fc2ブログ
   
04
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

桜と梅と

公園へ出かけました。桜、しだれ桜とその他桜草など春の花がいっぱいでした。
IMG_0001.jpg

桜草のピンクが鮮やかです。
IMG_0003.jpg

4月に入ったら、今までのズキズキとした腕の痛みがさっと消えました。歯痛のようなズキズキとした痛みではない普通の痛みはまだ続いていますが。 我慢できる程度になってきたので本当に嬉しいです。それと相まって、腕の痛みのためやめていた前の職場が、腕のことを考慮して配置転換してくれることになりました。それでこの4月から少しだけ復帰しています。本当にありがたいことです。

ただ、まだ痛み自体はひいていないので、今度できる新しい整形外科に行ってよくみてもらおうと思っています。4月からの職場への復帰に関して、家族が非常に心配していたのですが、行ってみたら本当にこの状態でもやれる仕事であったので 安心しました。

今日は家族と一緒に近くの公園へ行きました。前は桜もちらほら程度だったのですが、ソメイヨシノはすでに葉っぱが出始め散っていました。 しかししだれ桜は満開でした。
IMG_0001.jpg

そして2月に満開だった梅はすでに小さな実をつけています。
IMG_0004.jpg

何もないように見えますが、もう梅の実がなり始めています。
IMG_0002.jpg

家の庭も春の支度を始めなければと考えています。

暖かくなってきました

金曜日は桜が全然咲いてなかったのに、今日は結講咲いています。4/2明日は友人が旅行の話をしがてら遊びに来るので、桜がそれに間に合い、よかったです。

腕は相変わらずで、よかったり悪かったりです。 のおかげで音声入力も慣れてきたし、左手でハサミを使うのも上手くなってきました。箸を持ったりページをめくったりするぐらいは良いので、まぁ気にしてもしょうがないかなぁと思ってはいます。

月の半ばに新しい整形外科ができるようです。関節とリハビリと痛みを標榜しているようなので、そこに行ってみようかと思っています。痛みが少しでも少なくなればいいかなぁと思っています。 このようになったのも欲をかきすぎたせいです。 これからはもう少しセーブして何事もほどほどにしたほうがいいかなぁと思っています。

ためらいが多いが始めました

パソコンがあります。古いパソコンが何台だったかなぁ、4,5台はあります。ウィンドウズXP、7、10。 今使用中のものはウィンドウズが1台、Macが1台です。全てで七台あります。その他の古いもの五台をLinuxにしようと 画策していました。 最初はすべての古いパソコンをLinuxに変えようと思ったのですが、そのうちの2台はどうもスペックが低すぎて linuxに変えてもインターネットに繋いだら途端に重くなりそうだということに気づきました。

そこでその二台は、捨てることにし、残りの3台のうち古いもの二台をLinuxに、一番新しいものをは、まずはウィンドウズの 初期化をしてみることにしました。

パソコンって弄るのが、少し怖いですよね。マイクロソフトの登録もめんどくさいし、 というよりMicrosoftのアカウント登録とかが1番嫌です。 そんなわけで、リナックス導入についてはもう1ヵ月も前から考えていたのに、なかなか進まず、やっと今日ウィンドウズの初期化に手をつけました。すると、全然進みません。 サクサクと進んでいたのですが、パソコンが初期化画面に映ったら、15分以上も進捗状況が1分です。

これって失敗したかなぁと慌てて検索したのですが、検索しても何ともならないのでそのまま放っておいたら 30分経って進捗状況6分となりました。はぁー、たぶん明日の朝には再インストールというか初期状態に戻っているだろうと楽観しております。

まぁこれで使えなくなったら使えないでいいし、 そう大したことは無いのです。


ウィンドウズが再インストールできて、使えるようになったらこのパソコンでLinuxのためのUSBメモリーを作ることができます。今使っているMacで間違えてusbメモリでなく、 macにLinuxを入れてしまったら恐ろしいので、このウィンドウズを使いたいのです。 今日はいずれにせよ何もできないと思うのでこのままパソコンを放置することといたします。

1番は今使っているMacよりもっと容量の多いiMacを買うことです。 しかし、出費がネックです。財布との相談なので、それは何年か後になります。

腕の痛みと旦那の腕の痛み

昨年の秋から腕の痛みが続いています。わずかづつ良くなっていますが、まだ痛む時はシクシクと、時にはピッと痛みます。
エドガーケイシーの薦めるオイル湿布やマッサージをしていたところ、先月の半ばごろから旦那も肩や肘が痛いと言い出し、同じように湿布などしています。これが不思議なのが、私が今日は肩から腕、肘の外側が痛いなぁと思うと、旦那が同じところが痛いと言い、湿布をします。次に肘だけが痛いと思うと旦那も私が何も言わないのに同じところを痛いと言います。それが何日も続くのです。

なんか、歳をとったからお互いに腕が痛いのだろうと思っていましたが、それにしても変です。同じところばかり痛くなるのです。それに旦那は腕を特別使いすぎることもないのです。

旦那は以前、遠く離れた義父←旦那のお父さんが結石の症状になった時、同じように腹の痛みを激しく感じ、それがなん度もあったので、お父さんのところへ行って、ポカリスエットをよく飲むようにペットボトルをなん本も持っていったことがあったと思います。それからお父さんは水をよく飲みだし、結石で苦しむことは無くなりました。旦那もそれからは大丈夫です。

旦那の肘痛、もしかしたら私の腕の痛みを半分背負ってくれているかもしれません。だとしたら、申し訳ないです。
幸いなことに旦那も私も一頃よりは痛みが引いてきています。

お掃除ロボットを使うーneakasa N3 マッピングに一苦労

ネアカサを購入するにあたってこれなら我が家でもマッピングを分けてうまく使えそうだと思いました。サイトの説明によると3階建ての家でも各階に分けてマッピングできるということです。うちは、二階建てですが、畳とフローリングが混在していて、マップを少なくても三つに分けることができたらなぁと思っていたのです。

購入、使い始めて水漏れや、段差での羽根の脱落など、あっと思う問題がありましたが、段差は引っかかりそうなところはまずいものはあらかじめのけておいたりすること、水漏れは交換してもらったし、新しいものでもコルク床のモップ直下に薄いプラの下敷きを敷いたりして問題はクリアしました。

しかし、マッピングができません。まず第一にマッピングのページになかなか辿り着けないのです。そこで悪戦苦闘して、色々とクリックしまくった結果、
1 アプリの最初の画面の掃除機の画像をクリック
2 前やった所の画像が出るので、その右上半ばにある本のマークをクリック
3 するとマルチフロアマップというのが出るので、そこに出た前やった所のマップを選択クリック
これで2階でやった掃除マップができました。

2階のマップを保存すると今度は一階だと、下にロボット掃除機を下ろしてきて、同じようにやったら、下の掃除はしてくれるのですが、マップはできません。もう一度やっても同じです。

もう、嫌になってしまうよ。そう思いつつ、ネットで検索したら、ネアカサではないが他のお掃除ロボットでも違う階でのマップが全然できなく色々試してみてようやく分かったという方のブログがありました。その人によると、その掃除機はディボットだったと思いますが、ロボットの頭の中はほぼ同じっぼそうなので、その方のブログを参考に真似てみました。そのやり方は、違う階でマップを作るには最初に充電集塵機を違う階に下ろしてきて使うとお掃除マップが独立して作れるということです。

そこで試してみました。なんとちゃんとできました。
*集塵充電器を違う階に持って行くのはマップを作る最初の一回だけで良いです。あとは固定の位置に置けます。


ネアカサだけではないですが、お掃除ロボットの説明書って結構厚いのですが、多国語の説明で厚いだけで基本的なものだけでアプリの操作方法など何もありません。不親切です。ささっとネットにでも説明を書くだけでもいいのに、それがないのがマイナス点です。

IMG_1913_convert_20240229131952.jpg

あとは、結構きれいに掃除してくれるので不満はないです。ただ、猫が待機中のロボットに手を出したり、集塵機に飛び乗ったたりするとレーダーが誤探知して勝手に出てくることがあり、寝室で寝ている時にこうなると目が覚めてしまうのでこの頃は集塵機をダイニングキッチンに移動しています。レーダーが敏感なのか、たまに前を通るだけで出てくることもありますが、出た後にロボットが「あっ間違えた」と思うのか、「戻ります」と言って戻るのでいいですが、なかなかロボットというのは、人間くさいというのか、たまにいますよね。救急車のサイレンがなると飛び出てくる人って❗️出てみて近隣の人でないと知るとそそくさと引っ込む人。そんな人みたいで笑ってしまいました。

お掃除ロボットを使うーneakasa N3の水漏れ

初めてのとりあえず運転は何もアプリの操作ができず、そのままでしたが、水拭きを自動でしていたので、きれいになったと喜んでいたところ、ロボットの通った後に水滴がボトボト落ちていました。何かにぶつかったのかな❓なんて思いましたが、何も障害物のないところでした。後から考えると変でしたが、そのまま掃除は終わりにしました。

その後、二、三回使って電源ボックスの移動をしたところ、なんと、お掃除ロボットのモップの下の所の床が、水分であばたのように膨らんでいました。我が家の床はコルクなので水を含ませて拭かずにいると床があばたのように凸凹に膨らんでしまうのです。

「えっ」慌てて床を触るとしっとりと濡れています。 これは❗️
水タンクを外すとボトボトと水が床に落ちるではありませんか。水は250ccほど入れていたのですが、だいぶ減っています。どうやら水漏れがあり、下にこぼれ続けていたのです。
これでは何ともならないので、水タンクを外しておき、すぐにメーカーに知らせました。すると、すぐに担当の方から連絡があり、代替品を送るということです。

二、三日して、代わりの水タンクが送られてきて、はめてお掃除したところ、水滴をボトボト落とすことはありません。が心配だったので、床にプラスティックの板を貼りました。ここのお掃除ロボットの電源集塵ボックスはロボットが収まる時に他のメーカーは下に容器の底があるのですが、ないのです。モップのしたは直接床になるのです。モップと床の位置が一センチもないくらいなので、モップが湿り気を帯びていてもコルク床にはダメージです。そこでプラ板の出番となりました。

その後、水も少しだけにしてうまくやっていましたが、水タンクを出したり入れたりして持ちあげた時など、新しいタンクでもぽとぽとと水が落ちることがあります。前のものほどボトボトではないですが、どうもここの水タンク、水は床に落とすことがちょこちょこあるような気がします。畳の上に設置する方は下にプラ板を置かれることをお勧めします。ただ、普通のタンクならそんなに感じないのではとも思いますが。

タンクの問題はそんなこんなでこなしましたが、タンクの交換について、ネアカサの担当の方は非常に丁寧かつ迅速でした。対応は二重丸です。何かちょこちょこ不具合があっても対応は抜群なので心配しなくてもいいなぁと思います。

そして、次に大変だったのは、複数階のお掃除マップを保存することです。
続く

※少し腕の具合が良くなり、キーボードで入力しています。

お掃除ロボットを使うーneakasa N3を動かす

お掃除ロボットを使うにあたってまずは、ごみ収集電源ボックスをどこに置くかです。部屋の隅っこに置いておけばいいと思っていましたが、説明書を見るとこの箱は場所を取るようです。左右50センチづつ、前に1メーター50も空間を確保しろと説明書に書いてあります。

こんなに空間をとられるとは思わなかった...場所を取るなぁ。と思いつつも、適当に場所を決めました。左右、前に空間と背部には壁のところです。

場所を定め、スマホで主に動かすということなので、アプリをダウンロードすることにしました。これが、全然うまくダウンロードできません。小一時間以上すったもんでして偶然ぽくダウンロードに成功しました。後から調べると、このお掃除ロボットのアプリのダウンロードには手こずる人が多いらしく、この後この製品を買った知人も30分近くかかったということです。説明書の5,4Gなど切り替えてもうまくいかない時はいかないし、ここのアプリは結構鬼門かなぁと思います。

アプリを無事ダウンロードしたら、試しのお掃除です。最初にロボットの水タンクの水を入れて、モップを取り付けておいたので、そのまま「掃除を開始」を押してみました。すると、隅っこを羽根でかきあげつつ、少々走行。マッピングできたのか、お掃除を開始しますとロボが言い、ロボが掃除をし始めました。約二センチ強のパイプテーブルの足に乗り上げたり、二センチ強の敷居に引っかかり、羽を途中から落として掃除するなど、慌てることもありましたが、水拭きもしていてすっきりとした出来上がりに満足でしたが。

続く

お掃除ロボを使っています neakasa N3

腕が痛くて、掃除機を下げるのも、かけるのもきついです。何でも左でとやっていてもどうしても右手を使ってしまい、痛いです。

そんなわけでお掃除ロボットを我が家にも導入しました。最初はどんなものかよくわからないし、床置きができなくなり合わせて物を片付けるのが億劫と、なかなか決断できませんでしたが、家電量販店、ドンキ、ネットなどで商品を見たり、YouTubeの紹介動画を見ているうち、お掃除ロボットというものが大体掴めてきました。

ランダム走行のものと、無線などで家を把握し、うまく効率よく走るもの。
お掃除後のゴミを吸い上げるタワーがついているもの。ないもの。
お掃除の場所のマップを自動作成して、その中で一部箇所を指定できるもの、できないもの。
水拭きができるもの、できないもの。
バワーが千から五千台まであり、物により差があるということ。

当然なかせら上の全てを満たしており、パワーも大きいもので有名なのはルンバです。十万円以上します。
そこで私がいいと思ったのは、ゴミ収集ボックスもついてないですが、三角で隅々まで掃除できそうなパナソニックのルーロです。

これは小回りが聞きいいて思っていたのですが、ネットで紹介記事の多いユーロがいいかなぁとそちらに興味を抱いていたところ、アンカーというメーカーのものも良いとのネット情報がありました。ブロガーの話を視聴するとどちらも良さそうで、全部ついて六万くらいかなぁとそちらを視野に入れていたところ、ほとんどどのブロガーも紹介していない、neakasaというブランドのお掃除ロボがあることを知りました。

そこでneakasaを調べたら、ブロガーで紹介している人はポツポツ程度だけど、他のメーカーに勝るとも劣らない製品だと感じました。でも無名なのでもっと調べたら、アメリカ人が夥しいお掃除ロボットを精査しているサイトに出会し、結構いいとのことです。メーカーサイドでは、まあまあのブロガーに提灯記事でなくても体験記事を書いてもらおうとただでブロガーにお掃除ロボをあげて書いてもらうということが多くあるようです。

そのためなのか、宣伝費をあまりかけてなさそうな、neakasaは検索してもなかなか出なかったのだろうと思いました。調べに調べて外国人もいいという、neakasa。六万程度だろうととうとう買うことにしたら、アマゾンのブラックフライデーなのか、特別サービスなのか、本体セットと、掃除の羽根とダストボックスをつけて三万二千円台でした。

続く

近況と耳

実は、三週間ほど前に急にひどい耳鳴りに襲われました。耳鼻科に行ったところ、聴力も落ちているということで、メニエル病の薬などをもらいました。この病気は睡眠不足とストレスが大敵だそうでよく眠れるように、先生からいいマットレスで寝るといいとアドバイスをもらいました。

このような症状は実は何度も経験しています。薬を服用して約二週間でだんだん耳の雑音も聴力の低下も感じなくなってきました。やれやれです。腕もまだ治らないし、耳はこんなだし、ヘタレすぎて自分が嫌になります。手が痛いので、耳で聞くことをしようとしてましたが、これも難しく、思うようにはいきませんね。

何かに打ち込みものにしようとしてもなんやかや、ふがいない自分自身が原因で何も成せません。が、こんなものさと思い、生きています。

エンジンがかからない

昨日、子供から「車のエンジンがかからない」とのラインがありました。その後、ロードサービスを呼び、ディーラーまで車を運んでもらい、修理したとのことです。バッテリーが古かったらしく、バッテリーの交換で済んだようですが、ロードサービスを呼び、車がなおるまで、時間もかかるし心配だし大変だったと思います。

そして今日、農協にお買い物に出かけ、帰ろうとしたところ、車が動きません。何をどうしてもうんともすんとも動かず、ロードサービスを呼びました。
ロードサービスの人が車を点検し出して十分もしないうちに、車のエンジンがかかります。「えっ。なんと」
整備士の人によると、バッテリーが古くなり、エンジンがかかりづらくなったとのこと。エンジンを切らずに家まで帰り、そのまま修理工場に直行です。

修理屋では、「予約があって一時間後でないとバッテリー交換できない」と最初は言われたのですが、修理屋の質問に「車が止まり、動かないので、ロードさーぴすにエンジンをかけてもらってそのままここに来た」と言ったら、 「15分後にやります」との話です。
人で例えたら、救急車の急患みたいのものなのでしょう。結構早めに見てもらえました。結局、バッテリーの老化みたいでしたので、バッテリー交換を頼み、一件落着となったのですが、新年早々、家族で2回もロードサービスを頼むとは、今までにないことです。

車の手入れも点検もちょくちょくしないといけないなぁと思いました。

今日は右手を使って打っていますが、やはり痛くなるので、音声にゅぅ力に変えます。

部屋を使いやすく、綺麗に保つためには

腕の調子がイマイチです。掃除機を持つのもかけるのも右腕が痛みなかなか大変です。左手で主に持ち、右手は添えるだけにしてやっています。そんなことをある人に言ったら「ルンバを買うといい」と言いました。

お掃除ロボット ルンバ、電気屋に見に行ったら二十万弱から五万円ぐらいまでの品揃いでした。一番安いので五万弱、財布の紐が硬い我が家ではルンバなんて買おうとも思わなかったのですが、 右腕が痛いので考えてみることにしました。

とはいっても値段的には50,000円前後のものになってしまいます。一番安いお掃除ロボットでもお高いです。でも、今持っている日立の掃除機と比べれば腕の負担はなくなるでしょう。 腕の痛みが長引いている今、実は食器洗いは食器洗い機に任せていて、本当に助かっています。電気代や水道代金を考えるともったいないような気もしますが、旦那が「あるものはどんどん使え」と言ってくれるので、食器洗い機には大活躍してもらっています。

仕事も中断しています。 そのためか、年末から薄皮を剥がすような ゆるい速度ですが、腕の調子もちょっとだけ上向いてきたような気がします。やはり、お掃除ロボットを買おうかなぁと思っています。

とはいってもお掃除ロボットを使うには今までのような何にも考えないものの使い方、部屋の使い方、物の置き場所 ものの適度な数の選定、など。 今まで無意識でいた掃除関係、整理整頓関係について、意識的に考えて過ごさなくてはいけないと思い始めました。お掃除ロボットを使わなくても、 月に何回か、部屋の掃除などをお掃除屋さんなどに頼む場合でも同じです。人に頼むには物の場所は決めておかないといけないし、ある程度掃除が出来るように部屋の中を整えておかないと何ともなりません。

お掃除ロボットだけの場合は、床にものをおかないと言うことが鉄則だと思います。いつも床に置いてしまうものを先にどこに置いておくか考えておかなければなりません。考えるのは全く腕を使わないので腕には負担はかかりません。 掃除機を 部屋が汚れてから力任せにかけると言うよりも腕の負担は減ると思います。

やはりお掃除ロボットは自分には必要かなぁと思います。

購入を検討したいと思います。

*だんだん音声入力も速くなってきました。

今年もよろしくお願いします 2024 1 4

地震や飛行機事故などがあり、おめでとうと言うのも気が引けます。去年同様よろしくお願いいたします。

今年は1日から3日まで、ショッピングモールやデパート等に出かけました。 いつも買っているヤマサのちくわの福袋とコーヒーの福袋などを買って終わりとなりました。一日の朝、イオンへ出かける時に、猫が龍の置物を足で蹴ってしまい、二対のうち、小さい龍が玄関のたたきに落下し、粉々になりました。元旦の朝、今年の縁起物の龍が粉々になるとは、縁起が悪すぎるので、あえて気にせず、もう一つ、大きい龍があるからいいと、出かけましたが。

午後、すごい揺れに、びっくりで、能登では大変なことになっていました。

新潟から兵庫までの日本海側は大学の同級生先輩などが多く住んでいます。それで震源地に近い先輩にも連絡しましたが、無事だと言うことでした。よかったです。

その後近くの神社に 初詣に行きました。いつもなら自分の事や家族のことなどが頭をよぎり、 家族の安寧等を祈るのです。今年もそうしようと思ったのですが、なかなかどうもそういう考えが出なく、世の中のみんなが つつがなく今年を生きていけるようにと、そんなことぐらいしか祈れませんでした。

飛行機の火災も、驚きです。不意に災害は起きます。いろんなものを用意してないといけませんね。
カセット式のストーブ、笛、飛行機に乗るときはポケットのあるものを着用し、貴重品は身につけて着席すること、水の備蓄、靴、スリッパ、猫のキャリー、猫えさ、猫トイレ、猫砂、
すぐに思いつくのはこれくらいです。死ぬ時は死ぬので、それはそれでしょうがないですが、猫が困らないようにしておきたいと思っています。

右肩から手までの状態はごくわずかですがよくなっていると思います。仕事は無理です。家にずっといることとします。

偶然

1週間ほど前、寝ていて急に目が覚めました。そしてあることが頭の中をよぎりました。何年か前に亡くなった旦那のお父さんのX回忌がもしかしたら来年ではないだろうか。そんなことを思ったのです。 時間はまだ日の出前の4時位です。すぐに寝れば良いのですが、何か気になってしまい眠れなくなってしまいました。

目が覚めつつ、年数を何度か数えてみるとX回忌が 来年だと言うことをに気づきました。来年X回忌をやるかやらないかみんなを呼ぶか呼ばないかどうするんだと思いました。そのうちに眠気が来て寝てしまいました。

その後、 朝、旦那にX回忌をやるかどうかそんなことを話をしました。我が家はそれほどそう大した家ではないのできっちりとは法要をしなくても良いのですが、X回忌は結構な節目なのでどうしたもんかなぁと話をしたのです。 そこで少し旦那と話をしたところ、お父さんは何も信じてない人だったので、金をかけて法要なんかしてもそう喜ばないだろうと言うことになりました。それはそれでその話は終わったのですが、その日の午後、旦那があるところに出かけました。すると、何年も 会ってなかった親戚にばったりとそこで出くわしたのです。

そこでまぁお互いの話をしたそうです。 そこまではまぁめったに合わない人とめったに会わないところで出会うと言うだけの少々珍しいことだったんですが、相手方が「X回忌だからその代わりに自分で墓参りをしてきた」と言ったと言うのです。その人については我が家としては、X回忌に呼ぼうかどうしようか迷っていた人だったのです。
その人も来たいようにならば開催しようかという可能性も少しだけあったのですが、この偶然の再会でもう自分なりにX回忌のお参りをしたと言っていたので、 X回忌をする必要がないということになリました。

たまたま偶然なのです。その日の明け方になぜかX回忌のことを私が思い出したと言うこと、 偶然めったに合わない人にめったに合わないところであったということ、そしてその相手方がX回忌を意識して自分なりに行ってお参りにくれたこと。 偶然と言えば不思議に何か重なる一日でした。

45リットルの古着を捨てました

服が多いです。 それに限らず生活用品例えば食器、雑貨、本、その他ものばかりで家の中はいっぱいです。この頃 体の調子もそれほど良くはありません。今でさえ、力が出しきれないのに10年後、足もあまり動かなくなったらこのものだらけの家の中は何ともならなくなります。

ということで、 まずは一番捨てやすい服から捨てることにしました。
実は夏服が増えて収納箱がいっぱいになってきたのです。気に入っていても、 デザインが大胆だったりしてなかなかきれなかった服とか、気に入っていてもよれてきた服など思い切って捨てました。最初は30リットルの袋に捨てていましたが、どんどん捨てるものが増えてきて結局は45リットルの袋いっぱいとなりました。

このだんシャリは来年もやる事にします。いつも捨てるのに迷ったり、結局衣装箱に戻したりと言うことをしていますが、次からは、前のだんシャリの時に、次に捨てても良いものを目星をつけておくのです。これがなかなか捨てられない人のものを捨てる秘訣なのです。そうすれば、実際に捨てるときになって「ああ、あの時捨てようと思ったやつだなぁ」と 納得ができます。そして捨てるスピードも速くなるでしょう。
このようにして来年はもっとたくさんもっと早くものを捨てようと思っています。


ーこれも音声にゅぅ力ですー

これはこれでよし

腕の状態は相変わらずです。良いような悪いような、と言うより痛いのに慣れてきました。おかげで左手を使うのが上手になってきて、つるつるとしたものをすくいあげたりするのは苦手ですが、蓋を開けたりドアを閉めたり何かものを持ったりするのは左手で充分いけるようになってきました。

いいかんじです。

この頃はぐっと冷えてきて、5時前後になると 東のほうに明るく輝く金星が見えます。朝早く星の輝くのを見ると気分が晴れやかになります。 やれないならやれないでいいわと思っています。しょうがないんです。腕が痛かったら見たり聞いたりしゃべったり。 それでいいのです。

何かがなくてはならないと言う事は無いのです。子供も大きくなったら自分の家庭を持ち、だんだん離れていきます。ものも人間関係も...それは家族も含みますが、手を離す時期に来ていることを感じています。 今までは、両手いっぱいに何かを抱えていたのでしょう。重さもあったと思います。今回の腕の故障は、そろそろ全てをおろし、両手を軽くする時期になっているということかもしれません。

いまだに右肩、右腕、右手が十分に使えません

ついに、12月になってしまいました。右肩から右手指先まで、いまだに痛かったり動かしづらいです。しかし、先月よりはだいぶマシになってきました。時折くるピッとした鋭い痛みなどが激減しました。かつ 手が痛くてあげれなかった洗濯機の蓋があげれるようになりました。いまだにお風呂の洗い場に座り、 右手だけで風呂桶からお湯を汲むのは痛くてダメですが。

左手を使えばいろんなことができるので、こんなことはそう大したマイナスでは無いのです。

また、音声入力を使ってブログを書いていますが、やはりしばらくは音声入力を味方にしてブログをかける時は書いていきたいなーと思っています。

こんな状態なので7月から始めた仕事を辞めるかどうか思案中です。現在は家族の都合上、1ヵ月ほど休みをとっていますが、この先どうするかが悩ましいです。この腕で強く力を腕に込めることもあるこのの仕事を「やめた方が良いのでは」と家族が 言ったりもしますが、自分の予定としては一年はやろうかなと思っていたので迷っています。

右腕がこのようになってしまいできなくなった事は多々あります。

ひとつは 染色です。藍を染色用に育てたのですが、今年はそのまま枯れさせました。また、秋になり野山に行き染色材料の草花を草や木の実を拾ってそれで染めると言うことも今年はやってません。手で着物を縫うのもできません。生地はいくつか買ったのにそのままになっています。
あと、スペイン語の文をいくつもキーボードで入力したりノートに書いたりすることもやってません。手を使わない聞くことのみです。 お菓子を作るのも、パンを手ごねで作るのもやりません。柿を買ってきて吊し柿にするのも、今年は4個のみです。ゆずをむいてゆずビールも作りたいのですが、やめました。

こんなところですが、何か何でも見ると作りたくなりムズムズしてくるのです。でもこんなふうにやれないこともしないことも良いのでは❓耳で聞くのみと言うのも良いのかもしれないと思っています。左手は使えるので、左手用のハサミを買って何かしようかなぁと思っています。


なかなか書けません

腕が痛く、風呂の蓋も右手では持てなくなりました。箸は持てます。ひっばるのはできますが、払うのはできません。というか、痛くて動かしづらいです。

ブログもそういうわけで、書くのは中断中です。

まだ何ヶ月か、ダメかもしれません。今日は水泳に行きました。来週は整体鍼灸に行く予定です。書き出せば長く書けることもあると思います。しかし、キーボードを打つのもしばらくはやめて、腕の痛みがなくなるのを待っています。

人のいるところは地獄かも

先週末、同窓会がありました。学生時代のサークル仲間で集まったのです。毎回、少し違う人がきたり、こなかった人もいたりして、顔ぶれはちょこっと違います。

今回は、10年ほど前は心身の調子を崩してげっそり痩せてしまった人が、元気そうになっていたのはよかったですが、久しぶりにあった人が、職場のストレスで、体を壊し土日以外は過敏性腸症候群になっているといったり、職場のコミュニケーションや、責任問題などと仕事自体が大変なこともあり、できればすぐに辞めたいといっている人などいました...

そんな目に遭っていても話さない人もいると思います。職場でパワハラ受けている人、受けていた人、きっと同級生の半分以上はいると思います。この世で長生きしたい人なんて、現世で他人を踏みつけていい思いをしてきた人だけで、普通の人はそう長くおりたいと思ってないのでは❓と思ってしまいます。

この頃私は地域や職場で他人を虐めたりしている人を思い出すと、頭の中で地獄の獄卒の鬼や夜叉のすがたでイメージが出てきてしまいます。ああいう人たちは、私の目の曇りで、人間に見えているだけで、本当は鬼や夜叉なのかもしれないと思っています。

粘着する人ーTさん

腕が痛く、忙しさもあり、なかなかブログの更新はできませんでした。今日は痛みもそこそこなので、久しぶりに書きます。

実は、この頃、ちょっとしたバイトをしています。仕事の内容は、誰でもできることとされていますが、昔とったレアな資格がその仕事をするのに、役に立つこともありやっています。その仕事をするにあたり、他の人と一緒にことにあたることが多いのですが、その同僚の中に、Tという人がいるのです。最初はたまたまだろうと気にもめなかったのです。しかし、同じようなことが何度もあり、さすがにこれは変だと思うようになりました。

その変だという内容は、
1 、私にやたらと上からの物言いをする。
2、私のやることを否定してくる。
が、その内容が、論理的に破綻しており、例えば、会社の駐車場に私がバック駐車すると、「前向きでないといけない。家の壁とかに向けて駐車は迷惑だ」というのですが、そこの駐車場は周りは空き地で家なんかはありません。そこで、「ここは「周りに何も家はないのですが」というと、「みんながそうするから」とトンチンカンな言い訳をします。

どうやらそのTという人は、何か正当な理由があって、私に「いけない」というのではなく、私がいけないから、という考えがあり、そのために難癖をつける機会を窺っているという感じです。ただ、馬鹿なので、その指摘自体に正当性がないことが多々あるようです。

そして、これらの因縁をつけるときは、誰も周りにいないときに限ってです。

3、ふっと視線を感じるとこちらを般若みたいな目でじっと見ています。怖いです。

4、上の立場の人にはとても愛想よくしていて、よく立ち働いています。なので職場での評価は高いです。

5、私の関連のものについては貶しまくります。←これも周りに上の立場の人がいないときです。

6、失敗をよくしていますが、その時に、さっと身をひいてあとはそのことを忘れているようで、恥じてもいないです。これは非常に不思議です。

7、これが一番嫌なのですが、Tさんから私は距離的にもなるべく離れるように心がけているのですが、ふっと誰もいない時に近づいてきて、これをしろとか、これはちがうとか、私に言うことです。間違いもあるのでやだなあと思うのですが、どうしてもTさんが三メートル以内に近付いてしまうことがあり、嫌な思いをします。

8、絶対に謝らない。間違っても、そのことを忘れてしますかのよう。

働き始める時、私はみんなの持っていない、特殊な資格や技能があるので、それを知っている上役の人がみんなに言ってしまったようです。それが気に食わないのかなぁと思ったりしますが、私はそんなことは自らは言いたくもなかったのです。が、私はそれがどうだと言うことも、威張ることもしてないと思うのです。

Tさんは、私がおるのが気に入らなく、とにかくお前より私の方が上だと、示したいのだと思っているのでしょう。でも、めんどくさいです。こういう人は極力関わらないというのが正解と、思い、とにかく、距離を取る。三メーター以内にいなくてはならないときは、偉い人と他の何人かがいるシチュエーションで、二人だけは絶対に避ける。ということを心がけています。

めんどくさいです。たまに、ふっと視線を感じると、あのTさんがじっと般若のような顔と目でこちらを見ているのです。これはたまらんです。ちょっと異常なおかしな人です。目がゾッとします。

ジャムのお礼と励まし

十日ほど前、バイト先の世話になっている人にジャムをあげました。その人、結構気難しい人だったのですが、あげた翌週に「めちゃ、美味しかった。」とお礼と感想を言ってくれました。一瓶差し上げたところ、美味しすぎて二日で奥さんと二人で食べ尽くしたとか。

こんなに喜んでくれるとは...

喜んで食べてくれる人にあげればいいやと、たくさんジャムを作りましたが、よかったです。作りがいがありました。

そして、今日、同窓会のかつての幹事をやっていたお仲間から「頑張れ」の励ましがありました。同窓会も労多くして、疲れることばかりで実際にはそういいことはないのですが、頑張れの一言でもなんか、なごまされます。あんまり力を入れず同窓会も楽しみつつ、幹事をしたいと思っています。ただ、来年以降はないですが。

返事はあったのだ

インスタで、誰かが「返事がないのが返事」と書いていました。あっ...腑に落ちました。

大学のサークルの同窓会の幹事をしています。ラインや、SMSメール、フリーメールなど、人により使えないものがあるのでそれに合わせて連絡しています。開催の呼びかけ、行くか行かないか出席確認、スムーズに行くと思いきや、なかなかそうはいきません。

開催の呼びかけから始まって、呼びかけてもほとんど反応なしでした。秋の開催で、夏の前に行くか行かないか大体の意思を確認し、それからは何の返事もないのです。友人にアドバイスをいただいて、とにかく「最終確認の返事をしろ」と、みんなによびかけろと言われ、名指しでどうするか聞いたところ、前もって参加の意思を示した人は参加という返事をいただきました。

が、なんか、疲れてしまいました。細かい予定とか、何だとかかんだとか、知らせても反応はなく、知らせてあった場所すらも後から聞いてきたり。行きたくないのに、誘われたくないのに、私が無理に呼びかけたからくるのかなぁと思ってしまいました。

返事がないのが返事だったのだとようやくわかりました。
誘うのが、もう、ウザかったのだろうと思います。←例え、今回来る予定であろうと。そう思うと、「うっ」と思いますが、現実はよくみないといけません。返事がないという返事がはっきりとした返事だったのだと、うっすらと思いながらも直視したくなかったのが私の目の曇ったところでした。

返事がないという返事には、返事をすることとします。
「もう、幹事はやりません。誘いません」との返信です。透明の文字で送ることとします。

飽くことなき欲望、木原やエッフェル松川

殺人事件を自殺案件へとさせた不審案件の再捜査を中止させたとされる木原副官房長官。方や、小学生の子供を自民党員の一団としてフランス旅行に公費で一緒に行かせたエッフェル松川議員。プライダル業界支援として、実は自分が利を貪っていた森まさこ議員...

これらの議員さんたちは東大出などの超優秀な人たちなどですが、やっていることときたら、人倫に悖るばかりか、規範、法律にも叛くようなことをやっていても平気だし、それが通るというこの日本国です。私たち庶民が骨の髄まで舐められているということなのでしょう。殺人事件も政府の偉い人なら都合よく処理できるし、反対にそれを訴えていたガーシーは罪人として捕まえることができると、正義と不正がまるであべこべの世の中です。

木原副官房長官はギラギラしていると、ネットの情報通は言っていましたが、これらの特権階級の人たちを見るにつれ、彼らの欲望の強さに目をみはるばかりです。
欲望、非常に強いです。彼らの強い欲望ー上へうえへとひたすら登っていきたいという思いと、もっと大きく、もっともっとと所有したいと思う渇望のようなものが彼らの前身から立ち昇ってくるのが感じられるのでしょうか、「ギラギラ」とした生臭い感じは強いなぁと思います。

彼らをみていると、よく大きくという水平線の真ん中からもっと上へと上に行こうとする欲望の縦軸がすーっと伸びている三角形が頭に浮かびます。欲望三角形です。欲望が強ければ強いだけ、それは巨大な三角形になるのですが、これって彼らがみている虚栄というか、実は何もないうつろな世界なのかもしれないと思います。この三角形の世界で彼らは活躍しているのですが、奥行きがないのです。奥行きがないということは本当はこの三角すら存在しないということなのです。が、欲望という物質世界に囚われている彼らの世界はこれなので、この世界におるということなのです。

この世もそうでない世も、その人の見方でその人の世界は出来上がっているのかもしれないと思っています。
視点とは、生き方と連動しているというか、何をみてその人の世界があるのかというのが結構重要で、上か下か、とか多いか少ないかなどといった物質的な比較に焦点を当てすぎてしまうと、三次元に住んでいながらそれすら無自覚に生きてしまうのではないかと思います。

登っているようで、実は何もなく、反対にこの地球の磁力に吸い込まれるようなそんな羽虫のような存在を彼らに感じてしままうのですが、この世的には、彼らには法律も効かず、何も枷がなく、悪いことをしても罰せられることもないです。納得はいきませんが、この世的には彼らを告発している人たちのことを応援するのみです。

ブドウの糖度

今年の我が家のブドウは、甘くなるのが去年より遅く、また鳥や虫の害、6月までの連日の雨により、なかなか甘くなりませんでした。7/24には学校関係が終わるので知り合いに持っていきましたが、ほとんどまだそう甘くなく、今年のブドウは甘くならないかなと、心配していました。

しかし、この8/1ぐらいから8/8にかけ、ようやく糖度が17から21、甘いもので24となってきました。ジャムなど加工品を作るのにもいい感じかな。
IMG_0000 12

デビ夫人とは

子供の頃、母から「デビ夫人は献上品、国と国の間の交渉での物や金のやり取りの中の物の一つ」なんて話を聞いたことがあります。こんな話、どこにも書いてません。が、ネットを検索していたら出てきました。
デビ夫人云々

夫人のジャニー喜多川の被害者に対する物言いがあまりにもおかしいので、この人は、自分の心身を、お尻はもちろんどんなことでも権力と金を得る為には使ってきた人だろうと思ったのですが、筋金入りの成り上がりものだったのですね。
いやしすぎます。品性下劣極まりないです。インドネシアの人が、ゲイシャと言って蔑んだのも合点が行きます。

忙しい七月

今月は忙しいです。ちょこっとだけ仕事を始めたことと、あちこち出かける必要があることで、西へ東へと朝早くから出かけることが多いです。

座ってパソコンや本ばかり見ているのをやめて、外に出たり、植物の世話で忙しくしていたら、関節の痛みがいつの間にか少なくなっていました。プールもなかなか行けないし、暑くて散歩も控えているにもかかわらず、骨やお尻の痛みがあまりありません。仕事も座ってばかりや立ち仕事でもない上に、重いものを持つわけでもありません。でもしゃがんだり、手を伸ばしたりはします。適度な軽い運動をいつの間にかしている感じかもしれません。

今日はサンダルを履いて歩いてみましたが、あと足がひどく痛むこともなく、いい感じです。今月末までには、あと二回、鉄道で出かけるし、車でも出かけます。バス旅行もあります。仕事もひと段落ついているので、その間にあちこち出かけたり、用事を済ませたりする予定です。

掃除もろくにしてないので、少しずつやろうかなと思っています。

役に立たない人とみんなのために生きる人1

昔、子供の頃から青年時代まで、みんなのために生きる人とか、為に生きるとか、素晴らしいことだと思っていました。素晴らしい人で能力もあり、その力をみんなのために尽くす人、そうでなくても、他人のために我が身を捨てて生きることができる人など、素晴らしいと言います。そんな人たちを讃え、そのように生きるべきと、正しい道を指し示す物語も多くあります。

子供の頃はそんな人に憧れ、何か世に役に立つ人になりたいものだと思っていました。が、歳を取るにつれ、だんだん疑いを抱くようになったのです。最初の疑いは、原理研で「為に生きよ」と自分を捨てて、その道のために、今日そのために生きることが素晴らしいとみんなが言っているのを聞いた時です。為に生きるという言葉に酔っているかのように見えたその道に邁進している人は、自分の欲望は捨てて、その道に邁進していました。が、普通の悩みにつまずいている人や、原研の中でも生きづらい人に対して、情というものを持っていないように感じました。
「この人たちの為に生きるって、世の片隅で呻吟している弱い人のことは眼中に入っていない。なんか変だ。為って、正義でもみんなの幸福でもなく、教祖のためだけに生きよということのようだ」と密かに思ったのです。

そんなふうに思ってしまう私は自ら原研をドロップアウトし、破滅の道から免れました。が、それでも自分を捨てて、他人や、国のために生きることは良いことだと思っていました。

しかし、歳を取るにつれて、そういった美しい道は、「違う」のでは❓と思うようになり、還暦を過ぎた今でははっきりと「違う」と思うようになったのです。

続く

ダルグナーピルスナービール

ダルグナービルスナービールを飲んでみました。軽く爽やかな味で意外といけます。
IMG_20230717_173051_copy_380x506.jpg
グラスは恵比寿ですが、中身はダルグナーです。

とうとう違うビールを買いました

ジャニーズスポンサーの企業の製品を不買推進を進めているサイトがあります。ジャニーズのタレントさんたちには罪はありませんが、彼らが出ることにより、ジャニーズ事務所が潤うということはいかがなものか❓また、凄まじいせいかがいをしてきた創業者の罪を曖昧にしている会社をこのまま不問に付していいのか❓疑問を感じます。

ということで、ビールはアサヒ、キリン、サッポロなどのジャニタレを使っているものは買わないことにしました。すると、今まで飲んでいた恵比寿も飲めません。オリオンも飲めません。

これは去年買った残っている恵比寿ビールです。ジャニタレを使っているメーカーである以上、さようならです。
IMG_0001 5


なんて不自由なんだろう。と思わずにこれは今まで見向きもしなかった地ビールや、外国のビールを試すチャンスだと思うことにしました。

外国のビール、全く恵比寿とちがいます。が、これはこれで良いです。
IMG_0000 7

通訳などはなくなるだろう

ちゃっとGPTの外国語への変換の見事さを見ていると、もう現場でも、通訳なんてそんなにいらなくなるのでは❓と思います。その場でそのままダイレクトに異国の言葉がわかり、言えて、どの国の人とも意志が通じるなんて、まだまだ先と、思っていました。Google翻訳の訳もちよっと違和感があるし、ドラえもんの翻訳こんにゃくみたいにスラスラとは行きません。

でも、チャットGPTは結構スラスラと違和感のない訳文を作ってくれます。これが、しゃべったのを聞いてそのまま訳してくれて、こちらのいうこともそのまま訳してしゃべってくれたら、翻訳こんにゃくそのものになります。

まだ、こんにゃくとまでは行きませんが、このまま行くと、もっと使い勝手が良くなった翻訳ロボットが出てきて、通訳なんかはそんなに必要ではなくなるのでは❓と思います。人間よりAIの方が上にいく時代になりつつあります。こんな世で、通訳として、外国語能力とかでAIと競うのはつまらないと思い始めています。外国語ももっと上達したいのは山々ですが、現場に出ると、ベトナム語とかポルトガル語とか必要で、しゃべったり聞いた上、法律的な用語まで駆使しても、あんまり賃金は良くないのです。かなりレアな言語ができるなんて、相当給料がいいだろうと思いますが、違うのです。

習得するのには能力や努力やそれにかける時間も相当必要なのに、派遣の仕事が多い今だと、普通の荷出しとか、清掃の仕事に毛が生えた程度の時給でしかないなんて、悲しすぎます。外国語での給料は払った努力に見合うものではないと気づきました。これでバイトをするのは合わないのでやる気はないです。頑張ったから報われるものではないなぁと思っています。

もし、この子たちが❗️

この頃急に、子供関係の仕事を少しだけやっています。子供たちは小さい子も大きい子もそれなりに可愛く、悪態をつかれたりもしますが、大人ばかりの事務仕事より楽しいです。

何十年ぶりかの子供たち相手の仕事をして、今日ふと思ったのは「この子たちの周りに、優しい大人を装ってジャニー喜多川みたいな大人が現れ、子供をおもちゃにしたら❓」と思ってしまいました。

もう、考えられません。もしか、この子たちの一人でも襲われたとして、それを受け入れるか❓社会的な強い立場の人がしたとしたら、従うか❓誰か、それを訴えても、「子供の被害妄想とか、憶測だ」とか言う人がいたら、それに頷けるか❓

山下達郎が、ジャニー喜多川について擁護していますが、この人は襲われた子供のことはどう思っているのでしょう。小さい庶民の子供についてはなんの憐れみも感じないのでしょうか。やはり、ジャニー喜多川のしたことは犯罪であり、糾弾されるべきです。死んでしまっているとかは関係ありません。子供を襲うだなんて、鬼の所業です。それを見過ごしてきた周りのものも、業が深いと思います。何も言わない罪というものも大きいと思います。

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
302位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
79位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト