FC2ブログ
   
05
1
8
29
30
31
   

この頃の夢

この頃は明け方から目が覚めるまで、あまりにもぐったりと眠りに入っているようです。それで何か夢を見たなぁとは思ってもな内容は思い出せません。夢をみたような気がするならまだ良い方で、夢も見てない時が多いです。

眠りが深いということでしょうか。体が布団に食い込んでいるぐらいのぐったり感です。春眠暁を覚えずと言いますから、春の気候が眠りを誘っているのでしょう。なんにせよ、夢を忘れるといけないので、見たらすぐに記録に取っておきます。

飛行機にいつの間にか乗っていた夢

今日の夢です。たくさん見て、起きてすぐは覚えていました。しかし、旦那のご飯を急かす雰囲気でそちらに意識を傾けていたら、気がついたらほとんど忘れていました。やはり夢は書き留めておかねばいけません。

夢の最後です。友達が切符を無くしたとか言い、慌ててそこらじゅうを探しています。遠くにアコンカグアのような雪山が見えています。長距離バスで中国から脱出しなくてはいけないのに、ないのです。うろたえていたら、画面が変わり、飛行機に乗って飛んでいる光景が出ました。なぜか飛行機でその場を難なく脱出したのです。

私の夢は今まで乗り遅れそうなとか、乗り遅れるとか、きりきりで焦っている夢が多かったのですが、それもありつつ今回は余裕ですでに出発している夢を見ることができ、嬉しいです。

ヒマラヤに登る夢

ヒマラヤに観光に行きます。夢なのでなんでもありです。ホテルから、登山列車でヒマラヤ山頂まで行きます。しかし、出発時間になってもグズグズしていて集合時間に遅れそうです。でも気にしません。荷物をいっぱい持って列車に駆けつけたら、発車時間が遅れたようでまだ乗れそうでした。

以上の夢です。

この一月、二月は火事やその他の不吉な夢ばかりでした。この四月になり、マシになったような気がします。ヒマラヤの夢とは意味不明ですが、綺麗な山の夢でよかったです。

 トンネルの夢

今日の夢です。

静岡に大きなトンネルが開通しています。それのことを大学の同級生が素晴らしいとマスコミのインタビューに答えています。トンネルはいろんな岩石を物ともせず綺麗に掘られ、作りあげられています。

他にもそのようなトンネルを素晴らしい技術力で掘り進めるようです。ただ、静岡のそのトンネルはすぐできたわけでなく、時間と技術者、現場の作業員の超人的な取り組みで出来得たようです。それだけの素晴らしいトンネルなのです。

以上の夢でした。

車の夢

どこかへ出かけて、夜か夕方か、車のボンネットの中を覗くと小さな火が見えます。チロチロ、小さな火です。ボンネットの中なのに、運転席のハンドルの下あたりから中をのぞいて火を見たのです。

旦那とこれはまずいと、外に出て見たら、牛みたいたな男が来て、何か質問してきます。危険かも知れない‼️と思い、旦那と車を手で押したりしながら、逃げることとします。車は中で小さな火が燃えているのですが、エンジンかかるかも知れないと思いながら旦那と岐阜との県境辺りから愛知を目指します。木曽川を渡ると岐阜から出られるのです。

後から思い出したら、あの牛男って、前見た夢の野蛮な男だったと気づきました。

まだ間に合う夢

何日か前に、不吉な夢をみました。どうも嫌なのでここには書いてません。

今日の夢はどこかに出かけている夢でした。山形かどこかに旅行に出ています。周遊券みたいな、24時間切符みたいな時間制限がある切符です。出かけてすぐにもう三日目の夜だということに気づきました。「あっ」これは三日間有効のはずだから、帰り道、夜中の12時までのほんの少ししか使えない。そう思いましたが、「しょうがない。結局あんまり使わず返って割高だけど金を払えば良いさ。今から帰ろう。」とそう気にせずに、改めて切符を見たら

27だったか、28だったか、数字が書いてあり、この日まで有効となっていました。

この数字いやにはっきりと出ていて変だなぁと思いつつも、目が覚めてから色々としていてから思い出したら、どっちなのか忘れています。なんだろう、この数字は‼️
今朝の夢でした。私は夢は朝見るのです。

父の夢と子供の試験

一月の末だったか❓二月に入ったところだったかも知れません。亡くなった父の夢を見ました。
昔、学生時代過ごした街のバスに父と乗っています。父はそんな他所の町の人に気さくに声をかけています。

バスがある建物の前を通りかかります。
「ここで孫がこの春から働き始めるんだよ。◎○、、、」
「あぅ」
慌てて、父を私はたしなめます。父はみんなに孫である私の子供の就職が嬉しくて、自慢したくてたまらないようなのです。

