FC2ブログ
   
07
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今度は美術展で

昨日はオルガンコンサートの後の振動、ふらつき、めまいについて書きました。その後、今度は美術展に行きました。絵画、彫刻、写真etc色々とありました。一度も見たことのない美術展でしたが、流石に愛知トリエンナーレみたいなことはなく素人でもこれは美術だと思えるものばかりでした。でも、賞がついているものは私や旦那からするといったいこのどこがいいんだろうと思えるものばかりで、つまらなかったです。

いい感じのものも多少ありつつも、あんまり惹かれるものもそうありませんでした。でも、色遣いとか参考になるものもあり、写真の中にこれはと思えるものがあったのが良かったかなぁ❗️

まぁまぁそこそこ楽しませてもらい会場を出ようとしたところ、ぐらんぐらんと揺れます。うわっまた振動が‼️クラクラする‼️そのまま家に帰りましたが、風邪なのかなぁ❓
絵を見る前はなんともなかったのに、見終わったらクラクラするなんて、姿勢がいけなかったのでしょうか❓運動不足かもしれません。

遠距離通院ー目が昔から悪いです〜ハングル放送が痛い

私は目が非常に悪く、20年ほど前には片目を手術しました。その上、非常に強い近視なのです。あんまり度が進みすぎ、本を見ても見づらいし目も頭も痛いし、このままでは見えなくなってしまうかもという危機感を抱いていましたが、どこの目医者もなんの策もないようで、常に不安を抱えていました。
そんな時、昔、図書館で見た本を書いた漢方の目医者さんが代替わりするという連絡をもらいました。実は子供も目が悪く、赤ん坊の頃その和歌山の漢方医を訪ねていき、診察してもらったことがあるのです。

そこで意を決し、和歌山まで行ったところ、じっくりと見てもらえました。先生は若先生になっていますが、それからずっとその目医者さんに通っています。漢方は全身を見るので、眠りがもっと深まるるような薬も飲んで寝ました。するとポカポカと体が暖かくなるのを実際に感じ驚きましたが、今は慣れてしまいました。

通い始めてから、三年目かな❓頭痛や、眼痛、歯痛はだいぶ少なくなり、何よりも本とかが前より見やすい感じです。
しかし、和歌山までって、遠いです。今は近鉄や高速バス、JRを使い分けて乗っていますが、遠いです。今の季節は星を見て家を出て、星を見て帰宅しています。

電車に乗っていてなかなか慣れないのは、車内案内板や放送が、中国語、朝鮮語でやっていることです。ふと気づいて慌ててここはどこ❓なんて耳をそば立てても案内板を見ても、ハングルでは全く分かりません。大阪の人、関西の人は土地勘があるから良いですがよそ者には数分でもハングルだけの案内は辛いです。中国語だと漢字で駅名ぐらいはわかるのですが❗️外国語は英語だけではいかんのかな❓

少年ドラマシリーズ

以前にもブログに書いたかもしれません。昔のNHKの少年ドラマシリーズに超能力ものがありました。時をかける少女や七瀬ふたたびなど面白いものがあります。七瀬ふたたびも、時をかける少女も何年か前まで動画がネットに出ており、最初から最後まで見ましたが、昔の少年ドラマは今見ても面白く、また見たいとなんども思ってしまいます。

この七瀬ふたたびに出ているのがいろんなタイプの超能力者です。念力を使う人、予知能力者、人の考えがわかる人、時を遡れるタイムトラベラー。これはドラマ、おしばいの中での分類です。世のスピ教室やワークではこの中の何の能力を高めようとしているか❓

他の次元との存在と交流し情報をつかむ能力がまずは挙げられます。これが9割ぐらいでしょぅ‼️

しかし、ドラマでは、

◎ミディアム、チャネラー。これはなんでしょうか❓異界の人や存在と交信できる能力。目に見えない存在から情報をもらい伝達するという能力なので七瀬ふたたびの中に出てくる人たちとちょっと違う気がします。お化け、幽霊のことがよく見える人はこれらの能力がもともと高いのではと思います。
◎念力 これは私が今まで接してきたチャネラー、ミディァムでもその能力は見たことがありません。できても見せない人がいるとは思いますが、数は少ないでしょう
◎予知 これもあまり聞きません
◎タイムトラベラー これも聞きません
◎テレパス 人の心が読めるはよく聞きます

スピの生まれつきの感覚があると自称する人は「感じる」とか「ナニカガイル」などと周りに言われますが、その感覚と七瀬ふたたびに出てくるような感覚とは少し別のようです。テレパスは持っている人が多いですが、大はずれの時もあります。

ただ、普通と思っている人でも、幽霊には合わないし何も感じないけど、予知やタイムラベラーのような経験がある人もいると思います。自分自身が多次元を行き来することとチャネリングなどとは大雑把な不思議体験としては同じような感じですが、やはり違うのかもしれません。

10月の試験はやめました

今月の試験が終わっても、次の10月の試験を受けようと思ってましたが、やめました。
実は目が、使い過ぎのせいかますます見えづらいし、かすむし、頭も痛いしでこのまま続けていたら目がどうかなってしまいそうだと気づきました。この間のスピを楽しむ会で、みんなに目を使いすぎだ。なんて言われとうとう認めることにしたのです。
目を大切にするということ。体を大事にすること。それも大切だということです。でも、何かに没頭するというのは面白くやめられません。何かに打ち込み、没頭するのと、体も考えて頃合いを考えるというのと、バランスをとるにはどうしたらよいでしょうか❓遊びに夢中になりすぎ、熱まで出した小さい時の自分と歳をとった半老人の自分とあんまり変わってない感じがします。

MacBook Airが突然真っ暗に・・・

昨日、スリープ状態のマックブックエアーを開け、パスワードを入れエンターをポンと押したところ、画面が真っ暗になりました。
えっ・・・慌てて何度もエンターとか色々触ったのですが、全然画面は出ません。真っ暗です。

困った‼︎どうしちゃったんだ。
とりあえず、蓋を見るとちゃんとリンゴマークは明かりがついています。うーん。電源もついているけど、画面が表示されないのだ‼︎蓋を開けたり閉めたりし、まずは充電してみました。充電したら、元に戻るかもと思ったのですが、またもサインインすると、真っ暗。困ったなぁ。もしか壊れてたらどうしよう。そんなことを思いつつ、ネットでこの件を検索したら、出てきました。
色々とキーをたくさん押すといいようなのですが、なんとなく怖いので、ひとまずは一晩そのままに置いてから、朝もう一度試してもダメだったらそのようにやることにしました。

次の日、またも試したらやっばり真っ暗でした。
仕方ない。やるか‼︎

まずは電源を五秒以上押し、電源を落とします。
そしたら、コマンド、オプション、p、rの四つのキーを押し一緒に電源も押します。全部で五本の指が要ります。これを20秒ほどしたままにします。するとジャーン、ジャーン、と二回。私は長く押しすぎたのか、三回音がしました。そして指を離すと、リンゴマークが出て、サインインの画面となるのでそこで、サインイン。

ここでまた真っ暗になるか一瞬不安になりましたが、すぐに前の画面が出て、元に戻りました。おまけに、この頃表示されなくなったメールのお知らせが復活したし、やれやれと胸をなで下ろしています。
ここにも復帰方法が書かれています。困っている方、参考にどうぞ。

道を行くといつの間にやら、紫陽花がたくさん咲いているのに出くわしました。もう、紫陽花が...
大学の校舎の入り口にも大きな額縁紫陽花が咲いていました。

紫陽花は私はあまり好きではありません。なぜだろうと考えると、紫陽花の茂っているあたりからよく蚊が飛んでくるということと、紫陽花の根元がたくまし過ぎるのが引けてしまうからなのですが、一番は、紫陽花よりもこの時期、空の色が灰色にくすんでいて、紫陽花までも沈んでで見えるせいかもしれません。

本当はアジサイでなくてどんよりとした空の色が好きでないのだろうと思います。

ようやく半袖を着ましたが、すぐに長袖に戻しました

暑さ、寒さが安定しません。
今日は激しい雨も降ったりしているところも多いらしく、不安定な気候です。

庭はピエールドロンサールが大きく咲いていますが、ブルームーンも咲き始め、最後に白バラ、アイスバーグもまた花を咲かせ始めました。バラはしばらくは咲き続けそうで楽しみです。

庭はパンジー、カモミール、ストロペリーキャンドルはもうすでに盛りをすぎつつあるようで、夏の準備を考えているところです。


暑かったり寒かったりで

連休中です。寒かったり暑かったりで体がついていきません。
しかし、季節は夏に向かっていることは間違いないです。

そこで、ようやく冬のセーターなど、真冬の衣類を洗濯してしまっています。この頃はコートもセーターも、そして布団も丸ごと洗濯機で洗っていますが何ひとつ縮みも痛みもしません。悪くなれば、新しいものを買うのですが、いつまでたっても物持ちが良いうえに、服を買ってしまうのもあり、衣装缶もギュウギュウです。力任せにとにかく詰め込んでいます。でも、まだ全部とはいきません。

いったいどれだけあるんだ‼️

ものがありすぎなのだと思います。ふぅぅぅぅぅ

春の炬燵

シトシトと雨が降っています。今日の寒さは程よいくらいですが、暑いわけでもないのでネコにはコタツの暖かさが必要なようで、コタツをつけたらネコは中に入ったまま出てきません。
夏日に近い日もあればこのようにコタツが活躍する日もあります。本当に春の気候は気まぐれで、温度の変化にはついていけません。いつになったらコタツをしまえるのか❓予想もつきません。

春眠を起される

5月に試験を控えています。それなのに、なかなか勉強に身が入りません。そこで、昨日あることを決めました。
朝は普通に起き、朝のうちにスペイン語作文を書く。

そんな軽いことを決めたのですが、朝、5時に家族を送迎した後、少し寝ることとします。
まだ五時は早いので七時過ぎまで寝るつもりが❗️
-○△なんだかんだ~男の声が耳元でします。そしてその直後、-ガラン、ドン-と何かの物音が子供部屋からします。
なんだ❗️ この音は。音が気になり六時台に起きてしまいました。

なんとなく、誰か、肉体を持たない存在が、このままではまたも春眠を貪り、勉強しない羽目になると私を起こしてくれたような気がします。やる気がなかなか湧かなかったのですが、今日は作文と読解をやることができました。

不思議な声と音に感謝です。なんとなくやる気と勉強のエンジンもかかってきたようです。

新しいパソコンを買いました

去年から重かったパソコンが1月末から更に遅くなりました。その上、ウィルスソフトもうまく機能しなかったり、wifiもちょくちょくとぎれます。

こんなではダメだ‼️

そこで思い切っていつものWindowsと違うMacBookを買いました。先週注文してすぐには受け取れず、一ヶ月待ちということでしたが、1週間で到着し今日設定し、使っています。
我が家はWindows7が二台、どうせ2020年には使えなくなるということで、Windowsも 一台買ってしまいました。いっぺんに二台です。結構出費ですが、パソコンがないと生活に困ります。しょうがないですね。

マックを使ってみて驚いたのがその使いやすさです。充電ケーブルには延長コードも付いているし、至れり尽くせりです。設定も日本製のWindowsではやりにくいところや分かりにくいところが多かったですが、かいむでした。おまけにデザインもいいし、こんなにいいと知っていたら、最初からMac一辺倒にしといたのに...そう思えるほどいいです。

Windows10Lenovoの方は普通です。こちらも使ってみますが、マックほどではありません。

桜を待つ

あとどれくらいで桜が咲き出すか?
子供達の春休みも始まりつつあります。まだ寒いですが、桜のつぼみはもうずいぶん膨らんで開花も間近となっています。

2月もあと少しです

2月は何と言ってもスーパーのお惣菜コーナーに殺到していた買い物客たちの姿が印象的でした。節分の恵方巻きは昔はそう一般には知られてなく、関西の地方のちょっと変わった風習で、全国区ではなかったと思います。
それが今や2月の全国イベントになってしまっているかの感があります。コンビニの売らんかな旋風に乗って瞬く間に平成の2月の風物詩になってしまいました。
確かに売られている寿司を見ると美味しそうですが、やっぱり握りの方が食べやすい と恵方巻きは買ったことはありません。それに恵方巻き、高すぎます。半本で千円以上なんて、やっぱり買えませんー

日本史はもうしなくてもよい

資格試験で必要なため、今年一月、日本史の試験を受けました。

日本史...昔受験で選択しましたが、そうたいしたことはなかったです。大学受験も元来の天邪鬼のゆえ、なぜかもっと点のとれていた世界史でなく日本史で受けました。その時思ったのが覚えなくてはいけないことが大量にあるということです。私は記憶力がないということに自信をひどく抱いていたので、ろくに勉強しなかった覚えがあります。圧倒的な日本史の量に最初から白旗を揚げていたのと、もともと本をむちゃくちゃ読んでおり、その知識だけである程度の成績はあったので、それだけですましたのです。
あれから何年経ったでしょうか?何十年も経って日本史、古代から現代まで勉強することとなりました。
これは、本当きつかったです。
明治時代以降は昔は捨てていたのですが、そんなことではなかなかいい点数は取れません。自分の知ってることだけ書けばよいという学生時代の考えを捨てて、一度本気で勉強...覚えるということをしたらなにかがつかめるかもしれない。
一つ今までやったことのない挑戦をしてみようか!なんてことも思ったのです。

腹をくくりました。

9月の第四週から一月半ばの試験日までなんとか踏ん張ってみました。

結果は?自己採点ですがなんとかラインは超えることができました。
詳しくはまたブログに書きたいと思っています。
今はもう、あの日本史全部をやらなくてよいということに安堵しています。

がっかりな店

月曜日、あるお店に行きました。http://www.sakuwan.co.jp/
お昼はママ友たちがランチなどしているオシャレな和風の店です。
夜、家族と行ってみたら、ディナーメニューはなく1品ものばかり。
昼間に外の看板を見て確認したはずですが、一品をディナーセットと勘違いしていたという痛恨のミスをしていたことに気付きました。が、後の祭りとはこのことでした。多分ここはレストランというより呑み屋なのでしょう‼︎
仕方がないので寿司6貫を2人前頼んだところ、ネタも大したことなく二人で三千円以上の請求でした。なんか、虚しさがハートと胃とついでに財布にみなぎった夜でした。

家に帰ってまた味噌汁とおかずを食べて終わりとしました。

スペイン語放送を聞いて気づいたこと

去年、NHKの国際放送、アルゼンチンのニュース番組を聞いてみたところ、早すぎるし、単語がわからないのが多すぎる。ということで撃沈でした。

聞いてすぐ思ったのは、こんなこともわからないとは、やっぱり...(じぶんには及ばない。無理)

この考えをよく思考してみたところ、どうもごく小さいころの体験に基づいているらしいと気づきました。
私はもともとすぐにものを覚えることができませんでした。(手先、器用さのいるものは別)、できないことから-ダメ烙印-を周りから押されておました。情けない話ですが、自分より、自信たっぷりの他人を信用していたのです。自分を信じきれないのも手伝って素直に自分はダメだと判定を下していたのだと思います。

しかし...よく考えると私を-×-との判定を下していた人たちはそんなになにもかもできていたわけではありません。できないこともあったということを思い出しました。周りの人たちは、自分自身には失敗はとがめず、気にせず勉強をやり続けてできていただけなのかもしれません。そして他人には細かい失敗を取り上げ-×-な人間と判定していたのではないだろうかと思われるのです。自信たっぷりな人たちは-×-なことがあってもそうそう自信を失わずに何度も物事に取り組んでいたのではないかと思うと、-あれ?-と思わざるをえません。

人間の短期記憶は7ブラスマイナス2です。そして等しく、均一な忘却曲線を描いて忘れます。よくある知能検査でも一般的な項目です。

私は他人より忘れっぽいですが、このようなテストでは一般人と変わりません。と、すると...

今迄の-自分は特別×、忘れっぽい、できない-という考えは思い込みであって、実は私は忘れっぽい普通の人であるのでは?ということに気づいたのです。

英語が偏差値30から70になった人もいます。
その人は効率の良いやり方を進めます。
そしてその方法は、普通やいわゆるできる人のやり方や考えではなく、できない外国語のセンスのない人にとって有益な方法をやらねばならないのでは?と考えさせてくれました。

やり方...ではないだろうか?まずはダメなじぶんという特別意識を捨てるのだ!

今迄は全くわからない、あんまりわからないとなると→もうだめだ。無駄だわ。とあきらめ投げ出していましたが、ここで、反転し
いや、あれもこれもわかるでないか!これはいけるんではとできる所を思い出し細かいところに執着せずとにかく進む、これに尽きるのではないのでしょうか?
私は昔から細かいところが気になり、そこばかり考えているといつの間にか授業が進み、わからないところが加速的に増えて行きました。

ひとつを完璧に納得いくまで追うのは効率が悪いのだ!

時間は限られているけれど、覚えること、理解すべきこと、練習すべきことはあまりにも多いのです。そして、どうしても優等生と劣等生の差はあります。きっと優等生の疑問にも思わないところが私には疑問だらけで、普通はまるで楽に行くところがまるで箸にも棒にもかからないことがすこぶる多かったのです。
また、多分普通に単語とか覚えるのもなぜか横文字は何度やってもなかなか頭に入りません。学生時代も社会などは頭にすぐ入ったのですが、英語の単語テストなんかはひどいもので真面目にやっても、忘れる、間違える でさんざんでした。

今までのやり方はダメだ!自分に向いた自分なりのやり方でやるのだ。

劣等生ならそれなりの対策を立てるのだ。希望はあるし、地下から上るのは上り甲斐があるではないか!

それに優等生の辿る高速道路の旅はまわりを楽しませてはくれませんが、これが劣等生のけもの道を四足での旅は驚愕と希望をみんなに与えるでしょう!

theme : スペイン語
genre : 学校・教育

寒すぎる

暖かい毎日が続くなぁと思っていたら、急に寒くなってきました。
少し前に引いていた風邪も鼻水など、収まっていたのですが、この寒さのせいか2日ほど前、喉が痛いなぁと感じると同時に鼻水も出続け、また調子が悪くなってしまいました。しかし、薬を飲んだり体を休めたりしてだいぶ回復してきました。
そこでホームセンターで半額になっていたチューリップの球根を庭に約50個ほど植えました。球根を植えつけるには少々遅すぎるきらいがあります。12月だと寒すぎるのです。だから、投げ売りしているのですが。しかし、ある程度の深さに植えつければ大丈夫なのです。私はこのやり方で、今年も豪華にたくさんのチューリップが咲く庭を実現させました。この頃は値段が大幅に安くなる12月初旬を見計らってチューリップの球根を買い、植え付けているのです。そしてついでに秋に作っておいた忘れな草などの苗を一緒に植えました。
来年の春が楽しみです。

禅をきく会に行きました

先日禅をきく会に行ってきました。
https://www.sotozen-net.or.jp/wp2/wp-content/uploads/2018/09/eab18f61cbc782883b29c6b2b9f2b420.pdf
プログラムは お経の話といす座禅、元ドラゴンズの立浪和義さんの講演の三本立てです。お経の話は私が何度か用事で行ったことのある花井寺のおっさま。いろんな話をされましたが、ほとんど忘れました。

この後に椅子に座りながら座禅をするというのをやりました。これは良かったです。手を組む。約1メートル先の床を見て目を開けて行うなど、会場は大きなホールでしたがわかりやすい説明でやりやすいと思ったのもつかのま、座禅の途中にいい声の御詠歌が流れます。
これはいいです。ホールのいす席にもかかわらず、心身が静まるとともになんともいえないゆったりとした安堵感に身を委ねているのですが、半眼なので深い眠りに落ち込むことなく意識ははっきりしつつもいつもと違う感覚があります。
スピリチュアルの誘導瞑想とは違ったすっきり感がありました。

そして、立浪和義さんの講演です。
これは素晴らしかったです。PL学園のめちゃくちゃな寮生活を話されましたが、最後に印象に残ったのはあの頃すごいと別格扱いの清原さんでも朝早くからランニングやその他の練習を欠かしたことがなかったということ。立浪さん自身も小さい時から努力するということが好きだということを話されたのです。努力してできるようになるのが好きだということも言われていました。
この頃はスピリチュアル世界などでは努力なんていけない。楽しければ良いのだ。なんて言っていますが、私はこの立浪さんの努力という言葉には惹かれました。先に清原さんの練習の話をされたのも意味があると思います。

清原さんみたいな人でも頑張るのだから、なにかなりたいものがあったら、諦めずにやってごらん‼️
やり続けるうちに楽しくなるよ。やってみようよ。
なんて言われている気がしました。やり続けてすっとできるようになる。そんなこと私もこの頃ようやく感覚としてつかめる感じがあります。

できなかったことができるって本当に嬉しいです。私もまだまだやり続けます。

買いました

語学関係の本は英語はさておいて、他の外国語は中級以上の本はあまりたくさんは出ません。単語シリーズもありません。良さそうな本、参考書が出てきたら即買い−です。
というわけでイタリア語は全くやったことがないのですが買ってしまいました。これは中級ぐらいだと思います。きっと役にたつでしょう。

私は英語がまるでダメなので、イタリアに旅行に行くときのため、イタリア語をやっておきたいと思っているのです。が、いまのところボンジョルノぐらいしかわかりません。しばらくは歴史勉強の息抜きの音楽がわりに聞くばかりです。2018102119550013d.jpeg

庭仕事

しばらく手をつけてなかった庭を鍬で起こしたり、シャベルで掘ったりして.春に向け種を撒きました。
玄関前の庭ですが野菜の種、水菜とかリーフレタスなど花ばかりではなく野菜の種も少しまいちゃったりして!
我が家の前の道を歩く人からすると少し畑のようでへんてこな家だなと思われそうがまあいいでしょう。これからどんどん寒くなっていきます。ぐっと冷え込む12月ごろには毎日鍋をしてもおかしくありません。そんな冷え込む晩に庭でとれた野菜を入れると非常に美味しいうえに、買い物に行く手間も省け一石二鳥 更にタダというおまけ付き。一石3鳥だ!と、ほくそ笑んでいますが、全く大きくならなかったりして!
野菜はそんなところですが、花の種も植えました。パンジー、ビオラ、ストロベリーキャンドル、忘れな草、今からだと大きくなるかどうか微妙なところです。しかし来年の春には赤や黄色の花花が庭を賑わせてくれると信じています。

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
147位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
42位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