fc2ブログ
   
04
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

桜が咲き始めました

三分咲きといったところです。
IMG_2113.jpg

人も出店も多く出ていました。 有名なこいのぼり流しです。
IMG_2112.jpg

桜で有名な五条川ですが、この川はご覧の通り川幅が狭くしょっちゅう水を周りに溢れ出し、 東海豪雨の時は1階に水が入り込み、後の復旧が大変だった家も多かったです。 春は桜で綺麗ですが、近くには住みたくないなぁと思います。
IMG_2114.jpg

下呂温泉に行きました

青春切符が1枚余りました。期限も近づいています。そこで下呂温泉まで日帰りで行くことにしました。
岐阜から高山本線に乗ります。まずは多治見行に乗り、美濃加茂で乗り換え、そこから高山行きに乗り替えます。 この日は強く雨が降った翌日で、風もまだ強く寒いような気もしましたが、だんだん晴れてくれば反対に暖かくなるかもしれないと1枚薄着で出かけました。
IMG_2117.jpg

3月の末と言うこともあり、 青春切符の常連客の老人連は少なく、若者が多かったです。電車に乗るのも若者、下呂温泉についても若者ばかりいました。蛙のプリンの店などでは若者が長い列を作っていました。買いたかったんですが、並ぶのもめんどくさいのでやめました。
IMG_2115.jpg

温泉と言うのは大衆演劇を見に老人たちが行くところと言うイメージがあったのですが、行ってみたら全く違いました。若者がグループやカップルで楽しそうに歩いているのです。足湯もいくつかあるのですがどこも若者でいっぱいでワイワイガヤガヤと楽しそうに足をつけている子たちが多かったです。

下呂温泉は神経痛や足腰の痛みなどに良いそうなので、私の腕の痛みにも効くかなぁと思いやってきました。昼少し前に着いて駅前の観光案内所で聞いたら、旅館等のお風呂は午後開くところが多い上料金も 1000円以上はすると言います。 午後から待つのも嫌だし、そんなに高い湯に入ることもなかろうと銭湯のような浴場に行くこととしました。 白鷺の湯です。 古い木造のお風呂やですが、中に入ってみると、きれいに清掃してあり澄んだ湯が浴槽にはってあります。
IMG_2116.jpg

人もそんなにないし、これはいいと浴槽に入りくつろぎました。いい湯でした。残念なのはシャンプーも石鹸もなかったので全てお湯洗いで済ませました。今度行く時はシャンプーと小さい石鹸を持っていきたいと思います。その後、土産物屋を見てから午後の電車で帰りました。この電車も若者と老人の青春切符の人で賑わっていました。

その日の夜はあまり温泉の効果は感じなかったです。 翌日もそれほど腕の調子は良いわけでなく、しくしくと痛むことが多かったです。しかし2日後から今まであった差し込むような、歯痛のようなズキっとくる痛みが全くなくなりました。これは下呂温泉のおかげなのか それともその前に3日ほど硫酸マグネシウムの湯に入っていたせいなのか❓その2つの相乗効果なのかなぁとも思います。

とにかく、 昨年の秋からずっと1日のうちに何度か感じていたズキズキとした痛みがこの二日間は全くなくなったのです。薬師如来のおかげかもしれないし、近くの観音さんのおかげかもしれません。この頃は痛みが一生ついて回るかもと諦めもあったので、まだ二日だけの痛みのない状態ですが、嬉しいです。

今日は腰痛のある友人とその話をしたら、「温泉に行こう」と言う話になりました。蟹江の東海温泉に行こうと思っています。下呂温泉、やはり効能が大きいのは本当かもしれません。

青春切符の嫌なところ

先週大阪へ行きました。青春切符を使い行ったのですが、東海道線を青春切符で乗っていくのはなかなか大変です。名古屋米原間が結構混みます。普通に通勤通学電車で 人が多いというのがよくあります。名鉄の名古屋豊橋間などは非常に混みます。ずっと押し合いへし合いで1時間も立ちっぱなしっていうのはさすがに疲れます。が、この三月、青春切符の時期の早朝の名古屋米原間の 混雑は それよりは少ないとはいえ、どうも快適とは言えません。

普通のラッシュ時の混雑はみんながお互いに できるだけ身を縮めてお互いに邪魔にならないようにしていると思います。が、青春切符の人が非常に多いこの時期の朝に東海道線は、そういう気遣いがない人が多いのです。大体が、70後半から 80代の老人です。リュックを混雑時でも後背に背負っています。 今回は私の後ろにリュックのおばあさんが立っており、そのリュックが、 冬瓜を横に入れたみたいに 後ろに出っ張っており、 そのリュックにずんずん押されてなかなか立ちにくかったです。

その後席に座れたのですが、隣に座ってきた非常に大きなリュックを持った老人が、大きくドカンと座り、リュックの端とご自身のスマホを持つ肘を真横にこちらに張り出してきて、なかなかそれを避けるのに困りました。 とにかく大きい荷物の人が多いのは何故でしょうか。3人連れで座っていたお婆さんたちは名古屋から姫路に行くようで、高齢ながらすごい元気だなぁと感心しました。

席を取り合うのも多くあり、「お前の座り方はなんだ」「なんだとお前の方がなんだ」と おじさん同士喧嘩を大声で始めたり、駅の乗り換え場面で大きな声で叫び始めたり、何か少しちょっと頭がとろけかけている人が多いのかなあと思ったりします。 急に大きな声で喧嘩をし始めたりするので、 怖いです。

これは青春切符のせいなのか、老人がこういうことをしがちなのか、それともたまたまそういう人に出くわしたのか?

そして、 到着駅の改札口で、降りようとしたときに有人の改札口は1つしか ありませんでした。 そこには今日ではなくいつか買うであろう切符について色々と相談しているおばあさんがいました。改札口は1つしかないんです。そこを通りたい男性がじっと待っています。私も その改札口を通らなくてはいけないので待っていたのですが、おばあさんはずっと切符の相談を改札口の駅員の人にしています。通らなくてはならない男の人がじっと待っていたのです。私はしばらく待っていても降りるところなので良いのですが、男性は多分何本か乗る電車を逃しただろうと思います。

今回はこんな人ばかりみたのですがなんかねーほんと他の人の事は考えられないのかなあと思いました。

こんなことは普通でそう文句を言うこともないことなのかと思ったりもしましたが、ある記事を見つけました。
こういうご老人たちってやはりいるのだと思いました。


フルーツパークに行ってきました

梅が咲いた頃です。少し寒かったですがフルーツパークへ行ってきました。

5d80ecf7-bc08-452e-8162-76155de893f6-0_convert_20240304133337.jpg

河津桜には目白がいました。どこにいるかわかるかな❓
3894d8c9-c3db-4db7-bcaf-905913322120-0_convert_20240304133404.jpg


夏休みの青春きっぶ四回目

この頃はブドウの収穫や、加工品の製造で疲れてしまい、予定の和歌山までの通院はやめようかなぁと思っていました。が、旦那が「切符はまだあと二回あるのだから行くといい」と言います。乗ってしまったら、あとはそう歩くこともないからいいか、と8/18に出かけました。

七月はもう、空が明るかったのですが、8月になると五時おきはまだ暗いです。いつものように車でJR駅まで行き、六時半ごろの電車に乗りました。乗ってみると、大阪まで、スーツケースの人が多く、全体の人数もいつもよりだいぶ多いです。これはお盆終わってすぐなのか、夏の帰省に重なっているのか、とにかくこの時期は人出が多いのだろうと思いました。この混む様子は帰りの列車でも同じで、いつもの空いた感じの田舎の電車といった感じより、長距離移動の旅行者用の列車っといった風でした。

目医者でも、この日は人がいつもより多かったです。

朝早く行くのも大儀ですが、翌日の視界はいつもよりひらけて、外の看板もいつもよりよく見えました。
遠いですが、9月にも最後の青春切符を使って和歌山の目医者に行く予定です。

愛知の旅、岡崎城から

三河に生まれたと言っても、東三河と岡崎では少し温度差があります。ちょっと遠いしね。ですので仕事関係でしか岡崎城に入ったことはありません。入ったこともです。今回観光客用駐車場に入ってわかったのですが、岡崎城って1号線からそのまま入れるのです。

知らんかったわ・・・

中には、 NHKドラマ館があったり、案内所もあり、なかなか良いおもてなしぶりでした。
IMG_0007 4

からくり時計です。
IMG_0004 4

IMG_0009 4

写真はあげてませんが、大樹寺にも行き、写真を撮ってもらいました。なかなかいい出来でおまけに葵の印が入ったマスクと印籠をくれるというので、買いましたが、手にとって印籠を見ると、プラスティックの印籠に葵のシールが貼ってあるものでした。
IMG_0001 9IMG_0000 11


期待はずれのちゃっちいものでしたが、これをみんなに見せて「ははー」とさせて遊ぶには十分なので、あんまりガッカリしてはいけないなと思いました。

県内の家康関連ツアーに行ってきました

誘われたので行ってきました。行き先は家康関連というだけでどこかもわかりませんでした。バスが高速を出てどんどん鬱蒼と木々が生い茂った山里へ
着いたのは、松平郷でした。
IMG_0013 2
松平氏の菩提寺、高月院です。

IMG_0014 2
鐘をつかしてもらったり、オッさまのお話を聞いたりしました。

隣の松平東照宮を見学し、おみくじを引きました。いいことが書いてありました。
IMG_0010 2


IMG_0012 2

以上は実は前に行った愛知鮎ツアーで行ったところでした。

その後に、岡崎城見学です。
IMG_0006 4

五万石なので、ちょっと小さめのお城です。
次に続く

かみや美術館と南吉記念館

7/31に気賀へ、8/1に半田へ行きました。

半田のかみや美術館へ絵を見に行きましたが、お目当てのルオーの絵は違う季節に出るようでありませんでしたが、他の絵画が色々とあるうえ、館員の人がつきっきりで説明をしてくれなかなか楽しい美術館訪問となりました。

IMG_0002 6
鳥の取手の入り口でした。

IMG_0001 8
玄関外には鳥の像がありました。

南吉記念館の中には、最近出没したきつねの剥製がありました。
IMG_0000 10
子供の頃、新美南吉の本は何度も読みました。辛くてもどこか澄んだ美しさのある南吉の作品が好きだったのです。でも、今はどれも可哀想すぎて読めません。南吉記念館も、南吉の不遇な生涯やかわいそうな動物や人が出てくる作品を目にするのが辛すぎて行けませんでしたが、とうとう訪れたのです。

結局、狐の剥製や、ショップの狐のぬいぐるみを見るぐらいで、あまりじっくりとは見学できませんでした。哀しいのが嫌なのです。ごんぎつねももう、本なんて辛くて読めません。ダメな老人になったものです。
そう詳しく陳列物などは見れませんでした。

気賀で饅頭を買ってもらいました

先輩は気賀周辺に住んでいて、結構よく買うという饅頭を買ってくれました。
IMG_0003 3
IMG_0008 2
 
ここの味噌饅頭は柔らかく、餡もさっぱりしていて美味しかったです。

その後、先輩の畑にいきました。畑といってもほとんど和紙を作るためのコウゾの木の畑です。
IMG_0004 3

こちらの中は、山繭のための桑の木かな❓何本も植えてありました。
IMG_0005 3
ここはのどかでした。人の声も、車も来ず、ボケーっと1日過ごしてもいいようなところでした。

帰りは、新所原まで一時間かかり、びっくりでした。浜名湖のふちをちょっと走るだけなのに、豊橋ー名古屋間よりも時間がかかるとは、思ってもいませんでした。でも、今度はアニメはゆるキャンで、かわいかったです。
IMG_0002 4

先輩は、一時死を覚悟したそうですが、畑作業などで徐々に元気になったそうで、歩けるまでになっていたので安心しました。

先週は、古い知り合い、友人に、煎餅などをもらい、今度は饅頭。あちこち青春切符でもらい歩いているようです。

青春切符と天竜浜名湖鉄道で気賀まで行ってきました

青春切符三回目、今度は東海道線から天竜浜名湖鉄道にのりつぎ出かけてきました。古くからのお世話になった仕事のできる上に性格のさっぱりとしたとても良い先輩が、癌になって北の国から気候の良い遠州に戻ってきたと聞き、尋ねてみました。

東海道線快速を豊橋で乗り換え、普通浜松行きに乗り、新所原で乗り換えです。
IMG_0009 3


IMG_0012.jpg

 天竜浜名湖鉄道に乗ろうとしたら、すごいアニメ電車が待っていました。
IMG_0011.jpg

IMG_0013.jpg

IMG_0010.jpg

なんのアニメかわかりません。発車したら、音が、グワーンとか、ボンとか頑張って走る音に混じってちょくちょく、木の枝にぶち当たり、ガガー、ザーなんて言います。乗るときに窓ガラスなどに横線が白く付いているわけがわかりました。

続く

鉄道に乗って出かけました

青春切符二回目です。青春きっぷは、一日乗り放題です。今まで乗ったことのない普通列車停車駅の駐車場に車を置き、名古屋行きなのに、岐阜行きに乗り、快速の泊まる駅まで行きそこから快速で上り列車に乗るということをやってみました。

これはいいです。駐車料金が安い上に、名古屋でみんなが降りるのを車内で待って、すぐに空席に座れるのです。結構いいなぁと思いつつ、飯田線を降りて豊橋の東海道線の帰りの電車に乗ろうとしたら、なんと、電車が一時間近くありません‼️
何か鉄道のトラブルが発生したようです。

駅では、ろくに現在状況を「車が陸橋にぶつかった云々」ぐらいしか言ってくれないので、スマホで調べたら、十分間隔くらいでくる東海道線の次の列車もその次もいくつも取りやめになっているようです。一時間弱待ってようやく快速に乗れましたが、こんなに列車が間引かれてもそう待っている人もおらず、時間だけが淡々と流れていきました。

なぜだ。と思っていましたが、よく考えると、同じルートを私鉄の名鉄がずっと走っているので、名古屋へ行く人はこんな時は名鉄で帰るのだろうと合点がいきました。青春切符の私はそういうわけにもいかず、予定を大幅に遅れ、帰った時はもう旦那は風呂に入った後でした。

私は名鉄は椅子が好きでないのでJRがいいのです。でも、こんなに電車の本数がなくなるのはやめてほしいです。

初夏の公園

公園の植物はすっかり梅雨の装いとなっています。
IMG_0001 4

紫の花はなんだろう。梅雨の曇り空の下、夏の爽やかさを感じます。
この日も、少し雨がパラパラして、はっきりしない天気でした。洗濯物が気になって早めに帰ったら、我が家の周辺は雨もなく無事でしたが。あと、ざっと降ったり、天気になったり。なんとも定まらない空模様です。

6/2 ,3大雨の日に伊豆に出かけました

本当はキャンセルしたかったのです。しかし、一週間前でも結構なキャンセル料が発生するので、不穏な雨の中、出かけました。途中で、愛知県境を過ぎるぐらいで物凄い雨。しかし、静岡まではなんとか普通の雨や、小やみで行けました。その後、伊豆山中を避けて行ったら、なんと箱根周りで行ってしまいました。でも霧ぐらいでなんとかやり過ごし、伊豆の道の駅で休憩しました。

ここらへんまではそうたいした事はなかったのです。しかし、伊豆高原の美術館へ寄ったぐらいからすごい土砂降りで、近くの湖も溢れそうです。ほうほうの体で、見学を五分ぐらいでやめ、宿に着いたら、雨は小降りになっていました。

宿の料理 朝ご飯の一部
IMG_0003 2
IMG_0002 3

この宿のパンは手作りでした。
IMG_0000 4


すごい雨と風で、結局どこにも行けず、宿に着いたのです。宿はひどく無愛想で、時間に厳しく、旦那がロッテンマイヤーさんだと言っていましたが、料理は良かったです。そこで伊勢海老の塩焼きや舟盛りを出してもらい、その夜は満足して過ごしたのですが、帰りは、静岡、愛知の県境で高速はどこも使えず、下を降りても動かない車ばかりで全然進まず、夜遅くなりやっと帰宅しました。

途中の伊豆や沼津の海の眺め
IMG_0005 2
IMG_0004 2

どんよりしています。
IMG_0006 2

美術館の庭
IMG_0007 2


雨を体験しに行ったかのような旅でしたが、新東名を使って行ったので雨にやられることが少なかったのだと思います。新東名はトンネルばっかりですから、雨に強いのです。
 

お土産
IMG_0009 2


ドウダンツツジを見てきました

ドウダンツツジが見事だと聞いて、岐阜の大龍寺へ行ってきました。屋内へ入ったら、激しく雨が降ってきました。が、出る時には止みました。
IMG_0702.jpg

寺について、お庭を拝観すると、見渡す限りドウダンツツジです。こんな見事な躑躅は初めてです。
IMG_0700.jpg

ちょうどお釈迦様の誕生日でした。甘茶をかけて帰ってきました。いいことありそうです。子供の学校が仏教系だったので、花祭りは欠かせない行事でした。4月は花祭りだとずっと当たり前に頭にあったのに、子供も大きくなり、社会人になって、花祭りも小さなお釈迦様のこともすっかり忘れていましたが。
旦那が「学校のお釈迦様もこれくらいだったか」なんて思い出していました。
花祭り、結構面白い行事でしたが、と言ってもお釈迦様でなく、大先生のお言葉の真似とか、生徒がしていたのを子供が話してくれたりして、面白かったのです。
というわけで、小さいブッタ像を見るだけで笑いが出ます。

IMG_0701.jpg

富山の木彫り

日見に行った帰りに、砺波によりました。木彫りの館があったので、少し寄ってみました。
大きすぎる七福神さんたち
IMG_0597.jpg

全てが大きいです。
IMG_0598.jpg

桜とマスク

桜がよく咲いています。もう、散り始めているぐらいです。桜の名所は人手が多く、平日でもゴザを敷いて花見をしている人たちが多いです。もう4月です。日中は暑いくらいで半袖の人もいます。ただ、行き交う人はほとんどがマスクをしていて、ノーマスクはあまり見かけません。花粉症の人も多いので、こんなもんなのかもしれませんね。

私はマスクしなくても良いとなった3月13日からずっとマスクはしていません。初めはマスクをしてないのがちょっと気が引けましたが、この頃はマスクをするとかしないとか、周りのことはどうでも良くなりました。
マスクをしてないと言うことで気になる人もいるようですが、さすがに面と向かって「マスクをせよ」と言う人はいないので、安心しています。ただ、美容室で「お客さん、マスクをお願いします」と言われ、マスクをくれたのでそれには従いました。

美容院は多分他の客がうるさく、客にマスクをしてもらわないと文句がくるのだろうと思います。めんどくさいですね。
近くの桜、満開です。鶯も来ていました。
IMG_0653.jpg

氷見でのお土産

金鍔です。
IMG_0592.jpg
 
そして、富山といえば蒲鉾です。チューリップの蒲鉾です。板がないので、普通のかまぼこより、食べ出がありました。
IMG_0584.jpg

燻製サラミ入りの蒲鉾
IMG_0593.jpg
これらのかまぼこはシコシコとしているし、サラミ入りのものはコックリとして味わいがたまりませんでした。

あとは昔亭のマスの寿司です。ここの寿司は多分富山と言わず全国で一番安いますの寿司でしょう。ずっしりと入って、六百円台でした。味は普通です。結構お得です。
IMG_0595.jpg

富山は昔、何度か高山本線で往復しましたが、より早い北陸本線にしても遠く、なら、車で北陸道で行くかとすると、金沢あたりで疲れてしまいます。昔はそんなこんなで富山まで行くのは遠すぎて行く気にならないという感じでしたが、東海北陸道を使って車で行くとスイスイと楽に行けると言うことがわかりました。多分、北陸道を琵琶湖沿いに沿って走って金沢まで行くより、早いのではと思います。

氷見などは、外国で有名でないせいか、全国で見かけるシロアリのような中国人観光客もおりません。朝食もバイキングの食べ物を食われ尽くされると言うこともなく、ゆっくりと過ごせました。

また行きたいと思っています。




氷見の港

氷見の港には、帆船がありました。この時は点検中で中には入れませんでしたが、普段は見学できるそうです。船を見るとどこか遠くに行きたくなりますね。立山が見えないのが残念でした。
IMG_0602.jpg

港には食堂があり、漁港女性部食堂で定食を食べました。白エビのかき揚げもついていました。どちらかといえば普通な感じで、刺身は鰯中心でした。
IMG_0600.jpg

チューリップはまだ咲いてませんでした

砺波のチューリップ公園へも寄りました。ポツポツと人はいましたが、チューリップは咲いておらず、わずかに会館の中側の入り口付近のプランターの植え込みのみでした。
IMG_0010.jpg

途中のひるがのあたりではまだ雪があったので、流石に低地では、チューリップは温室でないと無理でしょう。帰りはいくつか道の駅により、帰りました。富山県内は、土産の種類が多く、楽しめました。

氷見の宿で酒飲み放題でした

宿は氷見の温泉旅館に泊まりました。元々、料理自慢の民宿に泊まる予定でしたが、3月に入ってから、空きがない宿が多くなり、出発日前日の抗原検査の陰性を確かめてから、宿を探したら空いている良さそうなところは、永芳閣ぐらいしかなくそこにきめました。

宿に着いたら、貸切露天風呂もプランの中に入っていて、どうでもいい気がしたのですが、入ってみたら広くて洗い場もゆったりしているし、ドライヤーなどのドレッサー周りなど、なんでもグッズは揃っているし、広いです、おまけに冷たい水も飲めました。貸切風呂なんて、小さい風呂がちょこんとあるだけと馬鹿にしていました。しかし、ここの風呂は大浴場の家族版といったていで、非常に良い風呂設備でした。

夕食は、これもびっくりで、酒飲み放題なんて聞いてなかったのに、標準でお酒が飲み放題でした。それも日本酒の種類が18種類。全て富山の地酒です。
IMG_0007.jpg
IMG_0009.jpg

それにもちろんワインビール、その他の洋酒などたくさんありました。
料理は一番少ないプランでしたか゜、十分な量でした。

刺身は新しくおいしかったです。
IMG_0008.jpg

算額

射水市の放生津八幡宮です。なんと算額が掲げてありました。それも、現代のものです。昔、数学好きの人たちが神社に数学の問題を算額として掲げて奉納していたということは知っていましたが、現代でもあるのですね。

ここのは、建築学の額のようです。構造力学、何か建物の強度の問題かな。
IMG_0003.jpg


IMG_0005.jpg

ここの狛犬さんは、とっても美しくかつかわいいです。今まで見た狛犬さんの中ではダントツ一位です。素晴らしい、彫り物です。
IMG_0004.jpg

富山に行きました

かねてから行きたいと思っていた、富山の高岡、氷見に行ってみました。高岡で大仏を見ました。ちょうど中国人がたくさんきており、境内もトイレも中国語が響く変な空間となっていました。百メーターぐらい遠くで彼らを見かけて、「中国じん」だとすぐに察しましたが、やはりそうで、言葉を聞かなくてもなぜ遠くからわかるのだろうと、我ながら不思議です。

IMG_0006.jpg

大仏さんは、普通というか、グッと来る感じではありませんでした。納経所の尼さんは、そちらに行っても知らんふりをしていて、声をかけるとただ、「三百円」とぶっきらぼうで感じが悪く、「うっ」ときました。奈良や滋賀と違って、駐車場が無料だし、そこいらに市の無料観光客向け駐車場があるので、まぁいいか。
しかし、神仏と言いつつ、ただの金儲けで、税金タダとは、宗教法人はやはり課税をすべきだと尼さんのあの感じの悪さを思い返しつつ、思ってしまいました。

普門園 続き

興正寺の塔です。この奥の階段を登った奥に普門園はあります。
IMG_0306.jpg

いくつかある部屋の一つです
IMG_0310.jpg


襖のとってです。なんと松ぼっくりです。
IMG_0301.jpg


ちょっとわかりにくいですが、鉢は梅の木で、もう咲いていました。
IMG_0311.jpg


お茶をいただいた部屋には大きな火鉢がありました。この火鉢の絵が面白く、奴さんや、カラス、サギの絵が施されていました。
IMG_0307.jpg

カラスの柄とは珍しいです。
IMG_0308.jpg


普門園の見学とお茶

八事の興正寺の普門園の見学とお茶を味わいに行ってきました。普門園には竹翠亭という大正時代の建物があります。そこでお茶をいただきました。

この建物が素敵すぎでした。昔の日本の趣向をこらした贅沢だけどすっきりとした建物がたまりません。

ガラス戸越しの向こうの茶室
IMG_0311.jpg

着物姿の友人が絵になります。
IMG_0312.jpg

欄間 曲線の一枚板の下に、竹が通してあります。これもいい。
IMG_0314.jpg

上の戸袋の襖の引き手は蝶です。これは場所により、違う形にあつらえてありました。
IMG_0313.jpg

あとは次の回に書きます。


浜松餃子など

せっかく浜松に来たのだからと、浜松餃子を食べてみました。餃子十個とご飯汁物で1100円です。味はさっぱりしていて美味しかったですが、普通の餃子で特別の感じはありませんでした。

石松餃子の餃子です。
IMG_0133.jpg

三日日の道の脇の畑にはみかんがポロポロと落ちていて、道路にばらけていても誰も拾っていませんでした。
IMG_0131.jpg

帰りに寄った龍潭寺です。
IMG_0135.jpg


IMG_0137.jpg

IMG_0134.jpg

紅葉がまだあり、綺麗でした。
IMG_0136.jpg

焼津へ行きました

高速道路を東へ。焼津まで行ってきました。目的は焼津港の生シラスと桜海老です。焼津には漁港がいくつかあり、そのうちの一つ、大井川漁港のさくら食堂でかき揚げ丼定食をいただきました。大きいかき揚げが二つご飯の上に乗っています。
IMG_0079.jpg

画像が大きいですが、かき揚げは本当に大きかったです。
IMG_0080.jpg

漁港から船がいくつか見えました。
IMG_0078.jpg

大井川漁港直営のさくら食堂は客がひっきりなしに出入りしていました。丼などは、街の中の魚センターの値段より四割くらい安かったかなぁ。かき揚げも大きかったし、桜海老もいっぱい入っていて満腹になりました。残念なのは、この日は天候のためか、生シラスがなかった事です。桜海老、生シラスとも、漁に出られる時が限られています。また、漁のある時に出直します。
IMG_0077.jpg

リス村

岐阜の金華山に行きました。仕事で近くまで来たことはありますが、金華山に登るのは初めてです。ロープーウェイで登り、まずはリス村でりすと遊びました。
IMG_20220803_094700_copy_460x345.jpg


リスは非常に素早く走り回っており、朝早く行ったせいか、お腹も空いていた模様で、餌やりをするとすぐに寄ってきてケンカしながらピーナツの粉を食べていました。リスが可愛すぎて結構な時間を過ごしました。
IMG_20220803_094723_copy_460x345.jpg

青春18きっぷを使ってみました

青春18きっぷ、レンタルで一回だけ使えるということは知ってはいても、電車が混んでいるのでは❓とか、レンタルってちゃんとすぐ返せるか不安だ❗️とかで利用してませんでした。しかし、近鉄の株主券を使って、普通電車などで名古屋から鶴橋まで行った時、暖房がなく寒すぎました。ネットで調べると夏は暑いとか❗️いくらなんでももうこんなのは嫌だと思い、今回は和歌山まで青春切符で行くこととしました。

青春切符だと、名古屋までわざわざ名鉄で行かなくていいし、鶴橋から和歌山まで別に乗車券を買うこともありません。レンタルでは2650円で一日分の乗車ができます。名古屋から和歌山まで往復し、かつ京都などで途中下車し用事を済ますこともできます。

近鉄だと、名鉄で名古屋駅まで行き、乗り換えですが、JRだと最寄り駅まで行って、そこから直接JRに乗れます。ですので、自宅を出る時間が30分は遅くてよくなりました。その上、近鉄は、下駄電にのる時間が全体の約2/3で多いのですが、JRは全て普通の座席かつ、座り心地も良いです。そして冷房も適温でした。

今までは帰りは高速バスなどを使いましたが、それだと時間がかかる上に、名古屋駅から名鉄に乗り換え、帰らねばなりません。それで帰るのが八時くらいになっていたところ、今回は途中で京都にて一時間ほど用事を済ませ、また電車に乗ったのですが、家に帰ったのは六時半でした。さすが東海道線、新快速です。早いです。

五条で用事があったので、地下鉄に乗りました。
IMG_20220802_153702_copy_460x345.jpg


青春切符、我が家から和歌山まではとても使いやすく、安いということがわかりました。

途中の駅を撮ってみました。
IMG_20220802_125615_copy_460x345.jpg

この頃は節約ということで、和歌山まで行くのは年に二回程度に控えていましたが、これからは青春切符のある時は行こうと思っています。ただ、これをみて皆さんも青春切符で行ってみようかなと思われると思いますが、東海道線を土日祝日に青春切符で行くのは、非常に混むということと、席の争奪戦になり、座れないことが多いということを予想していかれた方が良いと思います。私は平日に行ったのでよかったのです。土日は、大垣、米原などで席をゲットしないと長時間立っていることになります。

JRは下駄電ではなく、座り心地の良いシートです。
IMG_20220802_165754_copy_460x345.jpg

洋上の日の出

四時33分前後でした。洋上の日の出と思っていたら、伊豆半島の上から出たので、その時間は空は明るくなってきましたが、太陽はよくわかりませんでした。太陽の方向から左に六十度ぐらいかもっとか、視線をずらすと雲間に富士山が見えました。
IMG_20220707_044437_copy_783x587.jpg

太平洋フェリーの中の階段とエレベーターです。船の揺れが大分あったときは、階段の手すりや廊下の手すりをつかんで移動していました。
IMG_20220706_200355_copy_783x587.jpg

苫小牧からフェリーに

南千歳からすずらんに乗り、苫小牧まで。
IMG_20220705_161821_copy_783x587.jpg

フェリーターミナルについてじきに乗船手続きが始まりました。太平洋フェリーに乗って、名古屋まで帰ります。
IMG_20220705_172153_copy_783x587.jpg

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
214位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
57位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト