fc2ブログ
   
11
10
14
26
28
29
30
   

為に生きる人はどこへいくのか❓

織田信長が、宗教を毛嫌いしていたのはよく知られています。比叡山焼き討ち、門徒、一向宗には手をやいたと言われています。ある人の本には信長は、寺の坊主が仏とか高邁な教えを解きつつも、庶民を洗脳させ、宗教のためならなんでもするという状態にし、人々をティシュのように使い捨てにするということが許せなかったのだとも書いてありました。

昔でも今でも過激な宗教に入った純粋な人は、為に生きるとか言って、自分の身を捧げることも厭わず、さらに殺人、その他犯罪の類いのことまでもその宗教のためなら正しいと思っているように見えます。これはどうなんでしょうか。自分の身、命を捧げる覚悟の清い、犠牲的精神の持ち主がいて、その人が、統一教会の教えに則り、うまいことを言い、他人のお金を全て捧げさせる。他人を誘い、その人を洗脳させ、挙句の果てには韓国の精神発達遅滞の大酒飲みで働かない男に嫁入りさせて、それを素晴らしいと讃える。

うーん。純粋にその人はそれが素晴らしい神の国を作るためだから必要だと思っているのでしょうが、こんなことは完全に人倫の道から外れ過ぎています。

本人は純粋でしょうが、やっていることは完全にアウトです。こういった人は死んだらどうなるのでしょう。純粋で間違っているとはいえ、それが神のためと思っているからいいのでしょうか❓
なんか、違う気がします。こういう人の末路、行く末は、わかりませんが、閻魔様がいたとしても、いいところへはやってくれないのではと思います。想像するだけでも恐ろしいです。

人を拝む人たち

熱心な新興宗教の信者の人たち、寝食を忘れ、投げ打って、布教活動や金集めに奔走しています。それが一番際立っているのは統一教会で、続くその他の新興宗教も同じようなことがメインだと思います。

統一教会は 文鮮明、とその家族たち、草加は池田何さくだったか❓池田何某。それらを崇め、信者たちは額ずきます。打って変わって、スピのおしゃれな指導者たちがいます。それらに集まる人たちはスターに群がる熱心なファンみたいです。指導者のことが好きで、素晴らしいとベタ褒めのスピ愛好家も多いです。

私が原理研で非常に疑問と不快感を最後まで抱いたのが、そこの長とメンバーたちがなんと文爺さんの写真に向かってぬかずいていたことです。何度もそれをやっていました。なんで、人のそれも写真に何度も顔を地面に擦り付け、参るのか❓これはどうしても納得できませんでした。一つは、同じ人に対してひれふすということ。教祖も一般人も神という絶対的なものの下にあると考えるなら、そこまでのことはおかしい行動ではということです。もう一つはただの紙である写真に対して恭しく参ると言うことです。私からするとそれはただの紙であってそれ以上のものではありません。いくら偉いとされている教祖の写真でもそれ自体は紙、ただの物質なのです。参るなら何もない祭壇や空間で参るのが筋ではと思ったのです。

確か原理研の研修では、エジプトの民は牛の像を作り、それを拝んだから意識が低かったとか、堕落していた❓とか言っていたと思います。写真も同じでないの❓おめえらも同じでないの❓とずっと思っていたのですが、真剣に拝んでいる人たちに対してエジブトの牛と同じじゃんとは言えず、最後まで黙っていましたが、どうも納得がいきませんでした。

私は、その当時神というものは、何かの形で表せれるものでない。ましてや、その伝達や教えを垂れるものがいたとしても、それに対して、平伏するというのは変だと思っていたのです。例えば何かの偉い坊さんがいたとしても、その人にその教えの信者が頭を下げ祈るというのはあり得ない、その宗教を信ずるという位置では同じではと思っていたのですが、統一教会では、文爺さんのただの写真にみんなが平伏すというのが当たり前のようでありました。

私は考えに考え、色々とみんなの行動言動も参考にしたところ、どうも、この団体は神とか言っているけど、だんだんずれてきていて、文鮮明=神様 というより、神以上と思い、変な情熱、恋心のような慕う気持ちを持っていたような気がするのです。だから写真を見て気持ちが昂ったり、涙が出る人もいたと思います。そして、そのような熱烈な気持ちを抱く人が一番素晴らしいということになっていました。当然自分のような人は低い人ということでした。それでもそのように真面目に真剣にやっている人たちがいるし、その人たちのひたむきさは否定できないのが苦しいところでした。

そして話は移りますが、スピの指導者に熱心に入れ上げている人は、その指導者に心奪われ、すごいと賞賛し、我を忘れている人のように見えます。霊能者とか、確かに能力的に力を持っている人もいるので、その能力のみを客観的に判断すればいいだけなのに、身も心も財布も入れ上げている人も多いと思います。

なんででしょうか。神に祈りたいと思うならば、心に自分なりの神像を思い浮かべ、祈ればいいと思うのですが、生身の人間やその写真にひれふすなんて、どうしてかなぁと思います。統一教会も金をたくさん巻き上げる占い師なども、何か特別なフェロモンのようなものがあるのでしょうか。今もって不思議です。

原理研の偉い人の目は豚の目だったー千と千尋の神隠し

私が同級生に誘われ、夏の初めに原理研に行くようになりその間に色々なことがありました。こんなことはひとさまに話すようなことでもないのです。それに、あんまり思い出したくもないのですが、今年、安倍元首相が暗殺されたことで、わかることは話そうかと思った次第です。

献身というのですか、私はそんなところまでは行かないですが、ある程度は原理研の活動は実際に見聞きしました。というより体験したのです。北村弁護士まで、原理研に誘われ、その体験を語っています。世の中には、誘われて大なり小なり、ある程度の体験をした人がいるのではと思います。その中の一つです。

原理研では、ある程度洗脳が進むと、ホームという一軒家でその他の信者たちと暮らします。私はそこに出入りしていて、下宿を引き払うことはしませんでした。一丁上がりというか、一応の完了というのが、今まで住んでいた下宿などを引き払わせてその共同ホームに住まわせて、個人の全てを把握するというのが、統一教会の手だったと思います。24時間、同じ仲間同士で知らず知らずのうちに監視し合うという非常に合理的できめ細かい支配体制だったかと、今は思います。

北村弁護士は、統一教会の洗脳手口でやられると、半分本当、半分嘘、みたいに思え、非常に苦しいという状態になったと言います。多分それは、その人によるのだと思います。私の同級生のように、自分で考えたりせず、事前の知識もまるでないと、そうは思えず、素晴らしい教えだと思い、それに従うのですが、私のような人だと、半分そうかもと思ったり、半分はポロポロと矛盾を感じたりして、違うと思ったりして苦しくなるのです。私はそんなタイプだったので、どうしても下宿をやめて、ホーム生活をするようにはならなかったのです。

そんな献身もしてない浅い体験ですが、よく思い出すのが、学区長というそのホームのリーダー、指導者とそのホームの女性のリーダーがいてその人たちを見ていつも不思議に感じていたことがあるのです、それが、千と千尋の神隠しの豚を見て「あぁ、これだ」とわかったのです。

原理研の人は、聖書の話とか聞いてすぐの人たちは瞳が綺麗に輝いているように見えたのですが、それを何年もやっているしかもリーダーの学区長や、お姉さんと言われる女性リーダーの目とその周辺が、なんかけだものっぽく見えてしょうがなかったのです。このことはずっと私の頭の中に残っていてずっとその目の形や雰囲気を記憶していました。
それが、ある時、あるものと同じだとわかったのです。

千と千尋の神隠しに出てきた、豚の目なのです。千尋の両親二人は異界の食べ物を食べて豚になってしまったのですが、その目がかつての原理研のリーダーに私が見た目と同じだったのです。私の目からはみんなからは素晴らしいと言われていた二人の目、顔が千と千尋の豚の顔と同じに見えていたので、ずっと不思議だったということなのです。当時は何なのか、わかりませんでしたが、映画の豚を見て、これだとすぐに気づいたのですが。

原理研のみんなが清いと言っていた彼らが豚に見えていたので、私はやはり、そこには向いてなかったのだと思います。こんなことは私の見えたという感覚だけなので、それこそ荒唐無稽かもしれません。が、あの目は豚の目だったと思います。

