の「改心」
  にかかっている

 
というものでした。幸いにして『聖書』について、多少の知識を仕入れて
いた小生にとっては、それ程目新しいものではありませんでした。
(今にして思えば、無意識にこの時のための『予習』をしていたのです!)

 感想を求められた小生は、こう答えました。

 「確かに言いたい事はわかるが、これならいくつかある聖書の、ひとつの
 解説と変わらないのではないか。あなた方が独自に目指していることは何
 なのですか」


 しかし、前回の"サブ・リーダー"は

「それは"講義"で明らかにしてゆく」

 と言うので、

「それじゃあ、内容の分からないものに"前金"を払わせるのですか」

 と反論しました。結局、この後の話は平行線のまま。
 すると、ついに業を煮やしたのか、"サブ・リーダー"が

 「これは、本来は入会前にはお見せしないのですが…。」

 と前置きして、一冊の本を貸してくれました。これが「統逸教会と蚊鮮明」
を讃える書物だったのですが、当時の小生には全くの「初物」だったため、
何の先入観もないまま、とにかく読んでみました。

★ 第三回接近遭遇-ここまで言うと怒られます?

 さて、本の内容はと言うと、

 『この世界に"不条理"を招いた者は、『無神論者』ーとりわけ共産主義者
 たちの誤った思想によるものだ』


 という、徹底的な"反共思想"と、信者を騙していると言う批判に対して、

 『一部の"理解の無い"人々が"息子や娘を教団に取られた"と言っているが、
 当人達は心から満足している』


 という、教団の正当化に終始していた。

 1週間後、本を返しに行った小生は、こう感想を述べました。

 「確かに朝鮮半島の人々にとっては、反共闘争と南北統一は悲願かもしれ
 ないが、日本人である我々が、同じように実感することは困難ではないか。
  それに、共産圏の人々全てが、根っからの"無神論者"とは限らないし、
 資本主義社会にだって"不条理"なことがあるのではないか」


 結局、この日も議論は平行線のままで、最後には"サブ・リーダー"は怒った
ように席を立った。

★ 第四回接近遭遇-今度は「健康セミナー」

 それから1週間後、H君から「僕の母親が参加している"健康セミナー"に
出席しませんかとの話があったので行ってみた。
 講師は岐阜薬科大学出身の栄養士で、今の"薬漬け医療"を批判し、"朝鮮人参"
による「体質改善」を説くものでした。H君自身も、初めて会った時から、その
朝鮮人参茶入りの水筒を常に携帯して、その他の飲料の代わりとしていました。

 講演の最後に、

「本当は、広く多くの方にお分けしたいのですが、朝鮮人参の育成には十数
年かかるので手に入りにくい。ここに集まった方は幸運です。」


と言うと、その後は購買会となりました。"人参茶"用の粉末が100gでなんと8
万円!


 一方で"薬漬け医療"で重症となった患者さんを哀れみながら、一部の
"購買力"のある人を狙って、こんな特定した方法で売るなんて、どう考えても
催眠商法的です。会場の係員は、この後も時間まで残るよう、しきりに引きと
めますが、振り切るようにさっさと退散しました。

 その後、"見込みなし"と思われたのか、H君からの音信はプッツリと途切れま
した。ホッとしたと言うより、小生自身は、H君とはその後も話がしたいと思っ
ていましたので、大変残念でした。

 次回第十三夜は、かつてH君が語ってくれた"夢"から、新興宗教のツケ入る構
造についての小生の見方をお話します。

目次のペーシへはこちらから

もっとさきを読みたい人...おもしろいなぁと思われた方、下のブログランキング、FC2らんきんぐ、ぶろぐ村をクリックしてくれればうれしいなぁ 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事
line

-火鉢-冬の楽しみ

冬は、外よりも、家でコタツに入ってぬくぬくと...という方も多いと思います。

去年、だんなの実家が引越ししたときに、-火鉢-をもらいました。
とっても小さい火鉢です。

二つ、セットであります。
包んであった包み紙を見たら、昭和の鳩山内閣のニュースが書いてあります。

図らずも今も鳩山内閣...
偶然なのか、必然なのか、思わぬシンクロにびっくりしました。
新聞紙についてはいずれアップします。

火鉢は、これです。
s-火鉢縮火鉢 本表紙 011

火鉢...時代遅れの、ふるくさいものと...打ち捨てられそうになっていました。使うからと、もらってきたなら、本当に使ってみようじゃあないか...と、必要道具をそろえました。

灰、炭 五徳

必要なものをネットで調べ発注しました。
火鉢屋さん
で注文しました。

灰の量はいろいろとはかり、6キロ...これで足りるか?五徳は火鉢が小さいので、小さいものがいいか、どうか?考えいてると時間ばかりたちます。

炭は、↓これはなんと読むでしょう
s-火鉢縮火鉢 本表紙 014
くぬぎです。
これは、火鉢用の炭なのですよ。

うちの火鉢は小さいので、この小さい炭をみて、これだったら、使いやすいだろうと、これにしたのです。
s-火鉢縮火鉢 本表紙 016

火鉢に灰をいれ、火起しで火をおこし、いよいよ火鉢に炭をセットします。セットしたときに灰が白く美しいので、なんかうれしくなりました。
s-火鉢縮火鉢 本表紙 017

炭に火をつけるのにこの火おこしというものは便利ですね。
しばらく火をつけていると、炭が真っ赤におきてきます。

むふふふふっ...

炭がおきたらこれを焼かねば...

s-火鉢縮火鉢 本表紙 019

おもちです。

みなさん、火鉢で焼いたお餅、一度たべてみてください。
表面がぱりぱりできつね色、おいしいです。

いまどき、炭、火鉢なんて、酔狂なことです。
でも、結構楽しい。わくわく...そしておいしいです。




 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事

theme : 和風、和物、日本の伝統
genre : 趣味・実用

line

トンデモ話は奥で繋がる(11) 22.2.14

トンデモ話は奥で繋がる 「第十一夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ある新興宗教信者との物語 ①≫

★ 「お昼のワイドショー」の飯の種

 1990年代始め、「お昼のワイドショー」を賑わせていた事件のひとつ
に「有名芸能人」の「合同結婚式」がありました。中でも「桜だ!淳子」
時には、どのチャンネルも連日のように取り上げ、彼女の入信した「統
逸教会」が、霊能者を装った信者が、先祖霊の祟りを鎮めるための高額
な大理石の壷を売りつける「霊感商法」を擁護したとして、非難の集中
砲火を浴びせていました。

 当時の小生は、かの教団の"裏の目的"など考えてもいませんでしたが、
この教団が多数の若者を惹き付けている事実を「マインド・コントロール」
という流行語ひとつで片付けてしまう、マスコミの画一的な取り上げ方
には少々不満を持っていました。

 と言うのは、ワイドショーが騒ぎ出す半年ほど前、まだ世間のほとんど
がその名を知らぬまま「霊感商法」に騙されていた頃に、まだ「若者」で
あった小生は彼らから勧誘を受け、彼らのひとりと接するうちに、彼らを
虜にする原因のひとつに、日本の若者の「宗教的な飢餓感」があることを
感じていたからです。

★ 四つ角の「ライフ・ビジョン・セミナー」

 小生が勧誘を受けたのは、某政令市の中心区のメイン通りの交差点で、
その当時は毎週土曜の昼下がり、決まってハガキ大のアンケート用紙を
持って、交差点の四隅に立っていたものでした。(「合同結婚式」の騒動
後はすっかり姿を消してしまいましたが…。)


 彼らが熱心に勧める講習会の名は「ライフ・ビジョン・セミナー」
当時は、これがかの教団であることなど誰も思っていませんでした。いや
今日でも、この名前だけではわからないのではないでしょうか。
 小生は、"声を掛け易い"タイプと見えて、ちょくちょく呼び止められて
いました。

 無論、最初は"うっとおしい"だけで、無視したり振り切ったりしていま
した。一度、妙に"しつっこい"二人組みがいて、小生も当時は"宗教"につ
いて思うところがあったものですから、お互い歩いたまま、延々300m程
大議論をしたことがあります…。

 「あなたは自分の仕事に"生きがい"を感じますか?」
 「僕は、今の仕事に"生きがい"を持とうとは思いません」(大胆な!)
 「でも、人から認められたいと思いませんか?」
 「僕は僕なりの目標がありますから」
 「それは何ですか?」
 「あなた方に話す必要はないと思います」
 「是非、聞かせてください」
「そう言うあなたは、何のために生きているのですか?」
「もっと社会のためになりたいってことですね」
 「僕は、今の"人間勝手な"社会そのものに不満があるんです」 
 「でも、この世界は人間のために作られたものです」 
「僕はそうは思いません。動物や草や木だって同じように生命をもっ
  ているんですよ」


…とまァこんな調子で、結局彼らが根負けして去っていきました。
小生としては、もう少し"信念"のあるヤツが勧誘しているのかと思って
いましたが、目的については結構"薄っぺら"な感じがしました。

★ ちょっと「乗って」みるか

 さて、そんな"意固地"な受け答えを繰り返していた小生でありましたが、
内心では『自分は何のために生まれてきたのか』(『青春ドラマ』か?)
という問いがありました。それに答えるべく、いくつもの『宗教』が生ま
れてきたとすれば、その中に「正解」に近いものがあるかも知れない
それは、既存の宗教とは限らない。とにかく、自分自身に納得がゆくもの
を見つけること、それが課題となって始めたのが、第十夜までの宗教探訪
でした。
 となれば、彼らの勧誘も棄て置くにはもったいないし、これまでの学習
で、馴染まないものならその場で見切れるという妙な自信(?)もあり、
「ひとつ誘いに乗ってみるか」と心に決めたのでした。

 丁度街角に立っていたのが、某国立大学3年生のH君。なんとなく"押し"
が弱くて、"こっちが救ってやりたい"と思うような童顔の青年で、小生は
アンケートもそこそこに、彼の後について行ったのです。

 長くなりそうなので、続きは次回 第十二夜 でお話します。
目次のペーシへはこちらから
続きを読みたい方は、下のブログランキング、FC2ランキング、ブログ村、
のバナーをクリックしてくだされば、励みになります。プリーズクリック



 



 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
関連記事
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
54位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line