父の夢は前はよく見てました。本当に肉体的な感覚もある夢も何度かあります。今回の夢は思いグセとかでなく、本当に父が出てきた感覚がありました。そして、それが子供の試験の前だったので、これは現実に先行している夢なのではと思い、「試験はうまく行く」と不安な気持ちにかられそうな二月前半の時を落ち着かせてくれたのです。

そして、ようやく試験結果が出ました。ー合格ーです。
やれやれです。ふっふっと母の気配もして「大丈夫だ」なんて言っている気もしました。やはりあの世はこの世より先に行っているのではと思いました。

家とおじさんの夢

何日かまえの夢です。

知っているおじさん[自分の親よりも何歳か歳をとっている人]が怒っています。この人は穏やかそうな外見だけど、不機嫌で無口で、怒りっぽいのです。その人の家に、我が家の荷物をしまってあって、それが結構ぐちゃぐちゃに押し込んであります。
「他人の家にこんな荷物を置いておくなんて、我慢ならん」とおじさんは我が家のものを外に放り出しています。
ー置いていいーと言われていたはずだがと思いつつも、ギョッとしたのは、おじさんの家と思っていたその家は今まさに私が住んでいる私の家で、荷物もそのまま自分の家にツッコミ放題、入れてあるだけなのに気がつきました。

えっ❓ここって自分の家で自分の荷物が入れてあるだけで、おじさんが怒るも何も、関係ないじゃん‼️
変な倒錯した夢です。そこで目が覚めました。

Mおじさん、そう言えば先々月、急に具合が悪くなったと言っていたなぁ。もしや❓気になりますが、おじさん宅に電話するのはしばらくはやめておきます。

あべ総理の夢を前に見ましたが、妙に気になります

安倍総理と会議に出る夢 エレベーターに乗る夢
 以前見た夢です。これらの夢は妄想とかでなく、本当に夢で、しかも見た本人の私が、ありえないと首を傾げる夢でした。思い癖とか、気にかかることとかならわかりますが、この私が安倍総理を待たせて、エレベーターに乗り、会議に出て帰ってくるだなんて、本当に絶対思い癖とかではありません。ですから、この夢のことは本当に不思議で、「なぜ❓」を感じます。

夢の中の私はこの会議は出席したくなく、行きたくなかったのです。でも、安倍さんが粘ってずっと待っているのでしょうがなく行ったのです。ただ、何を話したのか、他に誰が出席したのか、全くわかりません。なので、ずっとこの夢は引っ掛かりがあり、その内容、その他を知りたいと今でも思っているのです。

会議が終わって、6階以上の階から3階だったかとにかく二階以上の階です。降りようとしたら、荒涼とした月面みたいな、それより厳しい岩山砂漠のような風景が広がっており、「これは降りれない」と思い、エレベーターに戻り、一階までおりました。そこはもう私一人で、他の人は安倍さんも含みいなかったです。そこから、賑わう渋谷の街をチャリか何かで帰ったのです。

あれからこの内容の詳細の夢を見たいと思っていますが、見ません。でも、今この記事を書いていて思ったことがあります。三階ぐらいで降りかかり、酷く荒涼とした岩だらけのところだったのは二階より上だったからかもしれないですね。
三階の風景は誰も住めそうにない感じで、多分、二階までそうなっていたのかも。
でも、今思うと、二階って、二階幹事長じゃあないの❓何か恐ろしい感じがします。

しかしながら、一階まで降りたら、普通だったのです。私は安倍さんと他の何人かと何を話して、会議したのか❓夢の話なので自分でも全くわかりません。夢の中の二階のエレベーターの扉の向こうは今思うと、岩山より怖い景色があったかもしれません。ただの夢の話です。

うんこと手を洗う夢

あまりにも汚い夢だったので、旦那に話すだけでやめておこうと思ったのですが、気になるので載せます。

どこかでうんこをします。便器は水色で和式です。うんこを流すのが普通ですが、この便器ではうんこは流せないと言われます。そこで、清潔な砂が広がっているところに手でうんこを持っていって、埋めます。自分のうんこなので、うんこはそう汚くないですが、生の手で埋めたので多少手についています。

場所が変わり、四角い大きな畳大ほどもあるような金盥で手を洗えと言われます。みんなここで手を洗うのだと言うことです。「えっ」と逡巡しますが、手についたうんこをとらないていけないと思い、洗います。その後、持参のペットポトルでまた手を洗います。

そのときは自分のうんこが入った水でみんなが手を洗うのはいけないと思ったのですが、あとで、その水はみんながうんこの手を洗った水だから自分の手がみんなのうんこで汚れたのでは❓なんてギョッとします。

以上の夢です。旦那にはコロナのことを思っているから見たのだろうと笑われました。しかし、私はこの後、アライグマ🦝と化して手ばかりあらっています。
以上の夢でした。

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
42位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