統一教会の思想のキモ

統一教会について、このカルトの思想はキリスト教の異端どころではなく、韓国、朝鮮半島人の縦型、上のものの言うことは絶対という思想が根幹をなしているのでは❓と思っていたのですが、それについて東海アマさんが良いことを言っているので紹介します
競争原理が...
本当にここは、身分差別が激しいと思います。確か、原理研には社会人、高卒の人は入れないとか。どう言うことでしょうか。変です。
統一教会の人って、勝つ、勝利するなんて言葉をよく言っています。勝つとか、戦うって、これは宗教とは思えません。ちなみに勝つとは、実際は、一般人を統一ゾンビにするとか、一般人から金をむしり取るとかのことです。これが神様の意志とは、どんな神様かと思います。

この世の全ての悪行のトップをいく統一教会布教活動に加担しているゾンビたち、いざ、その夢から覚めた時、失われた自分の時間、人生に呆然としてしまうと思います。これは巧妙な統一教会の罠にはまったとも言えますが、やっぱり、若い時、もっと本を読んだり、いろんな体験を持っていたら、「怪しいぞ、おかしいな」と何年もハマらず気づくと思います。知識、経験は人にとって本当に武器になります。

例えば、キリスト教文学、遠藤周作の本など読んだり、極東アジア史などを知っていたら、こんな暴論の罠にハマることは知識がストップをかけると思います。私の同級生は、原理研に入り、私を誘いました。この人はもう負けず嫌いで、この思想にハマったら上のひとの言うまま、邁進していました。ここは危険と知っていましたが、私は、好奇心があり、そこにいってみたのです。そこには、高校生で原理思想のすばらしさを知り、その道を歩いてきたという指導者がいました。

そこのメンバーはその人のことを「高校生でこの原理を理解できるなんて、素晴らしい」と言っていましたが、そこに私は「❓」を感じました。なんの❓なのか、私はその時、はっきりとはわかりませんでした。
遠藤周作のイエス像、神様ー惨めで踏みつけられ、死んでいくーそれが私はいいと思ったのですが、その人はそれを否定していました。他の人もそうですが、この悍ましいカルトでは救世主は誰よりも立派で、輝き、全てにひれ伏せられなければならないようでした。そんな金ピカ救世主、私は嫌いです。

今思うと、彼は幼稚だったのです。高校生から統一教会と学校の勉強ばかり。他の知識も経験も何もなく、自分は素晴らしいと思っていたのだと思います。私の同級生も本、小説なんか読んでないタイプだったので、なんでも全て正しいと吸収してしまったのだと思います。指導者である彼は、後から思い出すと経済学部と文学部の学生は堕落しているから、協会員にはなりにくいとも言っていました。経済学部は、バイトやなんやかや人生経験が多く遊んでいるから。文学部は悪魔的な本を既に読みすぎて、いけないなどと言っていました。

なんかね。私はその悪魔的な本、美術作品など頭に入れ過ぎていたので、どうもレベルが低すぎると言われていましたが。でも、その堕落させる、悪魔的な読書により、どこかで覚醒していて、ゾンビに至るまでにはならなかったのが幸いです。好奇心が強過ぎて、あんなところに少し、足を踏み入れましたが、今もってあれほどの純粋な悪に遭遇したことはないと思います。

ただ、何事もやってみなければという、当たって砕けろということは、そのものによるなあと思います。当時の私は馬鹿だったのです。みんなが忌み嫌うものも自分で見て、体験してみなければわからないという考えが、貴重な卒業の年の一番貴重な就職活動の時を無駄に終わらせ、その後、なんとか社会の一員になるまで余計な年数と苦労を費やしてしまったのです。

つくづく思うのは、知識、今までの読書に救われたと言うことです。あの時の原理研の人たち、どうなったか。たまに気になります。みんな純粋に祈りを捧げていましたが、あの祈りって、どこに行ったのか❓人生、命をかけて祈っても、それが嘘なのです。あれだけ祈って、全く無意味だったとは❗️勝利どころか、負け以前の問題です。



洗脳についてー北村弁護士

洗脳についてのはなし

洗脳という言葉は強烈です。が、やっていること {人のゾンビ化}を考えるとそうだと思います。統一教会にしろ、何かの主義思想、共産主義など、ハマると、ピラミッドの上下関係の元、下のものは自分で考えることは全くなく、全て上の指示のいうとおり動き、生きるという人生となります。

公序良俗とか、一般的な善悪とか、そんなものは遥か超えているのです。私は、統一教会の日本信者たちが、韓国の幹部たちに今よりもっと酷なものを捧げよと言われるだろうと予測しています。もう、今までのような集金はできないからです。
それは、子供の人体、自分の臓器です。金もすべて捧げ尽くして何もない信者たちにはボロボロの体しかありません。それを売るために、彼らは中国などへ渡るのではないでしょうか。なん億という金など、それからしたらまだまだです。子供も差し出すと思います。統一教会はヨブの話が大好きで、信者にそのようになんでも教祖のために生きよというのです。

洗脳の結果とはそんなものです。

統一教会 韓国の既婚信者たち

日本人妻たちに突きつけられた償い

恐ろしい、騙しですね。言葉がわからないからいいとは、本当に詐欺師というか、騙しのプロです。もともと、この宗教がフランスとか、イギリスなどのメジャーな国のものだったら、ここまで騙される人は少なかったと思います。

統一教会の教義のなかの朝鮮民族についてのこと、朝鮮半島史、などYouTubeなどで抜粋されている教会の原理講論の内容を吟味すると、出鱈目が多く散見されます。でも、それに結構騙されるのです。なぜかというと、朝鮮半島の歴史や民族のことなど、あまりにも小さいことで、そんなに世界史でも詳しくは習いません。つまり、私たち日本人はほとんど朝鮮人の民俗学的な知識や歴史のことは知らずに来ていたということです。

私は同級生に誘われて原理圏の人の話を聞きました。「朝鮮民族は一度も他国を侵略したことのない清い民族だ」とか、純血の民族だとか言っていたのを耳にしましたが、「そうなのか」と思いました。が、私は歴史は高校の時高得点をいつも取っていたので、なぜかその時、李氏朝鮮という言葉と、女真族の辮髪の写真が頭に浮かんだのです。何か引っ掛かりを感じたのですが、日本史、世界史ではそう深くは何も習わない朝鮮史について色々と言われても、そのまま「ふーん」と思うしかないという感じでした。世界史が非常に良くできた私でもそうなのだから、自信を持って言われると信じてしまうと思います。

ただ、所々変だなぁともいところも出てきて、それを言うと、サタンに支配されているとかなんとか、その疑問、怪しい箇所についての正誤でなく、本人の心境の低さにされるので、どうもなんともならないとも思いました。

あまりにもマイナーすぎる朝鮮史、その辺の本屋で立ち読みすると、中国から支配者が来たとか、李朝太祖李成桂は女真人だとか、そんなことは当たり前すぎることで、昔私が統一教会の講師の人に聞いた時、女真族の辮髪が瞬間的に頭に浮かんだのは、多分、世界史の資料を隅から隅まで眺めていて、それに関することが少し書いてあったからかもしれません。

しかし、原理研というのは結構高学歴の人が多く、そんな人が騙されるなんて、朝鮮半島、半島人に対して私達日本人はあまりにも無知だからということを表しています。言われたらそのままを信じるなんて、本当に馬鹿です。

ちなみに朝鮮人は、元寇で、モンゴル人に下っ端として派遣され、対馬の人を惨殺しているし、モンゴルには、侵略を何度もしているそうです。どこも侵略してない無垢の清い民族なんてどこのことかと思います。おまけに、中国その他からの異民族がたくさん流入を繰り返し、雑多な混血種族となっているのです。何が、純血の尊い民族だよ。嘘っぱちを信じて、その自称純血民族の農村の学校も行ってない男に嫁ぎ、それでも幸せと思い込み暮らしている日本人妻たち、気の毒だけど、ここまでくると、やっぱり自分でどこかで覚醒しない限り、普通の日本人には戻れないと思います。

統一教会の信者のゾンビ病とは

統一教会の人に呼びかけるような口調でジャーナリストの篠原さんはものを言っていました。が、「あんたが何かをYouTubeで言ったくらいでは、誰も教会をやめない」と私は思いました。篠原さんは、統一教会についてはよく知っていると言う割には、不可解なことをします。視聴者を増やしたいのかなぁと思いますが、ちょっとカッコつけかなぁと思います。

統一教会に飲み込まれ、ゾンビ信者になった人たちはそんな少しの呼びかけで辞める訳ありません。例えていうなら、アル中や麻薬中毒の相当な重度の人と同じです。病院や世間から離れたそのための特別更生施設で何日もかけ、それを断つプログラムに従った生活をして、出た後も戻らないように相当強い決心と監視を受ける生活をしないと、普通に戻れないような、そんな重篤な宗教毒ゾンビとなっているのが、統一教会の信者なのです。

なかなか難しいと思います。北村弁護士の洗脳されかかった話
↑実際にそれを経験してないと本当のところ、感覚はわからないと思います。北村弁護士の話はリアルです。頭の半分は、本当か❓半分は洗脳だろう❗️というのは、よくわかります。

もうバレているが。ソウルでのデモ

ソウルで統一教会員で韓国に渡った日本人たちが、デモをしているようです。こんなことをやっても、もう一般日本人などには通じないでしょう。この前の日本統一教会長❓の田中氏の会見もそうですが、こちらのデモも、これらの人たちは、ゾンビなので、トップの韓国人たちに「これこれこうせい、ああせい❗️」と言われるままに演技というか、ゾンビ行動をやっているだけだと、丸わかりです。

自分の意思で何かやるとか考えるなんて1%もないでしょう。韓国人の言うままになんでもやっているだけです。
トップ韓国人たちは、このように日本人の信者を操り、デモをさせれば、日本でのバッシングも収まると思っているかもしれませんが、日本人なら、こんなデモはしないし、ましてや日本でやらずソウルでやるなんて、訳のわからないことはしないでしょう。こんなデモは、日本にいる一般日本人が見ると、どう見てもおかしい人たちとしか映りません。これらの信者は真のゾンビに成り下がり、気が触れた人のように見えます。

搾取する魔王たちの韓国人にはわからないのでしょう。きっと田舎に嫁がせられた貧しい信者も急遽ソウルに呼び出されたのだろうと思います。私は韓国を含めアジアには行ったことはないのですが、貧しく、環境も良くないと聞く、韓国の田舎で暮らし、多分自費でソウルまで来てデモをして声を張り上げる人たち、洗脳が完璧に施されるというということはこういうことなのだと、深いため息が出ます。完全にゾンビ化すると、こんなものなのでしょうが、こうなると死んでも、治らないと思います。

カルト認定

統一教会が叩かれています。とは言っても、自民党の中国に対抗し得る勢力の力を削ぎたいのが目的なので、根本的な対策はしないでしょう。信者をこれ以上獲得させない。すでにゾンビになってしまった献金、献身をやめさせる。宗教法人としてでなく、ただの極悪営利団体として扱う。もっと色々とありますが、宗教法人としての特別扱いをやめさせるだけでもだいぶ違うと思います。

ただ、こんな極悪カルトは統一教会だけではありません。日本でお馴染みの最大信者数を誇る極悪カルトはS会です。S会は政界にも進出して、政治まで公的に口を出し日本の国を操っています。ここも極悪で、知り合いの友人は命の危険を感じずっと逃げているとも聞きました。こんなのがカルトでなくてなんなんでしょう。今、統一教会をマスコミは非難していますが、同時に非難し、やっている悪行を晒し、叩かなくてはいけないのはS会です。

こんなのをそのまま放置して、何が統一教会の悪を暴く...でしょうか。S会もカルト認定して、宗教法人としての認可は不可としなくてはいけません。カルトはみんなが思う普通の宗教とは違うのです。人を廃人、ゾンビにするのです。

そして、それを糾弾する共産主義、チェチェ思想にいかれている有田芳生とか、その他の人権派という人たちもカルトのゾンビだと思います。こんなのも思想とは言えません。北朝鮮にさらわれた人を「そんな人はいない」なんて言っていて、人攫いを擁護するなんて、売国そのものだし、さらわれた人にそんな冷たい言葉を投げかけるなんて、やはり人ではないです。

今、統一協会叩きで、こちらの左巻きの人たちが正義感づらしていますが、これらも他人を食う、人喰いです。書いていると嫌になります。なんにしてもこれ以上被害者を出さないよう、自民党叩きばかりでなく、統一協会の巧妙な手口などをまだ若い中学生とかに教育するとか、統一協会への献金は多額の税金をかけるとか、やることはたくさんあると思いますが、それでも甘い汁を吸っているところはテレビ局などをはじめとして多いので、詰めは甘いだろうと思います。

ここまでくると各家庭で、個人がカルトの恐ろしさ、狡猾さをよく知り、家族でそのことを教え合うことが一番かと思いますが、なかなか難しいでしょう。

統一教会の南米進出

統一教会が南米に進出したのは1990年代半ばのようです。ネットの記事によると4000人もの女性信者を南米に来させて、各地で布教、ポランティアとして使ったようです。南米に四千人もの女性信者。それも赤ん坊とかを持っている既婚者です。赤ん坊も含めて家族は日本において、単身赴任だそうです。

よくやるなぁ。と、ため息が出ます。南米のジャングル地帯や、湿地帯などを開拓したり、布教したり。ものすごい熱意だと思いますが、ろくな事前訓練も語学の手ほどきもなく、どれほどのことができるのか。ましてや、統一教会で、壺や珍味うりなどをし続けてきて、農業のイロハ、土木技術の心得もなく、何がやれるのか。全て、神のためという心意気はあるんだろうけど、ずっと食べるものさえろくに食わずに、睡眠時間も削り、物売り、布教活動、自民党の選挙応援などに従事してきた人たちに、劣悪な環境で生きる体があるのだろうかと思いました。

統一教会の土地はレダというところだそうで、調べてみたら、ブラジルとボリビアの国境に近い、川ぞいの湿地及びジャングルのようなところです。あぁ。そういうわけか、とこの場所を地図で見てわかりました。コカインです。この国境を利用してコカイーナを取引、密売買するのに非常に都合がいい立地です。

普通の日系人の入植地とは全く違う、あまりにも苛烈極まる入植地です。ここでの一番の目的はコカイーナではないかと思います。しかし、ひどすぎますね。ここにきた信者たちは熱烈な信仰心で自然と環境、本部からの金の無心に頑張ったと思いますが、こんなところでどうやって、暮らしたんだろうと思います。スペイン語だって、何にも習わないにしても、街で暮らせばある程度できるようにはなったと思いますが、あんな森林のなかで、マラリアにかかったりして、どうかなってしまった人もいるのではないかと思います。

それに、広大な土地をいきなり買い占めて、神のおしえを広めようだなんて、それだけで現地の人は不信感を抱くでしょう。また、生粋のカトリックなので、日本人みたいに騙されないし、金で土地を買って有力者を買収できても、あとは続くだろうかと疑問に思います。

しかし、丸腰で南米のジャングルに行かせる統一教会、そのために使命と思い頑張る信者、世を救うのではなく、自分たちが救い難いとは気付かないのが、狂人の集団だと思います。

気持ちが悪すぎて、違う話題に移るかもしれません

統一教会、その他カルトの話はあまりにも酷いというか、おぞましすぎて、間をあけないと書けませんね。ちょっと気持ちが悪すぎるので、しばらく他の話題になりますが、よろしくお願いします。

勝共連合は右翼愛国なのに、協会員は韓国にひざまづく不思議

原理研の学生は、哲学的な疑問やを抱いている人、孤独な学生生活をしている人、人生になんらかの意味を求めている人が、大学構内にいる原理研のメンバーに勧誘され、そこに入っていく人が多いと思います。

非常に友好的で、いい人が親身で世話をしてくれるし、神とか、哲学的な話を語ったりするので、誘われた人はそこの講義を受けることに同意する人も多かったと思います。この講義というのは、非常に良くできており、いろんな世の中の不条理や真実を織り交ぜ、だんだん、韓国が素晴らしい国であり、日本はそこにとんでもないことをしたという国であり、贖罪しなくてはいけないという話を何度もされるのです。そして、この世の人は罪人であり、唯一のメシア、文鮮明に全てを捧げ尽くして、自分達を救ってもらわねばいけないのだということを、何回かセミナーなどをやって新入りの学生のに叩き込むのです。

これは、ただ何か苦しい生活をよくしたいとか、病気の家族を持っていてそれをなんとかしたいとかいうのではなく、文鮮明の教えに従うのが究極の正義であり、そのためなら何をしても良いし、日本人は自分の身を全て捧げ尽くしてもまだ足りないと言われていたのです。

そんな統一協会の学生団体の原理研では、何度かのセミナーに出た、もう信者になっていくであろうという人たちに映画を見せることがありました。その映画はなんと、昔の戦争もので、日本に殉ずる忠臣愛国的な人たちが主役の映画なのです。これを見て、すでに韓国が素晴らしいと洗脳されている原理研の学生たちは「こんなのいやだ」なんていう人もいました。普通に右翼を嫌う人も多いですから。

しかし、これって、実に不思議なことだと思うのです。統一協会からすると、日本は忌まわしい国で、最低の人間である日本人が日本のために死ぬような映画を原理研の学生に見させる...
これは原理研の学生も戸惑うと思います。しかし、統一教会では、共産主義はサタンであるからそれに闘う勝共連合は正しいとし、その映画を見せたのですが、勝共はわかるが、なぜ国粋主義❓とも思う人もいたかもしれません。相容れないのになぜ❓そんなことを思うのは当たり前です。おまけに同席した勝共連合の中の人には本物の国粋主義で日本を大事に思う人もいたのです。

なぜ、そんな矛盾が罷り通るのか❓私はこれを実際に見ていたので、本当に不思議に思いました。

勝共連合はもともとは韓国系のもので、北の共産主義に対抗するためにできたのです。もともとはただ韓国の統一教会と北に対抗する韓国のためのものであったのに、勝共を表に出すことによって、韓国人に跪くなんてこれっぽちも思っていない純粋な右翼、国粋主義者を取り込み初めはそれがバレずにいたのだけど、だんだんバレてきて、80年代に問題が勃発しました。

こんなことを思い返していると、どんなものでも、うまく騙して自分の餌とするというのが統一教会であり、それに盲目的に従うのがその信者であったかと思います。非常に狡猾なのです。

そして、それをその統一教会の支援を受けてきたのが自民党なのです。この自民党のズブズブの関係がなければ、何万もの韓国に渡った、悲惨な結婚生活、それこそ性奴隷をしてきている騙された信者たちは出なかったのです。私は阿部さんは対中政策にはいいと思うのですが、阿部さんだけではないとはいえ、あまりにも悲惨な信者の血肉を啜って保守という政治を守ってきたというのはとてもそれが保守であるからということだけでは、100%同意はできないのです。

阿部さんを狙撃した犯人は擁護できません。しかし、あまりにもひどすぎる統一教会に国民を売って、成り立ってきた自民党、その議員たちという点についてはどうしても容認できないのです。かといって北、その他の共産国に自国を売ってきた野党にも正義はないと思っています。

狙撃犯、阿部さん、自民党、野党、どちらかが黒でも白でもないのです。こっちあっちと正邪を簡単に下してテレビを見ているだけでは、ダメなのです。

日本で日本人、日本のあらゆるものを食いまくる半島人たち

統一教会が日本人をゾンビ奴隷にして好き放題していることは、今統一教会バッシングをしているマスコミはそれをよく知っていたと思います。彼らは今はもっと良い主がいるので乗り換えただけのことと思います。なぜなら、桜田淳子さんの合同結婚式以来、30年も何も報道しなかったのですから。

今、金を吸い上げる日本の国力が落ちたことが、子分マスコミの統一教会バッシングに繋がっていることはあると思います。また、教会は協会内部の何派にも分かれる権力闘争中で、一枚岩でなく、その対立の結果、どちらかの派が暗殺に関与したのかもしれません。

統一教会は北出身の文鮮明が起こしたカルト宗教ですが、これはアメリカのCIAなどによって、北の共産主義に対抗するために日本にもたらされたものであります。朝鮮半島の韓国、北朝鮮の争いが、日本舞台に繰り広げられることとなったわけです。自民党は、共産党に対抗するわけですから、勝共連合という共産主義に抵抗する組織があれば都合が良いです。それが統一教会の一つの政治的右翼組織、勝共連合ということです。

しかし、ここからがいけないのです。統一教会も日本共産党も誰を大事にして、誰を見捨てて人身御供にしているかといえば、日本人なのです。統一教会は、信者をマイルドコントロールしてゾンビ、集金機、奴隷にしているし、共産党、および左系の議員などは拉致被害者はいないと言ったりしています。
ここがいけないのです。日本はすっかり、半島人に国民を売り渡した売国奴の政治家、政党ばかりになっているのです。
例えば、祖父の代からずぶずぶの阿部さんやたくさんの統一教会と縁の深い議員たち。反対にそれを糾弾し、統一教会を批判している有田芳生落選議員は、正義の人かと思いきや、拉致被害者をないかのように無視しています。

これはどういうことでしょう。どちらも相手を叩いているが、その口で貪り食っているのは日本人なのです。私は阿部さんが統一教会の合同結婚式に電報など送っていることに、非常に憤りを感じました。が、今の政治状況を考えると、岸田さんの親中路線に一線を画しているということから、阿部さんにはその面で期待をしていましたが、統一教会との関係を考えると、完全に信用はできないが、今の日本としては、阿部さんが表に立つのが最善の策だろうとは思っていました。

売国先は、半島だけではないのです。今の脅威は中国が一番です。

そんなことから阿部さんのテロには複雑な気持ちです。売国同士がお互いに争い、その中でも中国への売国が少ない阿部さんがテロ攻撃されたということ。これは、一般信者のただの暴挙ではないと思います。今、この犯人の母親である統一教会員が、「統一教会に対して申し訳ない」と言っていることに、みんなが驚いていますが、これは驚くことではないです。彼女はもう、ゾンビで、人ではないと思えばわかると思います。カルトの信者になるということはこういうことなのです。カルトの信者であれば、この世の道徳その他人倫の道に外れることなど全く厭わず、なんでもするので、息子の心情など思わず、こんな発言が出るのでしょう。いい人だから云々は、平和すぎる人が思うことだと思います。

スピリーダーの言う、統一教会の人は良い人❓

今日YouTubeを見ていたら、結構有名なスピリーダーの人が、統一教会について話していました。彼は、「どんなものも全て悪いわけでなく、統一教会でもそうなのだ。現に自分の知っている統一教会の信者は非常にいい人だ」だから統一教会を白と黒の黒と判断する見方はいけないのだ。なんて言っていました。あまつさえ、信仰で救われる人もいるだろうなんて言った内容まで言っていました。

いい人❗️
信仰で救われている人もいる❗️

だから、いいところもあるだって❓
とんだあまちゃんというか、世間知らずにも程があります。影響力がある人がこんなことを言うのは本当に罪が深いです。

私からすると統一教会やS会は金を根こそぎ信者から奪い取るだけではないから、あまりにも悪いのです。真っ黒、純正の黒なのです。むしろ一億円とかで破産でもそんなことぐらいだったらだいぶマシなのです。彼らの一番いけないところは日本人を生きたゾンビ、究極の奴隷にすることなのです。金だけでなく、人生、思考、体、心全ては信者自身のものではなく、教祖のものなのです。信者はその人そのものでなく教祖の欲望の器とでも言ったらいいでしょうか。

いい人といわれる統一教会の信者はいい人だからこそ、教祖が他人の皮を剥げと言ったら、躊躇いなくやります。koroshiも盗みも平気だと思います。教祖が韓国の小学校もろくに出てない、精神発達遅滞でアル中の人の嫁になれと言ったら、喜んでなるのです。このような教祖の言うことならなんでも聞き、行動するゾンビ奴隷とそのいい人といわれる信者たちはなっているのです。こういう状態を洗脳とかマインドコントロールとかいうのでしょう。

こうなるまでには、何日もセミナーとか、で思考力を無くさせて、協会の教えを信じ込ませるという手口で行われ、あちこちの大学ではもう1960年台から、その勧誘は行われていました。

私はどんなものでも黒ばかりではなく統一教会で救われているひともいるから、いいところもあるのだというスピリーダーは、本当の黒というものがまるでわかってないと思います。
参考 中杉さんの日記
   ワールドフォーキャスト


安倍元総理の暗殺 統一教会とは

安倍さんの暗殺について、統一教会の信者の家族の恨みだということで色々と報道されています。これについては、単純な統一教会+安倍さん=悪
かわいそうなカルト信者を家族にもつ加害者=半分正義みたいな単純な図式に当てはめてみたいマスコミと一般B層たちだと思います。が、ことはそう単純ではないです。

このことを何から語ったら良いか。しばらく考えあぐねていましたが、まずは統一教会そのものについて話しましょうか。
思いついたことから、断片的になると思いますが、書こうと思います。ことはマスコミの言うような大金を捧げた宗教狂いの家族の話に帰結するようなものではないので、皆さんに私の考えを理解してもらうのは難しいかもしれません。

続く

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
29位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト